« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ゴールデンウィークに なりましたが

 4月の最後の日。 世の中 ニッポン全国大型連休の ゴールデンウイークが始まっています。
道路はいつもより なんだか混んでいるし いつもはめったに人に出会わないお散歩道も たくさんの観光客が歩き回っています。

動物本能が強いので 自分の縄張りを歩いている見知らぬ人に 神経をぴ~んと張っていて
俄然 張り切っているメグタがいます。 本当は人間好きなのね(?)

Img_9953


Img_9950


Img_9948

 本日の安曇野の風景。 青空がのぞいたら もっともっと 綺麗な菜の花の黄色や チューリップがカラフルに見えるんだけどなぁ~┐(´-`)┌


 
先日 3泊4日で 「てんこもりソウルの旅」に 行ってきたんですが 
家を出発してからの日数となると 前後に東京の妹の家に 泊めていただいたので
5泊6日になってしまい その撮った写真が…多すぎて パソコンに入らなくなってしまいました。(ってところまでは 先日書きました。)

 その後 取り寄せたカードリーダーで 簡単に取り込めたんですが その後の整理整頓が…けっこうかかるんですよね。 で ブログに移るまでには 時間が掛かりそうなの。



 その間に 安曇野は 木々には新芽が… 周囲は 新緑になり 菜の花が咲き とってもいい季節になりました。 
GWだし 安曇野の季節の移り変わりも紹介しなくっちゃ どんどん花が咲いてしまいますよね。

Img_9926


Img_9884

Img_9892

Img_9894

Img_9899

Img_9916


Img_9920


 ね、綺麗でしょう? 花がキラキラしています。(笑)

 桃の花、八重枝垂れ桜、 水仙、菜の花、チューリップ いろんな花が 色とりどりに咲きだしました。 そりゃ、そうよね。 気温は低くても 明日はもう5月なんですもんね。
花の咲く順番は バラバラでも 今咲かなかったら いつ咲くの?って感じだよね。


唐松も芽吹いたんだけれど もっとビックリは 
「タラの芽」。


Img_8909
 


 こんなに寒いのに 森を歩くと もう採れたんだよ。 一番芽を採ったので 半分は埼玉の娘のところに 送りました。 そして 半分は 今晩のオカズパチパチ 
貴重品 今年一番のタラの芽のてんぷらだぞ~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

東京も寒かった~。

 長野県人が 言うのもなんだかなぁ…なんですが 4月も後半だというのに 久しぶりの東京は 想像以上に寒かった wwww 。



 4月20日。 高速バスに乗った時点では 曇り空。 気温もほどほどだったのに 談合坂SA辺りから 雨が降り始めて 電光掲示板の気温のマークは 10度Cを表示していました。 
 「さむ
これって 冬だよね。 4月後半の気温じゃないよ~。 東京はもう桜もとっくに終わってるはずでしょ~!


 
東京の妹に 3月から渋谷の駅が 東京メトロとつながったので 
 「渋谷で降りちゃダメだよ。 新宿三丁目で乗り換えると直通だから。」と 何回も念を押され…。 東京は ほんと 日々変化しているんだよねぇ。 無事に 妹宅に 到着しましたよ。


 「東京駅の夜景を見たいんだけど~。」
 「いいけど 雨でも行くの?」
 「もちろん です~ぅ。(笑)」

という訳で 夕方 東京駅へ。 雨でも夕暮れ時が 冬とは違い遅くなってきたので 余った時間で 皇居を歩こうか~と出かけてみました。

Photo

                           皇居 二重橋(めがね橋)   
                             下手くそな手描きのスケッチで すいません。

 デジカメって 毎日PCに映像を取り込んでいる時は 全然問題なかったのですが
今回みたいに 約1週間分も 撮りすぎた映像をためてしまうと とんでもないことに。

 「送信エラー」という非情な文字が出て PCに取り込むことが出来ません。
はて ('_')困った~? どうしたもんやら?
カメラのガイドブックを 紐解いてみると こんなことが書かれていました。

「カードに大量画像があるため パソコンに画像が送れません。カードリーダー(市販)を使って画像を取り込みます。」

 ガビ~ン。 カードリーダーって なんだろ? ってところから 私はスタートするんですね。 いろいろ調べて そのカードリーダーを ヨドバシカメラで お取り寄せすることにしました。 でも 届くまでに時間がもったいないじぁない。 ( ̄○ ̄;)!

