« フリーマーケット | トップページ | 再会 ② »

2012年10月12日 (金)

再会

 朝晩 急に寒くなってきました。 でも本来の10月の気温ってこんなものだったはず…とは思っても やっぱり 毎朝 「何着ればいいいの~?」的 軽い選択肢に 悩まされます。
去年って 今頃なに着ていたんだっけ~?

Img_1865


 10月11日(木曜日)
 

 先日 とっても懐かしい高校時代の友人から メールが入りました。

 「10月11日に松本に行きます。 都合がよかったら会えませんか?」

 なんとも 堅苦しい(笑)メールなんですが ホント (*´∀`*)彼女らしい~
詳しい情報を聞きたいと思って 「いいよ (=^0^=)」メールを送りました。


 「娘と長野市の善光寺に行くから~」という 短いお返事。

 「何時に松本?」「9時50分」「どこへ行きたいの~?」「松本城」「了解

子供のメールみたいでしょ(笑) 
こんなささやかなメールのやりとりを交わして
いざ、何年ぶりかの再会~へ。

 約束の9時50分。 松本駅改札口。

 「久しぶり~
 「相変わらずだね~。

 彼女は むかしのまんま。 綺麗、羨ましい~。
何十年も 若い頃のスタイルが維持できるなんて セレブだからだよね。 
ステキなハンサムなダンナ様のために 努力しているのって 以前 同窓会の時に話していたけれど それをずっと実行しているってのが 幸せの証しよね。

 
 
 
 なんて 軽い話は さておき 二人は まずは松本城へ向かいます。


 松本城は 松本駅から徒歩約15分。 
松本市は城下町なので 街の所々に昔の名残の地名がついていたり 井戸の跡があったりします。

Img_1821
                   牛つなぎ石

 Img_1822_2 

                  大名町大手門井戸

 
近況や昔話をするうちに あっという間に 松本城へ到着です。

Img_1836           

              クリックすると大きくなるよ  


 松本城には 写生大会の中学生達が お城をぐるりと囲んで陣取っていました。
 「私たちの時は動物園だったりしたよね~。」
むかし 浜松城のすぐ裏手に「動物園」があったんだよ。
(知っている人は かなり 浜松通だよね。)
なんて話しながら 遠い日の記憶を思い出したりもして…。 
象や猿なんかなら半日で描けるけれど 松本城となると ちょっと面倒くさいね~。 
浜松城と比べたって かなりデカくて立派だもんね、スケッチだけでも大変だ~

Img_1829

 保育園の遠足かな? ちびっこも頑張って松本城に挑戦していました。

Img_1839
 松本城の天守閣への階段。 登れるかな~   キツイぞぉ~(笑)

Img_1846
 内苑には 小学生に囲まれた武者の姿も見られました。 
さて いよいよ 城内へ入りますよ。


Img_1854

 Img_1856

 パンフレットによると 松本城は戦国時代の永正時代初めに造られた深志城が始まりと書かれています。 400年以上も遥か彼方から このお城は この松本の人々を眺めて 厳しい風雪に耐えて そびえ建ってきたんですよね。

Img_1861
 保育園児が 先生に どうやって敵を防いだのか 窓や狭間石落などを説明をしているのを 聞いてました。 難しいよね~。 わかったかな?

Img_1863
 ここは 月見樓。 赤い朱塗りの回縁が 外からの心地よい秋風が流れ込んできもちよかったです。

Img_1860
 天守閣からの景色。 遠くに この後 行く「開智学校」が見えます。


Img_1848
Img_1867

 「旧開智学校」は 松本城から 徒歩約5分です。

 松本城の裏手の 松本神社の角を 曲がっていきます。 松本神社は 松本城ゆかりの神社だそうです。 大欅の御神木が 立派です。 道路整備で 御神木の数本がお城の周りの道路の真ん中になってしまっています。 

