« 上野のパンダ | トップページ | 蘇州 って どこかな? »

2011年9月10日 (土)

ニイハオ (^0^)/ 上海へ~

 やっぱり 私は「晴れ女」みたいです。

 9月3日 土曜日 
 台風12号は 南紀地方に上陸するなんていう ニュースを聞きながらも 東京は蒸し暑い晴れでした。
キャリーバッグをゴロゴロ引っ張りながら いざ、成田空港へ。

成田エクスプレスの通過する駅の空模様は 日が差していたり雨が降っていたり…。
 「やっぱ、台風の影響かしらね~?」

Img_7688_ana_2

 
  空港の空は 青空。 このANA機が 私たちの乗る飛行機です。
 「空がどんなんでも 無事に飛び立ってくれれば いいもんね
確かに その通りです。

 東京・成田空港から上海の浦東空港までは わずか4時間で着きます。
日本との 時差は約1時間です。
なので その日は一日が25時間ということになります。

安曇野から 高速バスに乗って 東京に到着するのと 時間的にはたいして 変わりません。 
そう考えると 飛行機はスゴイね、速い

Img_7695

 でも 第1日目は 到着後 上海から蘇州のホテルへの バス移動だけのスケジュールなので お迎えの現地ガイドさんに 引率されて 夕暮れ時の広い高速道路を走ります。


Img_7741

 上海から 蘇州へ。
初めて見る 中国は やたらめったら デカイ~ デカすぎる~

 成田の空港では滑走路を何回も旋回するのに 上海浦東空港は 長いただひたすら長い滑走路に降り立つと もう飛行機は空港の到着口に着くのです。

 そうそう、飛行機の窓から見える田畑の 広くて大きなこと。
その脇に 風力発電の 白い大きな羽がグルグル回っている姿が 一定間隔で並んでいるのですが 大きな大地のおかげで あの大きな風力発電の装置が ちっとも邪魔に見えないんですよ。
日本では とても大きく見えるでしょ?
上海郊外では 大きな絵画みたいに自然に溶け込んでいて 素敵でした。
あそこだけ見たら エコの先進国みたいですよね。


 そうそう、よく外国人が 初めて日本に入ってくると 「ミョ~な香りが…。」するといわれますよね。
それは 醤油の香りだそうです。
その話を聞いて 「日本は 醤油なのか!」と思ったものです。

 私が 初めての中国で 感じた香りは 川魚のちょっと臭い~゚(゚´Д`゚)゚
臭いがしたと思います。
上海は 大きな黄河の街ですもんね。

 
 今回のツアーは JTB
 妹がインターネットで探し出した パンフレットでは載っていない チョー、超格安のものなので 金額を提示してしまってもいいのかな~?
 全食事付き。
世界遺産の 留園退思園なども 回ります。
JTBの9月号のパンフレットに 載っている 39800円でも 安いなぁ~と 思うでしょ?
でも、それよりも かなり安かったと 思ってくださいね。
なぜなら その 39800円のツアーの方と同じコースを バス1台の人数不足を穴埋めする為のものらしいのです。
出血大サービス品の赤字覚悟の人数合わせの中に 運よく 紛れ込めたんだと思ってね。 
本当にそんな感じでした。 
バス3台で 約90人。
その3号車の 半分位の人が 追加人数だったようです。

 JTBのツアーで 何回も参加している人が
 「こんなに安いのは 今までで初めてよ。
インターネットをたまたま 見ていて見つけて 本当にラッキーでしたよ。」と
言っておられました。

 初めての中国で 「ラッキーじゃん!」
お気楽な姉妹旅が こんな風にはじまりました。


 でもね、いいことばかりじゃないのよ。
綺麗なホテルだったんだけれど 部屋のカードキーが 全然開かない。
1階のロビーに2回も通って 鍵をチェンジしてもらったりして 挑戦してみたけれど
全然開かないの。
ついに ホテルマンが開けに来てくれて やっと 部屋に入ることが出来ました。

Img_7757

 こんな時にも 中国人は決して「ごめんなさい。」って 言わないんですよね。
お国柄 なんでしょうね。
キーの入れ方が ダメ  (´Д⊂モウダメ)~的ポーズをして 帰って行きましたよ。
本当は 「どう見てもカードを差し込む金具が カタカタいっていたと思うのに…。」
と、妹と話しました。
トイレの水も 壊れているわけではないのだけれど ずっと水音がしていて
 「中の弁の接触が 悪いんだよ。」と 妹は ぼやいていました。
そして 「まぁ、この金額だから しかたない~。」と 変な所で納得しているのでした。

その上 なんとまあ、水道水の臭いこと。
うがいをすると 嫌~な臭みが口に残ります。

 日本の水は 本当に美味しい。 日本人で良かった です。

 
 「ここは 中国だもん。 仕方ないか…。(差別用語で使ったのではありませんよ。)」

 

  明日は 蘇州の「三国城」や 「世界遺産の 留園」に行きますよ。

 



  

|

« 上野のパンダ | トップページ | 蘇州 って どこかな? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ヘコサです。

中国旅行の話 待ってましたよ。

五年前に、中国 深川に出張に行った時を思い出します。
日本以外のほとんどの外国では生水は絶対駄目ですね。
中国は20リッター入りのミネラルウオーターの宅配の水でも半数位はヤバイらしいですよ。
生水や氷の入ったジュースは絶対に飲まないのがよいそうです。中国は熱いお茶が一番ですね。

深川は香港から大陸に少し入った所で、経済特区で日本企業が沢山ある工業の街です。
観光で行った訳では無いですが、庶民が行くデパ地下に行くと蛙や一匹丸裸の鳥がぶら下げてあったりで ギョッとします。
富裕層のデパートに行くと、殆ど人がいなく高級品が並んでいて、値段を見たら日本より高いものばかりでした。
夜の接待で行ったところのネオンサインは日本語のカタカタで「カラオケ」と書いてありました。(笑い)


話だすと、きりがないのでこの辺で・・・

うっちんの中国旅行の続き 楽しみにまってます。

投稿: ヘコサ | 2011年9月12日 (月) 21時42分

ヘコサさま。
中国へ出張なんてスゴイね。
今 中国は日本の企業の看板が至るところにありましたよ。
ツアーは 日本人にいろいろ売りつけようと高級布団やら淡水真珠やら 
刺繍の飾りやらを観光地の全てに組み込んでいます。
それに 貧困地を見せないように オプションをくんであります。
だから 時々垣間見えてくる本当の中国の姿とのギャップで 何故か映画の中にタイムスリップ
したような違和感が残っています。
なんか 不思議な国ですよね。中国って。 

投稿: うっちゃん | 2011年9月12日 (月) 23時32分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニイハオ (^0^)/ 上海へ~:

« 上野のパンダ | トップページ | 蘇州 って どこかな? »