 そこで 書いちゃえばいいじゃん。(なんと たわいもない単純な発想)


2013_428

 肌寒い雨の東京駅は 構内の明るい照明が反射して いろんな方のブログや映像で見せていただいた通り 赤レンガが浮き上がって見えて綺麗でした。
駅構内のエキゾチックな天井も よかったです。
あの幾学的な 天井はとても根性がないので スケッチ画は止めました。 丸天井は十分 有名ですから 私のつたないスケッチがなくても 大丈夫でしょう(笑)


 
 代わりに 東京駅の素敵な写真を見つけたので よかったら見てください。
最初の作品の キラキラ感 私じゃ絶対 真似すら出来そうにありません。

  東京駅フォトコンクール 優秀作品
http://www.iza.ne.jp/event/photo/tokyosta04.html

20121007022828


 この写真は 私のじゃありません。 昼間の赤れんがの東京駅舎です。 大きさが、バーンと迫ってくる感じが好きです。

 次は ちゃんと自分の取り込んだ写真で ブログが書けるといいな。 (o・・o)/~


 追加


 東京駅の写真を追加します。

Img_9067

Img_9036


Img_9043

 丸天井が なんとも言えない風情です。 赤れんがの東京駅。 その駅舎は 日本の顔と言っても 過言ではない風格がありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

ただいま。

 ただいま
1週間ぶりの 我が家。
先週 満開を迎えていた桜は さすがに散っていましたが 他は出発前とあんまり変わらない…。

と言うのも この一週間は 冬が戻ってきたような肌寒さだったでしょ?

 それでも 水を張り始めた田んぼが 所々に見られるようになって 着々と 田植えの準備が進んでいますね。 安曇野市や松本市などは このゴールデンウィークの前後に ほとんどの農家の方が 田植えを終了し終わります。
この時期の水田は 雪をかぶった北アルプスが 水田に映って とっても綺麗です。

 あ~。 う~ん。
 ただいま  やっぱり 安曇野の空気は美味しい~

Img_8986
              クリックすると大きくなります。




青空の19日とは うって変わって 東京に向かった20日は 北風と雨降りの寒い日でした。 
前日に用意していた
 「薄い上着じゃ かなり肌寒いし かと言って信州人の必需品ダウンジャケットじゃ 着込みすぎでしょ~(笑)」
と思って出かけたら  新宿のメトロの電車の中で たくさんの人たちがごく普通に ダウンジャケットを着ていました。 

 「ありゃ、着てるじゃん! 」

 だって、4月の副都心線の渋谷行きの電車の中のお話ですよ~  長野や北海道でならまだしも なんだけど…。 
それくらい寒い雨降りの午後でした。

ダンナに無事到着のメールを送ると 「こっちは雪だよ。」のお返事メールが
雪だって。 まぁ、当然というか必然というか、うん ありえるよね。
東京だって この寒さ wwww なんだもの。
どうなっちゃってるの? 日本列島 なんか変だよね。


Img_8945

 20日以降のお話は 明日から しっかり 始める事にしますね。

 まずは さてその前に
今年の これで見納め 安曇野の桜のお話です。

 4月19日 満願寺の桜を 見に行きました。
桜は いくら寒いと言っても 蕾みを閉じて のんびりと一週間 待っていてはくれませんからね。 


Img_8934

              クリックすると 大きくなります。


満願寺は 私のブログでは もう何回も書いているのですが 今回は「桜の満願寺」バージョンで 行きますよ


Img_8952

Img_8954


Img_8972


 満願寺は「つつじ」で有名なのですが 桜もなかなか捨てがたい 風情があるお庭になっています。


Img_8994
              クリックすると大きくなります。


 いろいろな種類の桜が 濃淡をつけて 一枚の絵画みたいでしょう。
桜が終わる頃 保育園の遠足や 中学生の写生大会などで 「つつじの花咲く満願寺」が始まります。
こんな綺麗な桜は 今はもう終わってしまっているでしょうが だからこそブログで しっかりと紹介してみました。
もちろん 今日の写真は 全部 満願寺で撮ったものです。


             (o・・o)/~ (o・・o)/~ (o・・o)/~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

桜を見たかっただけなのに~

  陸郷の ついでに 池田町の「クラフトパークの大きな桜も見ていこう~」ということに。
クラフトパークの大きな桜は 夜はライトアップされています。 早く先始めた桜の木なので
満開の時期が過ぎていて 風が吹くと花びらがハラハラと散っていました。
桜って散り際も カッコイイのよね。
クラフトパークは 東山の高台にあるので 見晴らしは 抜群です。 池田町の美術館との延長線上に位置しています。

Img_8811              

              クリックすると大きくなります


 ここからは 池田町の町並みと 安曇野の大きな山々が ゆったりと望めます。
ああ、やっぱり のどかだなぁ

Img_8838_2


 有明山大天井岳が見えますね。

 