Img_1875

 欅(けやき)から溢れる 日射しが キラキラと綺麗でしたよ。
御神木というだけあって 気持ちのいい癒される場所でした。

 さて、続きは また明日 (o・・o)/~

|

« フリーマーケット | トップページ | 再会 ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

松本城、昔登った?入った事ありますよ~。階段が急で昔の佇まいが好きです

投稿: 山の風 | 2012年10月12日 (金) 21時14分

実は、と~まは長野に足を踏み入れたことが一度もないです~
おひさまを見て、子育て終わったら
ぜひ松本城やそば畑を訪ねたいなぁと思ってます
住んでるなんて、羨ましい限りですよぉ

投稿: と~まの夢 | 2012年10月12日 (金) 21時25分

山の風 様。

私も  松本城大好きです。
冬は 後ろに雪をかぶった北アルプスが映り込みますし
春は桜、もう少しすると公園の紅葉が始まって赤く染まった桜や楓も 
お城にとっても似合います。
雪の一面に積もった白と黒のコントラストもきれいです。

パンフレットには 日本一古い存続しているお城だと書かれていました。
なるほどなぁ~と納得しますね。

投稿: うっちゃん | 2012年10月12日 (金) 21時27分

と~まの夢 様。

ありがとうございます。
 忙しい子育ての時期が終わったら 気分的にもうちょっと 自由になれる日が来るので
のんびり~田舎道を歩きながら いろんな場所に出掛けていって 大きな山を眺めてくださいな。
温泉もお城も日本中にあって どこも素敵。

本当に 子供なんて親が思っている以上にあっけなく
大人になっちゃうんですよ。
だから 今のうちにぎゅっと一杯抱きしめておいてあげてくださいね。
子育ては素敵な仕事だもの。
大人になった子供にぎゅっとやったら こっちがポーンと投げ飛ばされてしまいそうです。
受け身は習ったことないから 骨が折れるかもね(笑)

 今回 一緒にお城に登った彼女は 今 岡山県に嫁いだので「瀬戸の花嫁」
(知ってる?この歌 かなり古いね~。年がわかるね(笑))なんだよ。
すっかり 岡山弁と浜松弁が混ざっていて 可笑しかったけどネ。
と~まさんも そうだ!瀬戸内育ちって書いてあったなぁ
と 思いました。
どこに住んでも住めば都です。

投稿: うっちゃん | 2012年10月12日 (金) 22時03分

松本城か。
結婚したての頃にいきました。
黒いお城なので,びっくりしたのを覚えてます。

投稿: ウルマン | 2012年10月13日 (土) 08時25分

ウルマン様。

こんにちは。
日本のお城にも 黒いお城と白いお城がありますよね。
黒いお城は 豊臣秀吉の時代、白いお城は徳川家康の影響を受けていると 
以前 NHKの日本のお城の歴史を語る番組で話していましたよ。
黒では松本城や熊本城。白の代表は姫路城なのです。
お城は 結構好きなので 有名城は登ったことがあります。
登ってみると 昔の大工さんや職人さんの凄さがわかりますよね。

投稿: うっちゃん | 2012年10月13日 (土) 16時07分

瀬戸の花嫁は小柳るみ子さんのデビュー曲ですよね
小学校の時に、確か…年が分かりますね
はい、と~まは兵庫生まれの東京育ち。父が岡山出身ですから、瀬戸内海はなじみ深いのですよぉ

ほんとにぉ。長男なんか、朝起きない時、ちゅーしようかなって言っただけで、飛び起きますもんちっ、いつかしたろ~
3男はむぎゅっがまだ大丈夫です(*^m^*) ムフッ

投稿: と~まの夢 | 2012年10月13日 (土) 21時07分

と~まの夢 様。

楽しい親子の姿が目に見えるようで いいな。
朝からパワー全開の子供と一緒に過ごすのは
親だってパワー120%くらい用意しておかないと
ブチ切れる時もありますよね。
20%は余裕に回しましょう(笑)

ガンバレ~

投稿: うっちゃん | 2012年10月13日 (土) 22時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再会:

« フリーマーケット | トップページ | 再会 ② »