« あずみ野周遊バスの旅 ② ちひろ美術館へ | トップページ | 秋の雲 »

2012年8月26日 (日)

おかえり~。

 北海道に~行っていたダンナが 帰ってきました。

そもそも 自分一人で 北の最果て 北海道に行ったのかというと ジュニアユースの
サッカーの全国大会
が 帯広市で開催されていたからです。
ジュニアユースの全国大会は 3.11の東日本大震災が起こるまでは 
福島県のJヴィレッジで開催されていました。
 Jヴィレッジは 日本を代表するサッカーの施設だったのですが 福島第1原発のすぐ隣に立っていました。
事故後の原発を報道する度に 東電の作業場として放射能を測定する場所として ニュースなどでも何回も登場しているので 聞き覚えのある名前だと思います。

 原発事故後は 立ち居入り禁止の区域に指定されてしまったので サッカーどころではありませんよね。 
けれど ジュニアユースの全国大会は それを目標に頑張ってやっと全国大会に立ち上がってきた中学生の選手たちの日本一という夢を 断ち切ってしまうこともできません。
そこで サッカーのグラウンドが確保できる会場が急遽必要になった訳ですが 帯広市がうちでと名乗りを上げてくれたので 昨年度から開催されています。

 
 そんな大会に向けて出発したのが8月12日
高速とフェリーを乗り継ぎ 帯広についた時点で 電話が入りました。 

「無事に付いたよ。」

お盆の帰省の時期ですから フェリーが取れないと八戸経由に変更したり、道路の渋滞も走ってみないと分からない。
やっぱ、信州から丸一日をかけて行く 北海道は 遠い~よね。
とにかく 無事に 帯広についたようでした。

 北海道から 「生で食べられるトウモロコシ」が ダンボール箱いっぱい 届いたのは数日後です。

Img_9530

 もちろん安曇野でも トウモロコシはいっぱい作っていますよ。
でも、「生で食べられるトウモロコシ」は ちょっと 違う。
果物みたいに 甘いの。 みずみずしくて美味しい。
そのまま1本 食べられちゃいますね~
こんなのは 信州ではまだ売っていませんよ。

 今年の 「ジュニアユースサッカー 全国大会」の結果は ゴメンナサイ、載せません。 興味のある方はHPで探してみてくださいね。



 あっという間に 8月も後半です。
ダンナも へろへろになって 帰ってきました。

 「ただいま。」
 「おかえり~。」

メグタは 森に車の音が聞こえてきた頃から もう帰ってきたのがわかったみたいで
ソワソワ。 大喜び。



 今回のお土産は コレ

北海道っていったら 今の昔も定番の 「ミルク飴」「ホワイトチョコレート」
それに「生キャラメル」ってか?
帯広は ロイスの工場があるんですって。 チョコレートは 生協でも時々扱っていて たまに買います。 ホント 濃厚で優しい味で 美味しいよね。

でも~、買ってきてもらって こんなこと言うのはなんなんですが~、

 「蟹、しゃけ、いくら~じゃないの?」
 「昆布とか ほっけとか~?」

帯広は 海が遠いんだって。 時期が違うんだって。 時間がないんだって~。
わかるけど せっかくの…北海道~ぉ 


Img_9877_2


 一番たくさん 持って帰ってくれたのは 「たっぷりの洗濯物」でした。

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


                                


 安曇野も まだまだ 30度越えの 暑い日々が続いています。
が、夜になって コオロギの声が賑やかに聞こえてくるようになりました。
太陽が沈む頃には 涼しい風が吹いています。
やっぱり 秋が 少しづつ近づいて来ているのでしょう。

 
Img_9562

Img_9834

  なんだか 秋っぽいでしょ~(笑)


 あっ 今、TVの上の方に 北海道震度5弱 という文字が流れました。
浦河5弱、って 帯広の方だよね~。」
と NHKにまわしてみると 
 「やってる、やってる。」

 帯広4って 出ています。
大変じゃん。 って、ダンナはもうとっくに 大いびきをかいているので 起こしませんが。
大会の開催期間じゃなくって 良かった~と思ってしまいました。


 北海道のみなさん、大丈夫だったでしょうか?       

|

« あずみ野周遊バスの旅 ② ちひろ美術館へ | トップページ | 秋の雲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかえり~。:

« あずみ野周遊バスの旅 ② ちひろ美術館へ | トップページ | 秋の雲 »