Img_8833

 4月16日は 快晴だったので 常念岳も 安曇野のシンボル 常念岳 も はっきり見えました。 いいお天気で よかったです。

 そんな 桜を見て さっさと帰るつもりだったのに ダンナと出かけると どういうわけかいつも 高い所に向かって登っている…んだ 私。


Img_8843_2

 なんてことはない ここは その桜のすぐ上の山です。
ダンナが申すには
 「ここを登ると トレッキングコースにつながっている筈なんだ。」



Img_8844



 
よりにもよって 桜のある場所は 山を切り開いて 新しい道が造成されていました。
道は広く 真新しい木のチップが敷かれています。


Img_8845_2

 
うちの裏山よりも ずっと楽な道なのですが…。

まさか こんな所で 山登りってか。



  「登るのぉ~?」とは 一応言ってみたものの 北アルプスを見ながら 登れるので 気分は けっこう 最高だよ。

Img_8847



 つづら折れの坂道を 登っていきます。


Img_8848_2


 そして 整地されていた山道の終点から見えた景色が コレです 
なかなかの 絶景でしょ

Img_8855

              クリックすると大きくなります。


 
Img_8854

 
残念ながら 道はあと少しで頂上でしたが こんな感じでした。 後は根性のある人たちがたくさん歩いて トレッキングコースとつながる山道が 作られて行くんでしょうかね?
日差しが強くて 汗をかきました。 日焼けどめだって 塗ってないし…


 桜を撮しに行っただけなんだけどなぁ
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~




 
その日は もう一つの 池田の隠れ桜ファンならば 絶対に出かけるであろう場所も行ってきましたよ。

 鵜山の桜並木
です。

Img_8632



Img_8582

 ここからも 北アルプスと安曇野の景色が一望出来ます。 なかなかの風情でしょ?



 そんな池田町の桜を ダンナが動画にしました。
よかったら ご覧になってください。
 


池田の桜たち 
"http://www.youtube.com/embed/dHSKxhakQ_U"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

陸郷の桜

 陸郷(りくごう)って聞くと 私たち世代には なんだか懐かしいテレビドラマの「北の国から」の中に出てくる 北海道の地名みたいに思ってしまうでしょ
でも 陸郷は 長野県池田町の安曇野から見える東山の裏側です。

Img_8703
              クリックすると大きくなります。
 



Img_8656


Img_8680_2
              クリックすると大きくなります。


 陸郷は ラベンダーで有名な夢農場から 桜仙峡まで この時期は 谷間が一面の桜色に染まります。 奈良の吉野を小さくしたような(って 吉野には行ったことがないんですが TVの映像なんかで見るイメージで です。 あしからず m(_ _)m)桜の 風情があります。



Img_8750


Img_8739


 とにかく 綺麗なので たくさん写真を撮ってしまいました。 
遠くに 去年登った「京ヶ倉・王城」の山が しっかりと見えていますね。 



Img_8693

Img_8803

 
              クリックすると大きくなります。        

     Img_8712

 ちょうど ほぼ満開状態でした。 でも この夢農場には いろんな種類の桜の木が植えてあるので これから満開を迎えそうな枝垂れ桜や 桃の花でまだまだお花見が楽しめそうな感じでした。


Img_8726

Img_8672


  夢農場は 駐車場から売店のある建物まで アップダウンのある坂に 一面のラベンダーが植えてあるのですが そのまだ花の付いていない薄紫の姿が 桜と同系色なので
その色のコントラストが なんとも言えず素敵なのです。
全く違う 桜とラベンダーなのに 気持ちいい程 なぜか似合っているのです。

Img_8773

 桜の道を歩くと 小鳥の声が いっぱい聞こえます。 鶯の鳴き声が すぐ真近に 響いています。 それが心地よくて…

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

安曇野から 今日も さくら便り

 花の命は短くて…
桜は 普通5~7日間で その華麗な姿を 散らせてしまいます。 

Img_8558


 今日は 薄曇り。 春霞みの 少しぼんやりとした一日です。 弱い光が差すから 満開に近くなった桜は 柔らかい薄桃色の光を放っています。

それもまた なんだか桜の別の顔を見つけたようで 素敵でしょ。



Img_8556


 安曇野市の北部にある Vifu(ビフ)産直直売所の グラウンドには たくさんの桜の木が植えられています。



Img_8535_vifu


 日曜日には このグラウンドで 子供たちが ラグビーを練習していました。


Img_8540


Img_8538


Img_8542


 桜に囲まれたこのグランドで 楽しそうな子供たちの姿を 時々見かけます。 
小さい子供たちと お兄さんグループの子供たちの練習風景は 全然違いますが 安曇野に ラグビーの同好会があるってこと自体 スゴイ!って思いませんか?



