« 何かが 夜になるとやって来る~ | トップページ | 2012 安曇野花火 »

2012年8月13日 (月)

もう一つの世界

 昼間の暑さが嘘のように 南の空に真っ黒な雲がかかって来ました。

Img_9321

大急ぎで 「お散歩」。

近場ですまそうと思っていた私の思惑とは裏腹に 
こんな日に限って メグタは そんな真っ黒な怪しい雲の方向へ 私を引っ張っていこうとします。
仕方がない。 
もう一度玄関先の傘を取りに戻って 強引なメグタの気の向くままに歩きだしたのです。


Img_9322

 畑の側まで来ると からすが大慌てで逃げていきました。

 実は 歩く道の所々に トウモロコシの食べ散らかしが落ちていて 今朝は早くから
が畑を荒らしにたくさん出ていた様子が伺えます。

 近くの畑には 電柵もぐるりと張ってはありますが 猿と人間の知恵比べとでもいいますか 効果があるのは新しい物を設置した数年だけで
猿達も 仲間との連係プレーで 乗りこえてくるんですよね。
家族を養う力と使命感は 日本の男よりも ずっと猿の方が誠実な気さえしてしまいます。

 そんな猿が大好きなのは「トウモロコシ」だと畑のオジサンがずっと以前に
まだ里に降りて来る猿の数が少なかった頃に  話していました。
 「猿にトウモロコシ畑を 狙われたら最後の1本まで やられる」と。


 今年の安曇野は 「トウモロコシ」「トマト」がいっぱい植えてあります。
写真の通り ご馳走がいっぱいだから 被害も多いでしょうね。

 っと、写真の「からす」は この子も「悪い方の仲間」です。
トウモロコシのおこぼれを頂くのではなく トマトを盗みに来ていたんですね。
メグタの気配で たくさんのカラス達がいっせいに 飛び立った時の出遅れた一羽なんです。


 大きな雲から霧雨が 時々 流れてきて 気持ちいいです。


 出掛ける時には 玄関には出来ていなかった大きなくもの糸。
玄関のドアを開ける時に ぺったりとくっついてきました。
それで 「あっ!」と思っただけで 忘れていたんですが ドアの所に巣を作ってしまったようです。

Img_9343_4

   夕方 玄関ドアのカラス窓に 広がった もう一つの世界。
それは 私たち人間には ほとんど気にもされない昆虫の世界。


 Img_9349_4

 弱肉強食の厳しい世界でも あるんです。


Img_9272_3
 これ?
 「わ、わぁ~! 何これ~?」
 「バルタン星人

 じゃあ、ありませんよ(笑)
実は せいぜい全長3~4cmくらいの 電球に集まってきた小さな「蛾」の仲間なんです。
窓ガラスに光が当たって 頭部の触覚(?)がすごかったので アップにしたら
まるで「バルタン星人~?」的な映像がでてきたのです。
 

Img_9269_3

 見方によっては バルタン星人にも 妖怪にも見えてしまうってこと~。
だって 昆虫って 小さいから図鑑くらいでしかちゃんと見たことがないですよね。
でも なにかのひょうしに しっかりと眺めて見てみたりすると ウルトラマンに登場するような怪獣みたい。
もし もっと大きかったら 同じ地球で共存していて欲しくないくらいグロテスクです。


 玄関の小さな 電球に集まってくる夜の昆虫たち。
いろんな世界が 垣間見えます。

 

|

« 何かが 夜になるとやって来る~ | トップページ | 2012 安曇野花火 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの世界:

« 何かが 夜になるとやって来る~ | トップページ | 2012 安曇野花火 »