« 北京の楽しみ方~京劇 | トップページ | 雨ふり …いろいろ »

2012年6月15日 (金)

さよなら そして ありがとう 北京。

 さて 中国の最終日です。


Img_7071_2 

  5月29日(火曜日) 北京の天気は 日本は/でした。

この日の予定は 無事に北京首都国際空港から 出発することです。
とにかく 朝が早いのです。
飛行機の出発時間が 北京発 AM8:30便 なので逆算すると 遅くても早朝の
5:40にはホテルを出ることに なりました。
朝食は 大きなランチボックスのお弁当を バスに乗る時に 手渡されました。

中には   (卵といっても醤油で煮込んだゆでたまごです) (牛乳)でしたよ。 
牛乳は 北京に来てから初めて登場しました。 久しぶりで美味しい~。
ホテルのメニューには 飲むヨーグルトはありましたが、牛乳が見当たりませんでした。


 大急ぎで 食べ終わると 空港はすぐです。

ガイドさんの方雷さんと カメラ担当のガイドさんが 空港の手続きを手伝ってくれましたが 自動の機械が不調で 時間ばかりがかかってしまって 搭乗手続きが時間ギリギリになってしまって ちょっとハラハラしました。
入国の時に 「ここで あってるの?」と心配した無人シャトルだって やっぱり帰りも乗らなくては搭乗口にたどり着きません。
「ジャージャー麺」のお友達が 不慣れな姉妹を 今回も助けてくれました。
改めて いろいろお世話になりました。
ありがとうございました。

こういう時は 大きな空港は 大変ですよね。

そんなこんなで慌ただしい搭乗となりましたが 無事に 飛行機は 出発しました。
 「はぁ~、やれやれ。」

なので、優雅に「再見~なんていう お別れはまるでなし。
ハラハラ、駆け足で 北京を飛び出してきました。

Img_7069

振り返って こうして書き出してみると やっぱり北京って 面白かったな~  

 成田空港に 到着は13:05 予定。
ほぼ順調に到着したと思います。 
時計を1時間進ませて 日本時間に修正しました。

 「ただいま~
やっぱり 日本がいいな。 空港のトイレにゆっくり入って ホント実感です。



Dsc_0289

 妹のおうちで ずっと帰りを待ちわびていた 可愛い「レオ」くん。
お母さんのお出かけは 淋しい~ よね。
ずっと ぺったりしてました。
 「メグタは 元気かなぁ~?」
私もちょっと 里ごころ。  


 中国の記事は 今回でおしまいです。
長い文章を 最後まで読んでくださって 謝謝 です。

そうそう、書き忘れ。
中国のここがすごい。

初日 バスに乗って すぐにガイドさんが口にした言葉です。
 「日本人は お金をすぐに見せる。 危ない。」です。


 各観光地には バスが着くと必ず 露天の物売りのオバサン達が もの凄い勢いで
「1000円!」「1000円!」と駆け寄ってきます。
上海でも こんな光景は見られましたが 北京のオバサンたちは 上海の物売りさんよりも ずっと強引です。
1000円で 何を売りつけるのかというと ハンカチ30枚とか スカーフ10枚、テーブルクロスとか 麦わら帽子、傘…その他諸々です。

 中国人観光客ではなく 日本人が狙われるのは 日本人はお財布をポケットに入れているという点です。
日本人は 1000円札を出す時にお財布の中身に無用心だし、買うときも 先にお札を渡して物をもらうというのです。
 「品物をもらってから お札を一枚だけ出す、そうしないと 中国人逃げる~。」のだそうです。
 「それに あの人たちは みんな家族ね。 10人くらいの団体で行動しているよ。 たくさんで囲んで どさくさに紛れて物をスります。 大事なパスポート 日本人のはとっても人気。 だから 危ない。
品物も危ない。 倒産品ね。 元値はただのようなもの。 10個でも30個でも どんどん増えるよ。 私が交渉すれば最高70個でOKだったこともあります。 でも 10個と言って中味は7個くらい。 いい加減。
だから絶対買っちゃ駄目です。 相手にしてはいけません。 毎回 こんなにダメですっていっても 一人くらい引っかかるよ。 日本人 甘く見られてますよ。」的な話でした。

 こんなに方雷さんが 熱弁してくれたのにもかかわらず
今回のツアーにも 犠牲者が…。

 明の十三陵の駐車場でです。
同じバスだった女性が たくさんの物売りおばさんに取り囲まれていました。
そこで 急いで方雷さんに「あそこで 囲まれていますよ。」と話すと 駆け出して助けに行ってくれましたが
お金は帰ってきませんでした。

 白いレースのテーブルクロスを買おうと思ったんですって。
5000円札を出して 「お釣りをくれ」と言ったらしいのですが、5000円札は消えてしまいました。
代わりに渡されたのは テーブルクロスが数枚だったようです。
日本でニトリなんか で買えば もっといいヤツが買えたのにね…後の祭り、本当に残念でした。

 「だから言ったでしょう こういう所で物は買っては 駄目でしょう
ガイドさんは悔しそうに話されました。
今回は 5000円でしたが 前回はお父さんがお財布をすられたそうです。
日本は 本当に諸外国に比べて 治安がいいんですよね。


( もう一人のガイドさん 日本語学校の学生さんです。 ガイドは疲れるよね )

Dsc_0508

交通事情の話も 書いておこうかな。
中国にいたのはたった5日間ですが ほとんど毎日くらい交通事故現場を目撃しました。
北京の交通事情は 前にも少し書きましたが 車に乗って北京に通う人は いわゆるエリートですから 車が一番つよいのです。
同じ車同士なら ぶつけられた方が負けなんですって。

歩道も2輪専用道路も 整備されていますが これがまたすごいんです。
バイクと自転車が 同じ専用道路に走っていますが 道幅はちょうど車一台分くらいでしょうか。
一方通向ではありません。 その幅で 右からも左からも かなりのスピードでバイクが走って行きます。 自転車だって バリバリです。 その間を なぜか電動の車椅子が…
これまた 堂々と走っていました。 車椅子って車両なのかな?
日本なら歩道なんだけれど。 

これが 中国の常識…ですよね。 
逞しいですね。
田舎で だあ~れも走っていない道をチンタラ走っている私には ここで自転車には
乗れそうもありません~ 

|

« 北京の楽しみ方~京劇 | トップページ | 雨ふり …いろいろ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株と資産 | 2012年7月 1日 (日) 14時18分

株と資産さま。
コメントありがとうございます。
お褒めの言葉 嬉しいです。
なかなか 褒められ慣れていないので ちょっぴり照れます(笑)
また ぜひ遊びにきてコメント下さいね。

投稿: うっちゃん | 2012年7月 1日 (日) 17時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら そして ありがとう 北京。:

« 北京の楽しみ方~京劇 | トップページ | 雨ふり …いろいろ »