 話は変わりますが 子供って大人ほど 桜に惑わされませんよね。
桜は好きでも 風景の一部分です。
 
私が思うに 大人と子供の桜温度が違うのは 子供たちは桜の花を見慣れているからだと 思います。 
だって どこの地域でも 学校の校庭には 必ずと言っていいほど 綺麗な桜並木が ありますよね。 
それも なんとも見事な立派な大きな木 なんですよ。 
でも それを嫌というほど 毎日見慣れている子供には あっても見えないもののひとつです。 何も感じないのです。
桜って いったい 何歳くらいから 記憶に残るものなんでしょうね。

 小学校の子供を家族に持たない 私は どんなに素敵な桜の木が 校庭に生えているのを知っていても さすがに ノコノコ出掛けていって 写真を撮ることは 考えちゃいます  
 私が子供だった頃 学校は いつでも誰でも入れたような気がします。
古き良き時代~ああ、時代は いろんな所で 微妙に変わってきています。



Img_8452


Img_8155


 
  桜の花 今週いっぱい 頑張って 咲いていてね。
 来週は お出かけ予定で 桜もきっとちってしまうだろうし ブログはお休みします。

だから 今週は 出来るだけいっぱい書こうかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

安曇野から さくら便り

 安曇野は 桜の時期を迎えています。 
華やかなその色は青い空と競い合って よりいっそう 「さわやかな春」を告げてくれる気がします。
雪が終わって そく 鳴き始めた「ひばり」の声も 空の高いところでいっそう甲高い声でピチュピチュ 賑やかに 聞こえるようになりました。


Img_8381
             
                              

                              クリックすると大きくなります。
 
 



 そんな 私の大好きな青空の日には ちょっと 遠くまで足を伸ばして 
桜の花めぐり 楽しんで来ました。 
といっても、犬と 一緒に歩く お散歩ですからね~。
他のワンコと比べたら メグタは ずいぶん遠くまで歩いていますが 距離としては数キロ、 所要時間は 出発から帰宅まで 約 1時間 という制限をつけてあります。

Img_8385

 一枚目を 角度を変えると こんな写真が撮れます。 実際には 桜とアルプスはずごく離れているのに 写真って… でしょ。


Img_8420

Img_8416

  この2枚は 先日とは違う お墓を守っている 枝垂れ桜。 お墓の真ん中に大きく陣取っています。 まるで 故人を この大枝垂れ桜が 守っているかのように周囲も穏やかです。


Img_8424

Img_8427


  この2枚は また違う場所の 枝垂れ桜 です。 
綺麗な形でしょう? 畑の真ん中にあるので 周囲の緑と山が入るので 私はこの桜を見つけた時 嬉しくていっぱい 撮しまくってしまいました。 
満開のように見えますが 近くに近ずくと 枝垂れている枝は まだ蕾みの部分が多いので 数日後には もっと 華やかに咲くんだろうと思われます。 それでも 十分綺麗なんですけどね。


               クリックすると大きくなります。

Img_8451    
     



                                                      


   Img_8485_2


Img_8473


春になって 夕暮れ時間が長くなりました。 
いつものお散歩時間は まだ 山の影にならずに桜の花びらに 日が差しています。 
柔らかな光が なんだか暖かくて いい感じ。   



Img_8507


 まだまだ ありますよ。  これは  北アルプス牧場 の 
桜並木が お客さんを迎えてくれます。 冬でもここでとれた牛乳で作った ソフトクリームは 美味しいで~す。

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

なごり雪

 「あ〜、寒いな。」と思ったら 小雨がいつの間にか みぞれになっていました。

今年は 雪解けの後に 必ずやってくる冬の戻り日らしき日が 一度もやって来ずに 「桜」が咲き始めたので 「もう雪は来ないだろう」と タカをくくっていました。

 山の上では 雪形が見えたり消えたりしています。 
だから ポカポカ陽気が続いていても  まだまだ雪は降っている事は アルプスを眺めれば一目瞭然なのですが 日中20度に近い日々が続いていたので
 「もう里には降らないだろう」なんて 勝手に思い込んでいました。

