« 特技…だよね。 | トップページ | 火事だぁ~! »

2012年4月 9日 (月)

狐の嫁入り

 今日の空模様。


Img_3305

 晴れているのに 雨が降っています。
こういう天気を「狐の嫁入り」って言いますよね。
狐が泣くと 雨が降る… 。
よく 亡くなった実家の祖母が いわゆるお天気雨の時に そう話していたものでした。

 最近、再放送で「僕の彼女は九尾狐(クミホ)」を見ています。
この韓国ドラマは もうずっと以前 妹が
 「面白いよ~
と DVDを貸してくれたので 全16話完璧に見て ストーリーも覚えていますが 可愛いお話なので 
何回見ても 微笑ましい~。 と、そういうことではなくて…。


Img_3311
  そのクミホは 美人の九尾狐なんですが ドラマの中で泣くシーンがあります。
すると 雨が降ってくるんです。
当時 妹と
「九尾の狐の話が 韓国にもあったのね~。」
と 話したんですが 狐が泣くと雨が降るっていう話も なんだか日本の「狐の嫁入り」と同じ発想みたいでしょ?


 「わぁぉ、九尾狐(クミホ)が泣いてる~。
  なんか悲しいことが あったのかしら~?」
なんてね。 
だって、今日は 日本全国 春らしいお日和と お天気お姉さんは言っていたのに…な。
東京は 桜日和そうで なんとも羨ましい~。


 そこで 九尾の狐は どこからやってきたんでしょう?
ちょっと 調べてみました。

 「九尾狐」は どうやら 中国の神話から発しているらしいです。
中国紀元前2~3世紀 「山海経」という書が 始まりらしいです。
それから 各王朝の史書には 
 「天界より遣わされた神獣」で 「平和な世の中を迎える吉兆であり、幸運をもたらす象徴」と 記されていたようです。

つまり、「九尾狐」は いい神獣として 登場したはずなのに いつの間にか
時代と共に 日本へ近づくに連れて 魔物へと…。


 九尾狐に興味のある方は どうぞ
http://nasu-kougei.main.jp/jizoo6.htm 



 そうそう、この暖かな小雨に 降られて 見つけた!
タンポポ 1号
こんな時期に見かけると ちょっと嬉しくて貴重なんだけれど もうすぐあっちこっちに 咲き出して 庭に顔を出すと これが 可哀想なんだけれど雑草になっちゃうんだよね。

Img_3309

|

« 特技…だよね。 | トップページ | 火事だぁ~! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そっちはまだ、桜は咲いてないかな
クミホ・・・自分の連れもガン見してましたよ。
ジョンド先生が大のお気に入りで、ファンミまで行っちゃいました。
韓流はびこる我が家では、自分は、海神(ヘシン)や自鳴鼓(チャミョンゴ)とかの時代劇や、アイリス、アテナといったスパイ物を付き合いで見てましたが、引き込まれますね。
ドラマを作ろう、見る人を楽しませようっていう制作者の勢いを感じます。
いま、SONYが冴えないのも、創造に対する意欲で負けてる気がしてなりません。アップルじゃないけど次は何を生み出すか、って期待の目で見てたのがSONYだったんだから。だってスマホの7-8割の部品は日本製なんだよ・・・
でも、自分が好きな韓流の名作「イル・マーレ」や「八月のクリスマス」なんてハリウッドや日本でリメークされる良い作品は、特殊メークやコンピュータグラフィックにたよる映画より、役者や脚本家の才能といった人間力をおろそかにしていない作品がファンには認められ、また、求められてる現れだと思います。
ジャッキー・チェンが頑張ってた頃の香港映画もそんな感じだったと思います。
ま、日本は最後の砦、アニメの牙城を守らんといけませんね(o^^o)

投稿: メシダです(o^^o) | 2012年4月11日 (水) 08時29分

メシダくん。
コメント ありがとう(=^0^=)/

メシダ家でも 韓流大好きなんですね。
私もです。
ブームのはしりと言われる「冬のソナタ」が始まった時
熱弁して
 「韓国ドラマ面白いよ!」と話したのに
 「うっそぉ~。そんなの見てるの?」と
ほとんどの人に馬鹿にされました。
人が何といっても 面白いものは面白い。
ちゃんと見た人は (あれは最初の数回放送分の10代の学生時代は
出演の役者さんの顔に無理があるんだけど)
名作よね~と言ってくれますよ。
あれから 10年~今や韓国ドラマは 日本のドラマより
断然面白い。
一番は「イルジメ」が好き。
最近は「最高の愛 恋はドォグンドォグン」にはまっています。

 「イル・マーレ」のリメイク版は がっかりでしたよね。
韓国や日本などのアジアの人間の考え方をハリウッドに当てはめようとしても
無理があります。
逆に「ベスト・キッド」を ジャッキーチェンがリメイクした現代版の
「ベスト・キッド」は カンフーが本物になった分 
すごく面白かったです。
韓国の映画は 以前見た忘れられない「殺人の追憶」っていうのが 
すごく韓国人ぽい映像で切なかったです。

投稿: うっちゃん | 2012年4月11日 (水) 10時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狐の嫁入り:

« 特技…だよね。 | トップページ | 火事だぁ~! »