« なんの実? | トップページ | 7月ですね。 »

2012年6月29日 (金)

行ってきました~

 先週の木曜日 シャロムの可愛いお姉さんが
 「来週 530シャロム市をやるんで ご迷惑をかけるかもしれませんが…。」と
小さなチラシを 持ってきてくれました。


 シャロムって 全国的にも自然食で有名なペンションです。
もしかしたら 「聞いたことがある」 とか 「知っている」 とか 「行ったことがある~」なんていう方も いるかもしれませんね。


 「530 シャロム市」っていうのは 包装ゼロ、お気に入りの容器や袋、タッパー持参でゴミの出ないお買い物をするという月一回の新しいマーケットですって。
 

Img_7944

Img_7945

Img_7952

Img_7942_2

Img_7963

 こんな感じ。 
朝一番でちょっと 覗いてきました。
無農薬野菜や コットンの雑貨など 素敵なお店が出店されていましたよ。
石窯パンやピザ、クッキー、ドライトマトなんかも 売っていました。


 今の日本を変えていってくれそうな若者たちが シャロムには30年間以上も いつでも 集まってきていて 環境や手作りやエコを考えているって なんだか凄いことです。

 シャロムの仲間だった頃 あの頃の私たちの若かりし日々を ちょっと思い出させてもらいました。
特に 子育てをしている年代には こういう自分の身の回りのちょっとした環境を考える事が 一番身近かに感じられる時期だと思いますよね。


Img_7957

 安曇野の小さな市場のお話でした。

 そう言えば 大糸線沿線に「一日市場(ひといちば)」という駅があります。
昔 毎月一日に市場が開かれたから ついた名前なんですって。
同じ ですよね。
人間の原点みたいな…商売の始まりですよね。

|

« なんの実? | トップページ | 7月ですね。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先ほどは、ナナシのコメしてすみませんm(-。-;)m
そういえば、先日森町に居む、ヒロの友達が
甘々娘(カンカンムスメ)というトウモロコシを
送ってくれました。
最近、遠州森町はこの最盛期だそうです。
彼女の作品は、生でも食べられるオーガニックな
代物で皮ごと茹で時間三分‼
とても甘くて美味しいんです。
午前四時に収穫して、クール便で送って
下さいました。
有機農業を始めて12年目にして、やっと
人に喜んでもらえる作物が収穫できたと
手紙が添えられていました。
土を愛し、土を育て、土と共に生きた、
土のスペシャリストがご褒美として作物を
受け取る事なんだな・・農業って。
トウモロコシの粒の数の人に食べてもらって
同じだけ、褒めてあげたいと思いました。

投稿: メシダだよ( ^ ^ )/□ | 2012年6月29日 (金) 08時50分

さんくす♪(o ̄∇ ̄)/ メシダくん。コメントありがとう。
日本はお米の国。
大和の時代から そうやって人々は暮らしてきたはずなのに
文明というか時代というか流れというのか
農業が粗末に扱われていますよね。
美味しいグルメの番組や 高級食材のなんたら的番組も多くて 
一流シェフのお店紹介やどこそこ産の珍味など
美味しい物中毒の日本人が デパ地下に並んでいたりの姿も当たり前で 
目新しいニュースにもなりません。

だけど このくらい生きてくると
高級レストランのこってりしたものより
畑で頂いた塩だけで味付けしたじゃがいもとか
味噌で食べる生きゅうりなんかの方が
ずっと美味しく感じるのはなぜでしょう。

きっと トウモロコシのお友達みたいに
土と格闘している方々の愛情の味なんでしょうかね。

投稿: うっちゃん | 2012年6月29日 (金) 09時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました~:

« なんの実? | トップページ | 7月ですね。 »