Img_8320


 朝起きたら 案の定 庭が  うっすらと真っ白。
木の枝や 草花の上も 雪が積もりました。
そう、いわゆる「なごり雪」だよね。 冬の名残り…忘れ物です。


Img_8325



  もう あれから40年も昔。 かの有名な かぐや姫というグループが 歌っていましたよね。 春の雪が降るたびに 私は口ずさんでしまいます。
 「なごり雪」 大好きだったっけ。 
懐かしいドーナッツ型のLPレコード。 何回聞いたかわかりません。
当時は まだ浜松に住んでいて 雪が降る厳しさや 春になると別れなくてはならない学生達の宿命的 寂しさなんて 実感できませんでしたが それでも切ない恋の歌が 心に残りました。

なごり雪  かぐや姫「三階建ての詩」より "http://www.youtube.com/embed/JBWYk6hYHws"


Img_8328


 冷たい北風は 午後になっても やっぱり冷たくて 夕方のお散歩の時間には 再び 白いものが山の方から 舞ってきます。 天気予報は明日の最低気温も マイナス気温を予想していました。

 これじゃ、なごり雪じゃなくって 冬が再来じゃん。



Img_8346

 庭の雪はあっという間に 解けて 青空も見えました。
うちの庭には 山桜が咲きますが 今はまだつぼみも 小さいままです。
が、 なんと  さくらんぼ花が咲きました。 ちょっと見 桜の花と 区別できませんが…。
数としては まだほんのパラパラとした数なんですが、こんな小雪の舞うような寒空の日に  まさか開花するなんて
…∑ヾ( ̄0 ̄;ノ (´・ω・)カワイソス
さくらんぼって 自分の咲く日を自分で選べないのか~?って ちょっと 思ちゃいますよね。


Img_8321

              雪の帽子 ホトケノザ

 本当はね、桜のすてきな写真が まだ何枚も撮ってあるのです。 が 今回は緊急な雪のため たぶん気温が冷え込んで 桜も現状維持でしょうから こんな内容に変更してみました。 雪をかぶった梅や桜の花なんて めったに見られませんよね。   


 

Img_8331


  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

さくら 桜 サクラ

 

花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに

  出典小野小町 小倉百人一首

【現代語訳】
桜の花の色はすっかりあせてしまったことよ。長雨がふっていた間に。わたしの美しかった姿かたちもおとろえてしまった。むなしく世をすごし、もの思いにふけっていた間に。


Img_8226
               クリックすると大きくなります。
 

さくら花ちりぬる風のなごりには 水なき空に浪ぞたちける

 
出典 
紀貫之 古今集89 

 【現代語訳】

   風が吹き、桜の花が散ってしまった――その風が去って行ったあとのなごりには、水のない空に波が立つのだった。


 
Img_8223
               クリックすると大きくなります。


  世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし

   出典 在原業平 古今和歌集

  【現代語訳】
  世の中に一切、桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに

Img_8245

 えへへ、びっくりした? ( ´艸`)プププ ψ(`∇´)ψ

たまには こんな書き出しもいいでしょ。
こんな 書き出しが似合ってしまうほどの 大きな桜の木を 見に行ってきましたよ。

松本方面から安曇野方向へ 山麓線を ずっと走ってくると 堀金地区の 山沿いに
ポコンと ピンクの塊が見えます。
遠目で大きな桜の木が 一本 こんもりと 目を引きます。

それがこの3枚の写真の桜です。 
桜の木に引き込まれるように 脇道にはいると ちゃんと専用の小さな駐車場も用意してありました。
一周ぐるりと回れますが 畑の小道です。 
桜の周りには入り込まないようにロープが張ってあります。 他にはなんにもありませんが 遠くに白く雪をかぶった 北アルプスの山々が望めます。
 爺ケ岳、鹿島槍、五竜 です。
 本当は ここから遠いんですよ。 雪山が真っ白に光っているせいか 本物よりもずいぶん大きく浮き上がって見えていました。

Img_8263

 道案内の小さな看板には 「一本桜」と書かれていました。 

 それで こんなに幽艷な 桜の木の下では 歌人の在原業平(ありわらのなりひら)ではないけれど 心がソワソワしてしまいます。
 「コブクロ」だって「いきものがかり」だって 「福山雅治」だって 同じように それぞれの桜にそわそわして あんな名曲ができたんでしょうね。
桜を歌った歌は みんなヒットしていますよね。

 遠目ではかなり開花しているように見えましたが 近くで見ると 日当たりのいい場所を除いては まだ五分咲きくらいでしょうか。 
風さえ吹かないでくれたら もう少したくさんの人の目を楽しませてくれそうですよ。


