« 松本まつり  きれい松本美人 ♪ | トップページ | 秋深し… »

2012年11月 7日 (水)

浅間温泉 新そば祭り

 信州の名物っていえば やっぱり 誰でも思いつくのが「蕎麦」でしょ?
その新そばの収穫を 祝って(?) 各地で 「新そば祭り」 やっています~。

今回は 「浅間温泉」新そば祭り に行ってきました。

Img_3370b

Img_3378


浅間温泉 新そば祭り
http://www.asamaonsen-shinsobamatsuri.jp/


浅間温泉公式ホームページ
http://www.asamap.net/


このそば祭りで 友達のお嬢さんが  吹奏楽部で演奏するというのに 

 「フリマの方が面白い~」なんて言うもんだから

 「絶対に見に行ってあげなきゃ ダメだよ。 まだ始めたばかりなんだから来なくていいよって 言っても やっぱり見に来てくれると 嬉しいはずだよ。」

 「え~? そんなものなの? 私の方がドキドキしちゃうし~。 行かなくても ま、いいかって思っていたんだけどぉ。 他のお母さんも来ていない人が多いんだよ。」

 「他人は他人。 来ないより来てくれた方が嬉しいに決まってるじゃん。」

 で、「新そば祭り」に 移動しました。

Img_3360_b
Img_3355_b

 「あ、もう演奏が始まっちゃう~。」
 「ギリギリ セーフだったね。」

 演奏時間は 約15分間。

 わぁ~ パチパチ   パチパチ
うまいじゃん。 やるじゃん。

女鳥羽中学校吹奏楽部 なかなか軽快な演奏でしたよ。

ありがとう。

 


 演奏が終わった後 中学生たちは さっさと帰っていきました。
その後は お気楽になった友達と
 「せっかくの「新そば祭り」なんだから お蕎麦を食べようよ~
と いうことに なりました。

Img_3388

Img_3386
たくさんのお店が出店していましたが 十割蕎麦というのを 食べてみました。
十割って信州でも あんまり お店には ないですよ。

Img_3389_b

 新そばなので 色がちょっと緑色です。 ほんのりと 蕎麦のいい香りがしました。
秋~の風味ですね。 
本当に 新そばは 美味しかったですよ。
 

 安曇野のお蕎麦の相場は だいたい700円~800円くらいですが、松本市の市内のお蕎麦屋さんでざるそばを頼むと だいたい1000円くらいです。 だから、私は 普通に松本に出たときは お蕎麦屋さんには行かないな~。
 でも そば祭りでは だいたい500円という所が多いですね。 約半額です。 
容器がこんなプラスチックで テントの下なので 回転も早く お客さんが並んで買ってくれるんだもの ね。 


 さて お腹もいっぱいになったところで 珍しい人に会いました。


Img_3382

Img_3383

 どこかの国の コノハズクなんですって。
コノハズクって 小さな小さなふくろうです。 首がくるっと すごく早くまわります。
真後ろまで くるんくるん~ですよ。 
可愛くって いつものことながら「写真 撮らせてください」って 言っちゃいましたよ。
お兄さんの腕から全然逃げません。 それは「人混みがコワイ」からなんですって。
そりゃあ、そうよね。 私たちみたいなオバサンが 次々と近寄ってきたら 小さなコノハズクちゃんだって ビビるわよね。 (=´Д`=)ゞ


 そうそう、「松本まつり」の フリマで とっても素敵なもの買いました。 

Img_3423


 未使用の和下駄。2足。 ちりめんの鼻緒と 下駄の入っていた袋が お揃いです。
いいでしょう?
ふふん、2足で1000円にしてくれたけど 袋だけでもそれくらいの値段するよね。

うちは家具工房だけど この値段じゃ絶対材料費も出ない~とダンナ。
だよね。 有り得ない値段だよね。

 来年の夏は この下駄で涼しく過ごそうっと。

|

« 松本まつり  きれい松本美人 ♪ | トップページ | 秋深し… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

(^_^)/おはよーございます
「新そば祭り」、晴れたようで、お友達の娘さんも気持ちよく演奏できたでしょうね
私、お蕎麦大好きです
関西は”おうどん”って、よく言われますが、老舗のお蕎麦屋さんも結構あるんですよ(*^^)v
信州のお蕎麦、食べてみたいです
そう云えば、青空の下でお蕎麦を食べるシチュエーションってあまりないですね
コノハズクも可愛い


投稿: tutatyan | 2012年11月 7日 (水) 08時47分

tutatyan 様。
お久しぶりです。コメントありがとう。
京都のお蕎麦って にしん蕎麦
三千院の近くの有名店で ずいぶん前に食べたことがありました。
当時何かのガイドブックに載っていたのよね。
なので 思い込みの激しい私は 京都=にしん蕎麦
のイメージがあります(笑)

