« (`Δ´)! メグタ! | トップページ | 海野宿から ② »

2013年6月 3日 (月)

海野宿は江戸だね。

 「海野宿(うんのじゅく)」は 上田駅からしなの鉄道に乗って出かけます。
しなの鉄道は 長野軽井沢を結ぶ 第3セクター です。
でもね、今回は車で出かけた方が よかった かもです。

「田中駅」で下車するんですが 駅からちょっと歩きます。 片道30分くらいです。 
毎日 30分以上 歩いている私が言うのも なんだかな~なのですが 予想外の暑さでした。 疲れる~ぅ。
5月だというのに27~28度も気温が上がっていたので 
 「失敗した~。 日傘を持ってこればよかった~(@Д@; やばい~
と思ったのは 炎天下 だぁれも歩いていない国道を ひたすら歩いていた時です。

 
 とにかく 電車の本数が少ないでしょ。 大糸線と同じくらい。(笑)
1時間に1~2本の電車が走っています。
帰りの足は 上田城で ダンナが拾ってくれることになっているので 帰りの電車の時間も
気にしながら 行動しなくてはならないでしょ。 

Img_0591

             クリックすると大きくなります。 


誰も歩いているはずはありません。
千曲川のほとりの 「海野宿」の入口のすぐ隣りには 広い駐車場が…。
車横付けで ほとんどの人がお庭を散歩するように さぁ~っと入れ替わっています。

 「そうだよね。 江戸時代じゃないんだから歩いては来ないよね。」


Img_0606


 でも 「海野宿」に入ると そこは まさに江戸時代そのものです。

寛永2年(1625年) 北国街道の宿駅として開設されたというので 約390年の長い歴史があるってことですね。
佐渡の金の輸送や 北陸の諸大名の参勤交代の道として、善光寺参りの参詣客も多く利用されたそうです。

Img_0616


 街道の真ん中に用水が流れ 格子戸の美しいお屋敷が並んでいます。



Img_0634

 この2階部分の出格子が「海野格子(うんのこうし)」と呼ばれています。


Img_0622


Img_0625


 約100軒の屋敷が並ぶ「海野宿」の建物が それぞれ個性的で美しい町並みになっています。




      


 「海野宿」の立派なお屋敷には 「卯建(うだつ)」が作られています。



Img_0594_2

 こちらの立派な「袖うだつ」は 明治時代に作られたそうです。 

有名なお話ですが 「卯建」は裕福の家でなくては出来ないことから「うだつがあがらぬ」という言葉が生まれたそうですよ。



Img_0618

 屋根の上に見えるのが 江戸時代の「本うだつ」です。 

こんなのを見ているだけでも なんだか 江戸時代にタイムスリップしたみたいでしょう?


でも 今日はこれくらいで。 続きは次回 (o・・o)/~

|

« (`Δ´)! メグタ! | トップページ | 海野宿から ② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

良い宿場の家並が雰囲気を誘ってくれますね
確かに江戸の風情が感じられますよ~(*^-^)。
暑いさなかご苦労様です。でもね・・・歩いてるからこその発見もあるのでは

投稿: 山の風 | 2013年6月 3日 (月) 10時25分

山の風 様。
そうですね(笑)
江戸時代の人はそうやって江戸から歩いてきたんですもんね。
現代人は足腰軟弱になっているわけです。
精神的にも目的地にたどり着くためには 心身健康じゃなくては歩けない訳だから強かったんでしょうね。
だから 苦労を求めて 山に登るのかな~?
成し遂げた充実感を絶対に味わえるもんね。

投稿: うっちゃん | 2013年6月 3日 (月) 11時02分

うっちゃんさん、ご案内✿❀ぁりが(。◕ˇ∀ˇ◕人)㌧❀✿
えへへ、今回も江戸時代にタイムスリップぅ
やっぱ、こういう町並みはよいですぅ
(´Д`)ハァ…

投稿: と~まの夢 | 2013年6月 3日 (月) 19時20分

と~まの夢 様。
鶴瓶の家族に乾杯で 先週・今週と広島の福山
の街並みが出てきますけど
本当に日本中のいたる所になぜかホッとする
屋敷町が残っているんですよね。

新しい家はいいんだけれど 今はよっぽどの富豪じゃないと大きなお屋敷なんて建てられないし住めない時代ですもんね~。

投稿: うっちゃん | 2013年6月 3日 (月) 20時03分

うだつで思い出しましたが、以前、徳島にいた頃、美馬市脇町のうだつで有名な場所へ行ったことがあります。
記憶だと、藍で儲けた豪商が立派なうだつのある家を建てていたということだったような・・・・。

投稿: ギター弾き | 2013年6月 3日 (月) 22時00分

こんばんは~エボラでございます^^

こんな所があるんですね~、ほんとにタイムスリップしたみたい
これで侍でも歩いてたら(@_@)ですね~^^

お?3枚目の写真に何か写ってますね?
車ですか?場違いかな?
お~もしかして、あれは”デロリアン”ですか(@_@)
マイケルJフォックスが~… な~んてな^^

しかし何百年もの間、綺麗に残ってることは素晴らしいことです
そして、うっちゃんさん色んな所をご存じですよね!それも素晴らしい

投稿: エボラ | 2013年6月 3日 (月) 22時22分

ギター弾き 様。
コメントありがとうございます。
「うだつ」は豪商のお屋敷に装飾と防災を兼ねて
広まったようですね。
今だったら 超高層ビルの最上階ってとこでしょうかね(笑)

投稿: うっちゃん | 2013年6月 3日 (月) 23時36分

エボラ 様。
お、鋭い!
ちゃんと写真見ていてくれてるんですね(笑)
この宿場町 現在もちゃんとここで生活されているんです。
だから こんな綺麗な景色の中に普通に 車が走っているんですね。
馬や籠の方が似合いそうなのに…。
不思議な感じですね。
京都や鎌倉、川越などは共存っていう感じなのに
ここは時間がもっとずっとゆっくり流れている気がします。

投稿: うっちゃん | 2013年6月 3日 (月) 23時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海野宿は江戸だね。:

« (`Δ´)! メグタ! | トップページ | 海野宿から ② »