Img_8184

Img_8189


 この2枚の写真の さっきの一本桜とは違います。 ちょっと遠出のお散歩のコースの途中にある 枝垂れ桜たちです。
なんとも優しいピンクで 綺麗でしょう? 
こちらも大きな木なので 小さなカメラでは溢れてしまうくらいの 迫力なんですが
実は お墓の真ん中にあるんです。 
なので 全体を載せてしまうわけにはいかないのが 全く残念です。
肉眼では 後ろに大滝山と蝶ヶ岳が見えるのですが…。
欲張ってはいけませんよね。 この場所では 山とお墓は どうしてもセットで写ってしまうので これでご勘弁を…。m(_ _)m


Img_8190

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

安曇野から 花便り ✿ 3弾目

 今日も快晴。  
 「桜の花は 朝が一番 」というので 今日は 朝早くから メグタのお散歩も兼ねて 花見です。 

と言っても 我が家のダンナは も ほとんど受け付けないくらいお酒に弱いから 「桜の樹の下で宴会」などという優雅なものではなく ただひたすら歩いていって 桜の写真を 撮りまくるだけのことなんですが… それって 日本のお花見とは 程遠い…よね? お花見とは言えないかぁ。(笑)

 

Img_8124

                                大滝山と蝶ヶ岳と 桜。

 とにかく  絵になるでしょ? 桜は八分咲き とっても、とっても綺麗です。


Img_8132

              餓鬼岳と桜。

Img_8155

Img_8147


 昨日と同じ場所の桜なのですが 桜が満開になってきたので 迫力が違います。
ね、 こんな桜を見かけたら 私やダンナじゃなくっても 思わず「カメラ、カメラ」「写真が撮りたい~」状態になってしまうでしょ (笑)


Img_8179
 

 こっちは 桜じゃなくって 「梅」の花です。 一枚目の「桜」と比べると シンプルですが
梅もなかなか いいでしょ? 


 そうそう、安曇野市のコミュニティーFM放送が あるっていう話を書こうと思っていたんです。
「あづみ野エフエム」という FM放送です。 
76.1MHz です。 インターネットサイマル放送もしているので スマートフォンでも 聞くことが出来るんですよ。
興味があったら 聞いてみてくださいネ。 

実際には 2012年の11月24日から 放送開始されていたようです。
これが なかなか面白いの。
曲の選曲も なんだか まったり、のんびりの安曇野モード (笑)
安曇野の方言でしゃべる番組もあって 地元民なら「知ってる」情報もあって…ね。

 でも、なんで今頃~?って。

 我が家には ラジオを聞く習慣が ほとんどなかったからです。 
ううん、もっとずっと前 ラジカセ時代(古!)には 我が家の昼間の音楽と言えば 確かにラジオがかけっぱなしで 聞いていた時期もありました。 
でも カセットテープからCDへ、ラジカセからCDコンポへと 新しいオーディオに変わってしまった頃から ラジオを聴くということが どんどん少なくなってきていました。

AM放送から 当時 開局されたFM長野を聞くようになり NHK FMでは クラシックを聴いて楽しむようになっていました…。
それだけでも わたし的には 時代は 流れていますよね。
その頃 スカパー放送が始まって 音楽はMTVや スペースシャワーにはまっていったのでした。
 

最新式のミニコンポを購入した時には ラジオのアンテナをセットすれば聴ける機能も付いていたのですが 唯 室内アンテナを設置することを 面倒くさいと思ってしまうくらいでした。

って、どうでもいいか。 

Img_8302

「あずみ野エフエム」には かわいいキャラクターがいるんですって。 キャラクターのデザインを見たときにパッと思い浮かんだのが これ

 「あづちゃん」「みのくん」なんですって。
ふむふむ。 なるほど ですよね~。
安曇野=道祖神 っていうわけでもないと思うのですが 以前の観光ガイドには必ず登場していましたよね。
 

あづみ野エフエム ホームページ http://www.azuminofm.co.jp/


ちなみに 長野県にはコミニュティーFMが ずいぶん沢山あるんですよ。

長野には ラジオ局として FM長野 がありますが その他に コミニュティーFM として FMぜんこうじ、FMさくだいら、軽井沢、とおみ、飯田市の i ステーション、諏訪のエルエフブイFM があるんですって。 
世の中 興味がないと知らないことって いっぱいありますよね。


Img_8175

              クリックすると大きくなります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

安曇野から 花便り ✿ 2弾目

 太平洋側では 大雨の天気予報が出ていたんですが ここ安曇野では 激しい雨は真夜中に通り過ぎてくれたので 朝には上がっていて 大地を潤す恵みの雨になりました。


 雨で乾燥していた空気が潤って とっても気持ちのいい草の香りがします。
これぞ、春の香り      です。
朝の陽射しの中で 森が 薄緑色の 春のスプレーをまいたように 爽やかな気分です。

