« デジタル放送なのに…「白くまピース」が見られない | トップページ | きのこ、きのこ、だいじょうぶ? »

2010年10月 7日 (木)

覚えてる?

 洗濯物の交換に 介護施設に行ってきました。021
 いつもよりも 少し早い時間だったので 1階のディサービスのホールでは、20人くらいの利用者さんが 丸くなって 手足を動かすゲームのようなものをやっていました。
「さあ、いっしょにやってみましょうネ!」 元気な介護士さんの 声が響きます。 
 ホールの前に 2階へのエレベーターがあるので 「こんにちは!」と 挨拶をしながら 円陣の横を通り抜けて エレベーターに乗り込みます。

 お菓子等の飲食物は 一切持ち込み禁止なので とっても助かります。

 020 「宇宙人」は 大の甘い物好きらしく O市で入院していた時は 総合病院だったので いろんな方が入院しています。
 ご好意で 同室の方のお見舞いに頂いた 甘いお土産をおすそ分けしていただく度に

「自分にも 甘い物をなにか 持ってきてくれ。」と言いました
 食べさせてはいけないと言われていたのですが、なにしろ そういう所が アルツハイマーなんだと 今なら判るのですが、何度言っても 説明しても 手を出してしまうのです。
 いいタイミングに見つけた時は、「退院したらね。」と すぐに持って帰ったのですが、
翌日には
「病院には 美味しいものがない。」、「甘いものが食べたい」。

 O市の病院の看護婦さんたちも、さすが慣れたもので
 「後、何日で退院できますよぉ~。 そしたら、食べてもいいですよぉ~」と、話を上手に摩り替えてましたが、本当は覚えていないんだと 判っていたからでしょうね。



 同じ施設内にディサービス・ショートステイ・長期ステイ用の部屋があります。
 今回 入所させて貰っているのは 長期ステイなので、 2階が専用です。
 入所者は、徘徊をする人が多いので 自分で外に出られないように エレベーターにも勝手に利用出来ないように 下に降りる為にはちょっとしたコツがいるようになっているんですね。 もちろん、階段はあるのですが 入所者には下りられないように閉鎖してあります。 見た目の広々と開放的に見えるのも、実は 細かい配慮があってこそ 安全に自由に動き回っていられるんですね。

 入所やディの利用に当たっても、全て細かい契約をします。同じ施設でも ディ利用・ショートステイ・長期ステイ、どれも皆別々の契約で きちんと説明をされ、いろんな手続きをして契約をします。 本人は無理なので 家族と契約する事になります。

 こうして、毎週火曜日と金曜日の入浴の日に合わせて 洗濯物を取りに行き、洗濯した物を部屋の箪笥の中に しまいに出掛ける習慣が出来ました。

 2階のエレベーターが開くと 目の前のホールでは 長期入所の人達が テーブルをロの字に並べて 何かを作っているように見えました。
 
 先週の金曜日は 同じように このホールで 皆さんで並んで 絵を書いていました。 
ちょうど 真正面に「宇宙人」がいて エレベーターが開くのと同時に 私に気がついて 
「うっちゃん!(これは 中・高校生時代のニックネームです。実際には名前で呼んだのですが)と 大きな声で叫びました。 笑っていました。

 ところが、今日は 無反応。 同じ場所に座っていましたが ずっと下を向いたまま 固まっていました。 この間は ハイで今日はうつの日 ですか?ね。
 介護士さんが 声を掛けてくれましたが 顔を上げても 誰だかわからなかった(?)みたいでした。 
「みんなで 仕事してるから そのままでいいですから。」と 声を掛けて 洗濯物を交換して 帰って来ました。
010
 アルツハイマーは いろんな物が記憶から消えていってしまう病気だそうです。
こういう事を繰り返しながら 少ししか関わり合いのなかった人間から姿を消していくんでしょうか?
 私の事は ついに消えてしまったのかなぁ~?と なんか複雑な気分です。

 記憶のあるうちに 聞いておきたかった事が なんにも聞けてないような~そんな速さです。
 「人間は2回死ぬ」 って、ごく最近 何かで聞いたなぁ。
1回目は 死んだ時で、2回目は周りの人の記憶の中から消えたときなんですって。
だから、供養というのは 思い出して語ってあげることが一番いいと。

 「宇宙人」は 生きながらに もう2回死んでるんじゃないの? 
 私の事 覚えてる???

 

 

    

|

« デジタル放送なのに…「白くまピース」が見られない | トップページ | きのこ、きのこ、だいじょうぶ? »

介護っぽい話」カテゴリの記事

コメント

>うっちゃんさま・・
 深夜のネットサーフィン中あなたのブログ拝見しました。
私は4年前まで足掛け7年母の介護をしていました・・在宅
介護でしたが・・でも施設にもいろいろお世話にはなっていましたので大変興味深く読ませていただきました。

 最後に書かれている「人間は2回死ぬ・1回目は死んだ時、
2回目は周囲の人の記憶から消えたとき、だから供養という
のは思い出して語ってあげることが一番いい・・
 は本当にその通りだと思います。

 所で「宇宙人」さんは貴方とどういうご関係なのでしょう。
 宇宙人さんは一生懸命介護をしていらっしゃる貴方の
事は亡くなるまで覚えていらっしゃると思います・・あとは
貴方の心の中に「宇宙人」さんがいつまで生きていらっしゃる
か・・・ということでしょうけれど・・・


 

投稿: J.I | 2010年10月 7日 (木) 04時31分

 JIさま。コメント ありがとうございました。嬉しかったです。このブログは 「宇宙人」に変身してしまった義母を引き取ってから、少しでも ストレスを溜めないようにと書き始めました。諸所の事情があって 同居になりました。 いろいろ思いついたまま書き綴ってありますから お暇な時によかったら 7月頃の記事を読んでくださいね。 施設に入所して こっちが少し落ち着いたせいか いろいろ今までと違った目で 家族を見られるようになった気がします。 人生 いったい何が幸せなのか…哲学ですね。

投稿: うっちゃん | 2010年10月 7日 (木) 11時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚えてる?:

» 子供の病気に関するサイト [子供の病気に関するサイト]
子供の病気についての詳細情報です [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 02時18分

« デジタル放送なのに…「白くまピース」が見られない | トップページ | きのこ、きのこ、だいじょうぶ? »