« わさび畑 | トップページ | イギリスドラマ 「エグザイル 戦慄の絆」 »

2012年4月14日 (土)

光城山へ

 おしめりの雨が 降っています。 
ほんの1週間前の 凍りつくような冷たい雨と違って 今日の雨は 穏やかです。
  梅や桜が 開花するための 嬉しいお湿りといったところですか~。
お天気が回復して 例年並みの気温になったら 
  と 咲くのかな~

町が薄紅色に染まるのは なんとも 楽しみ



 今日は雨降りだったけれど 昨日は 霞がかかったような薄曇り。
そんな日は 「トレーニングには もってこいの日」なのだそうで 
 「そろそろ、行っても大丈夫なんじゃないか?」
という言葉を信じて 出かけてみました。


 ダンナの言う トレーニングというのは もちろん決まっています。
 「光城山(ひかるじょうやま)」

今年初めての、怪我をしてからは6ヶ月ぶりに登る小さな山の「光城山」です。
 「登れるかなぁ~?」
 「光城山も登れないで 万里の長城なんかに 行けるはずないだろう?( ̄ー ̄)ニヤリ
 「(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ (∩゚д゚)アーアーきこえなーい。 だよねェ。」

万里の長城は 私の「一度は行きたい場所の 今 NO1なんだもの。」

Img_3467

 なにしろ 光城山の登りは キツイ。
低い山なのに 一気に頂上まで登りつめる急登が続くのです。
その上、最後の登りは 階段が続くのです。


Img_3470

 光城山は桜で有名な山です。
もう少し暖かくなったら こんな急登な登山道が ピンク色に変わります。
地元の山好きな人々が 宴会をするためじゃない桜見物登山のために いっぱい
押しかけてくるんです。
            

 けれど そんな桜も 今日は 写真でもわかるとおり 咲きそうな気配は まだまだ
先~っぽい。
けれど こんな金曜日の午前中。
登っている人が けっこう いるんですね~。


Img_3479

 頂上では たくさんのオバサン(私より若かったら ゴメンナサイね)達が
お弁当を広げていましたよ。

 今日は メグタはお留守番なので 我が家は「水」のみ持参。
想像していたよりも 全然 楽に登れたけれど 息は苦しく 汗もいっぱいかきました。

 「おにぎりを 持ってくればよかった?」
 「こんなとこで食べたくないよ。 家でいいじゃん。」
ダンナは いつでも何処でも 最後は「家で食べる」と 言い出す人なのです。

 土・日はサッカーの大会で ほとんどはコンビニ弁当かお蕎麦。
子供やダンナがサッカーを始めた頃は 手作りお弁当の時もあったんですよ。
でもね~、時間が不規則。 
太陽が登らないうちに出かけたり 持たせても食べずに帰ってきたりもする。
それに合わせて 無駄な出費もゴミも増えて ついでに ふつふつと沸いてくる怒りも…。
で、サッカーの大会は(ダンナだけだよ)自分で用意するということになり それは必然的に コンビニへと なったわけです。
その他のサッカー関係で出かけた時は 外食が多いので 「外に食べに行こう」とは 滅多に言わないのです。
痩せの大食いだから 1食じゃ量的にも足りないってこともあるし。 
お酒がからきしダメなので あちこちで運転手にさせられるし といろいろあったらしい のですよ。


 これから帰って 昼食の仕度~ホントは面倒くさい…けど しゃーないか。
こんな時間に 夫婦でリハビリなんて世間様には お気楽夫婦に見えるらしいけれど
実際には
 経済的にも 楽じゃないし~と いうことで 全然お金のかからない楽しみ方~だよ。
さぁて、お昼は なに作ろ~?


Img_3477

Img_3484

 快晴の日なら こんなにぼんやりな景色じゃなくて 北アルプスが望めたはずなんだけど。 昨日はこんな感じ。


 リハビリ登山なんだけれど 登りより本当は下りが 心配でした。
一昨年も 右足半月板~なんちゃらかんちゃら地元のヤブ医者に言われて
歩いていたんだけれど 正しいリハビリを教わっていなかったので 
今回よりも 足がもたもたして ヒヤヒヤしながら下山しました。
けれど 入院・リハビリという 大きなハンデがあるはずの昨日の方が 専属のリハビリの先生に
指導していただいているおかげで 私の足は 思っている以上に元気に歩けました。

 息苦しいのは 山登りなんだから当たり前。
苦しいのを克服するのに 何が足りないか~?
 正しい呼吸法と体力かな。

Img_3488

 下山は 折り返しじゃない北回りというコースで 降りてもらっています。
距離はちょっと長いのですが 坂の勾配が少し緩やかです。
こちらは あまり人がとおりません。
雪の消えた登山道は かなり荒れていました。
うちの裏山みたいに 倒木が いっぱいです。
まだ 緑の新芽すら出ていないので その姿は 荒れ果てて見えます。


Img_3490

 こんな道を歩きながら 自然を壊しているのは いつも人間なんだろうな~と思ってしまいました。
せめて ゴミぐらいは持ち帰ろうよ!



 今日、そんなに歩いて「足は大丈夫」だったか?って。
うん、足はお風呂でマッサージして アリビエートを塗ったので 全然元気

 でも、ちょっと が…
ここに疲れが来てるってことは 歩き方・どこか歩くバランスが悪いってこと だよね。
腹筋を 鍛えろって サッカーでスポーツ指導の講習会を受けているダンナが
いつも言ってるけど 
腹筋の出来ない私には 腰がやられるらしいのです。
こんなに数ヶ月もやってるのに まだ 腹筋で起きられないんだもん。

どうすればいいのよ~??
取りあえず カーヴィーダンス頑張ってみよう。 

|

« わさび畑 | トップページ | イギリスドラマ 「エグザイル 戦慄の絆」 »

楽しい山歩き ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光城山へ:

« わさび畑 | トップページ | イギリスドラマ 「エグザイル 戦慄の絆」 »