Img_7973_2
              クリックすると大きくなります。

Img_7977


Img_7979

 の蕾が あちこちで開き始めましたよ。 
桜の柔らかいピンク色は どうしてこんなにソワソワした気分になるんでしょうね。
桜の花は 蕾が開き始めて約1週間咲くそうですが その間に 雨が降ったり強風が拭いたりすれば 無常にもというか潔いというのか あっという間に花びらは散ってしまい
一気に葉桜に なってしまいます…もんね。


 Img_8061

 桜よりも先に 満開になったのは 色とりどりの柴桜 
カラフルで大地を這うように伸びていく柴桜は 寂しかった庭を パッと明るくしてくれるので この時期は 信州のいろんな地域で見かけられます。 
日当たりの良い場所では どんどん 伸びて広がっていくのですが うちの庭のように半日日陰の場所では 何年経っても こじんまりと寂しげです。
ということは 写真はもちろん うちの庭ではないんですね。(ガッカリ)



Img_8063
 
 


 この の木は 枝垂れ桜のお隣に 植えてあるんですが 今が見ごろ。
あと数日すると 大きな枝垂れ桜の花が目を引くようになります。 そうすると 私の目には
こんなに一生懸命咲いていて綺麗な白梅なのに 全然見えなくなってしまう木なんです。
だから 今のうちに 載せてみました。

Img_8068_2

 ほらね、 枝垂れ桜は まだ ちょっと早すぎるでしょ? 晴れたら 写真撮りますね。


Img_8052

              クリックすると大きくなります。  


  雨上がりの午前中は 水蒸気の大きな雲が かかります。 空が青くて気持ちいい~。
でも、吹いている風は 午後になると冷たいです。 だって まだまだ 夕方には暖房が欠かせません。 
昼間はついに 暖房なしでも 平気になってきましたけどね。


 そうそう、今日は 安曇野にも「あづみ野エフエム」という コミュニティーFMがあるって話を書こうと思っていたのに 桜で終わってしまいました。
明日も 桜を撮ってきて 載せようと思っているので その話は つづきということで もう寝なくっちゃ…。


 (o・・o)/~ おやすみなさい。







 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

安曇野から 花便り ✿ 1弾目

Img_7964


 この 鳥居はどこでしょう?  
正解   安曇野といったら やっぱり 穂高神社ですよね。
このピンク色の花は 彼岸桜でしょうか? 梅でしょうか? 
桜のように大きい木ですが これは多分梅の木だと思います。 穂高神社のぐるりの 桜の木々は 確かソメイヨシノだったと 思います。 他の桜たちはまだ 開花の気配はありませんでしたから…。

Img_7957


 ただ今 穂高神社には こんな紅梅が咲いています。



Img_7967

 大きな辛夷(こぶし)の花も咲いています。


Img_7965



 仕事で 松本市のはずれ安曇野市の隣、梓川小学校に出かけました。
(って、4月5日のことです。 昨日はとっても穏やかないいお天気でよかったです。 
今日6日は 冷たい雨降りです。 日本中 大雨でしたね。)


 咲いてる、咲いてる 
梓川の小さな公民館のお庭のです。


Img_8022
                     
                             クリックすると大きくなります

 この桜の木は なんという種類なのかは わかんない、や。 ゴメンナサイ。 
専門的な事は 私にはわからないし だからと言って調べる気も まったくないので  

ただ、この桜 午後の日差しを浴びて キラキラ綺麗でしょ~ 
ごくごく普通の桜ですが 川に枝がはみ出しているので 光が いっぱい反射してたのかも


Img_8027

Img_8013

 桜だけじゃなくて こんなお花たちも キラキラしていました


Img_8007

              ヒヤシンス  白梅 

Img_8003


 ああ、やっぱり春はいいね~  花便り        

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

今年の わさび畑

 「梅が満開らしいよ。」
こんなメールが届いたから 青空の眩しい今日 出かけてきました。

 「わさびの花」は安曇野の春を告げる使者です。

だから 春になると一度は見に行こうと思う場所が そう「大王わさび農場」なんです。

Img_7927

 クリックすると大きくなります 


Img_7924


 初めの1枚は わさび畑と桜。 日中の穏やかな暖かさのおかげで 梅の花よりも桜の方が一足先に満開になったようです。
 2枚目は ワサビ田から見える 梅と常念岳を含む北アルプスです。 
情報では 満開のはずの梅は 朝晩の冷え込みのせいか まだ7分咲きくらいでした。
なので ちょっと白い梅の花が 寂しいですよね。