京都の秋は これからですね。
すごい人混みだろうな~。
楽しみですね。真っ赤な京都

投稿: うっちゃん | 2012年11月 7日 (水) 09時29分

こんにちは♪ フリマとはいえ下駄、安すぎます!
「そこですかー」って、また言われそう。
5、6年前に下駄がマイブームになって3足所持していますが、1足で10倍以上はしました。
夏は下駄散歩が気持ちいいですねぇ♪ 秋~冬も足袋を履いて散歩しちゃう。
うちではサンダル代わりに使っています。足の健康にもいいみたいで…。
あっ、うっちゃんさんはいつも野山を歩いていらっしゃるから、その点は問題ないですね。
新蕎麦は香りがよいのでしょうね。
牡蠣蕎麦というのを食べたことがありますが、にしん蕎麦もおいしそう(ジュルン)。


投稿: あー | 2012年11月 7日 (水) 12時15分

あー 様。
そうなの そこそこ、下駄よ。
うそぉ~安かったねと言ってもらいたかった(;´∀`)
やっぱ 呉服屋さんや履物屋さんで購入すれば そのくらいしますよね。
ウォシ~
いいお買い物した~ということで 大満足(=^0^=)

牡蠣蕎麦は 食べたことないな~。
名前だけでなんか高級感あるよね。 
美味しそう、食べてみたいな。

投稿: うっちゃん | 2012年11月 7日 (水) 13時32分

新そばうまそうですね~

下駄かぁ。
と~まは和装は嫌いじゃないのだけど、
下駄との相性はよくないんですぅ。
履いてすぐ割れたことが、人生で3度もあります…
ぱっくりと…
なので、長らく履いてないです…
1000円で2足は何が起きたのでしょうかね?
いくらなんでも安すぎっ

投稿: と~まの夢 | 2012年11月 7日 (水) 19時45分

新蕎麦ですか~。いいな~。蕎麦大好き人間ですから。さすが信州ですね
江戸っ子の蕎麦の食べ方、知ってますか。箸ですくいあげて、タレを少しつけて一気に音をたてて食べるんです。あまり品の良い食べ方ではありませんが、心意気ってやつです。それにしても下駄、安いです

投稿: 山の風 | 2012年11月 7日 (水) 19時56分

と~まの夢 様。

下駄がパックリ((((;゚Д゚))))
それはびっくりだよね~。
鼻緒が切れるとかは よく時代劇ででてきますよね。

昔の青年は腰からぱっと手ぬぐいを出して
~ああ、恋が生まれる~♥ って「伊豆の踊り子」じゃん。

まぁ、そんな話はさて置き 怪我をしそうだよね。
大丈夫でしたかぁ~?
なんにでも相性はあるもんね。きっと その下駄は
相性悪かったんですね。

フリマの下駄を売ってくれたのは お坊さんの団体です。
カンボジアに売上金を寄付するためというやつで
他にもとってもいい品物が出ていました。
あと 私は漆のお盆を買いました。これもね~綺麗な奴なの。
お寺さんから集めたものだから たぶんお届けもの(?)いい品に決まってるよね。

投稿: うっちゃん | 2012年11月 7日 (水) 20時14分

山の風 様。

江戸ッ子だね~。ズズッとすする。落語の一節みたいですね。
思いのほか 本当に東京の人間は お蕎麦好きですよね。
浅間温泉にもたくさん東京のナンバーの車止まっていました。
わざわざ あちこちへ食べ歩く人種がいっぱいいるんですね。
長野版の情報番組やニュースの長野県版では 
「今日は戸隠が~」とか「白馬村で~」とか「山の内村で~」などと
そば祭り情報が流れています。

更科そばって東京で食べましたよ。美味しかったです。

  

投稿: うっちゃん | 2012年11月 7日 (水) 20時27分

ばんわ お邪魔します(^^

信州 蕎麦処ですね~美味しそう
食べてみたくなりました
私は九州に住んでいまして
阿蘇の山間に蕎麦街道と呼ばれる道に
色々な風情のお店が良い間隔で点在してますが
やっぱり蕎麦と言ったら、信州本場の蕎麦処に
行って食べてみたいですね(^^

投稿: fuzz | 2012年11月 7日 (水) 22時48分

fuzz 様。
コメントありがとうございます。
阿蘇ですか~。
いいですね。
はるか昔 修学旅行で行きました。(^Д^)/
草千里いっぱい歩かされた記憶があります。
九州の原っぱは 太陽がいっぱい降り注がれているせいか
大きな緑色の阿蘇っていうイメージが残っています。
阿蘇は蕎麦っていう言葉は浮かんで来ませんでしたが
日本中 やっぱり 蕎麦の国なんですね。
そば通の人は 全国版で 食べ歩くんでしょうかね~(笑)

投稿: うっちゃん | 2012年11月 7日 (水) 23時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅間温泉 新そば祭り:

« 松本まつり  きれい松本美人 ♪ | トップページ | 秋深し… »