Img_7912


Img_7911


 こちらは 大王わさび農場の駐車場から 一望できる北アルプス。
常念岳は 安曇野人が大好きな山です。 なにかある毎に 仰ぎ見る代表的な山なんです。


Img_7934

              クリックすると大きくなります。

Img_7940


Img_7948


Img_7954


 そして わさび畑 イコール この川の景色は有名ですよね。
黒澤映画「夢」で 登場した水車小屋は 今でも健在です。 
残念ながら 朝ドラの「おひさま」のセットは 今は影も形もありませんが。 
ドラマで登場した 犀川(さいかわ)の水は 透明に澄んでいます。 
安曇野汽船(あずみのきせん)では カヌーやゴムボートで 川を渡ることが出来ます。
 「さぁ、家族みんなの力で がんばりましょう!」と 同乗の指導員に励まされる声や ゴムボートの中から 楽しそうな笑い声が聞こえます。
ここは3つの川の合流地点なのです。 ちなみに犀川、万水川(よろずい)、穂高川です、参考までに。 これらの川の水が複雑にからんで伏流水になり わさびの育生にぴったりの綺麗な湧き水が 湧いているんだそうですよ。


 今回は 湧き水の池のところに 毎年咲いているわさびの花が まだ やっと芽がついた状態だったので 真近でアップのわさびの花の写真が撮れませんでした。
遠目の山葵は 緑色の葉っぱ その色だけでも十分春っぽいのですが…

でも、写真がないとやっぱり寂しいので 去年のわさびの花を 最後に載せておきますね。

Img_9060

 ほらね、なんだか春がやって来た気分がしてきたでしょう~?
 

 PS. そうそう、今年はわさびの花のコロッケが 売店に登場していました。 
普通のわさびコロッケよりも わさびの部分がたっぷり入っていましたよ。 
辛さは? どちらも あんまし関係ないように思いました。

| | コメント (16)

2013年4月 1日 (月)

4月 なんかいいこと ありそうだよね。

 梅の花が 咲き始めました~
と言っても 我が家のご近所のお話ではありませんが…(笑)
お隣の池田町の風景です。

Img_7867

              クリックすると 大きくなります。

Img_78682


 この木は とっても見晴らしのいい場所にあるのですが  残念ながら 今 やっと一番最初の梅の花が 開き始めたばかりなのです。  数日あとなら もうちょっと華やかな 写真が撮れたのに~ですね。


Img_7841_2
              
 

             クリックすると大きくなります。

Img_7850


 この2枚は 池田町のマレットゴルフ場から 撮したものです。
今日は こんなに綺麗な穏やかな日だったのに 月曜日ですからね~。
マレットゴルフ場には 誰もいなくて こんな絶景一人占めしてしまいました
 だから ちょっとだけ お裾分けでもしようかなぁ~と アップしてみました。


Img_7852


Img_7813

 辛夷(こぶし)の花。 


Img_7818
 
 

 この土筆(つくし)は 近所の土手で見つけました。

Img_7771


 柴桜が咲いています。 もう咲いたのね。 早いなぁ、今年は。
なんか 不思議です。 今年の花の咲き方は いつもの年と順番が全然違います。

 信州に住み始めて 目にした春の花は 一番初めに「おおいぬのふぐり」が青い小さな花を付けます。 
同じ頃に 「ふきのとう」「フクジュソウ」が出てきます。
山では 辛夷(こぶし)」 庭では「水仙」「チューリップ」が花をつけると やっと 本格的な春の気配とともに 「梅」「桜」「桃」の順番で次々に 咲きだして 「柴桜」「土筆」が出てから 白い「林檎」の花が咲くの…でした。


でもね、今年は そんな穏やかな時間が流れそうにもなさそうです。
気温がこれから一気に暑くなるんでしょうか、ネ?
いろんな花が咲き始める前に もう「土筆」「柴桜」が 顔を出してしまいましたからね。
植物の発芽を感じる気温が狂ってきているんでしょうか。

 「桜」も なんだかもうすぐ咲きそうな気配がします。 枝がほんのりとあかくなってきたように見えます。 
雨が上がって 気温も上がれば 来週には 開花するのかしら?
桜が咲くというだけで なんだか そわそわ 楽しみです。 


Img_7808

さんしゅゆ。 黄色い小さな花が淋しい森の中をぐっと華やかにしてくれます。


 たくさんの花たちが 次々に咲き始める季節になりましたね。
素敵な4月が始まりますね。

                       

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »