« ひさびさ 登場。 | トップページ | 安曇野フェスタへ行ってみた~v(^^)v »

2013年10月 9日 (水)

展望台に行こうか?

 10月7日 台風が奄美大島に猛威を奮っている…のに 安曇野は 10月史上最高気温の日になりました。 ちょっと歩くだけで 汗ばんでしまいます。

 11時半からの生協が終わって急いで帰ってくると 「作る人、私。 食べる人、ダンナ。」が、 当然のようにテレビの前で お昼ご飯が並ぶのを待っているダンナが、いつものように テレビの前で笑っていました。 
その姿に イラっときて なんだかウザくって つぶやきました。

 「○○さんち 明日軽井沢に遊びに出掛けるんだって。 いいよね~。」
 「○ちゃん夫婦は 尾瀬に行くってよ。 いいよね~。」

 だって、ダンナ自分が山に出掛ける時は いくらでも時間とお金をかけていろいろ準備するのに 私には全然お金をかけません。 一緒に連れて行ってくれるのは せいぜい近場の日帰りコースだけ。 温泉だって地元の日帰りだけだし。
夕べから 近々どこかに登りに行く計画をこっそり決め込んで 荷造りなんかしているのです。 もう何十年だろう。 事後報告で喧嘩になり疲れて もう何を言っても無駄だと慣れっこになっちゃったから 文句もほとんど言わない。
だから 何で怒ってるのかなんて…本当は分かっているのに 関係ないですかね~
義母の介護とか そういうことも 全部ひとまかせのくせにね。
それで 私が無駄なお金を使えない事も知っているくせに。 ホント ずるい。 
ストレスたまるわぁ。 誰のおかげで…  と思うと 自分だけスルリと逃げ出したダンナが 時々許せなくなる。 ホント 頭にくる。 
誰にだって限界はきっとあるよ。 



 こんな風に 抗議も込めて 私がわざと愚痴っても 聞こえてるのに聞こえないふり。

 「自分は 名山しか行かないんだよ。」とでも?
私はもう 高山は登れないからちょうどいいか… とか…。(゚⊿゚)ペッ


 

 あ~あ、だから 私も妹と 海外へ行きたくなっちゃうんだよ。 家のこともダンナのことも 考えたくもない時、何にも思い出さなくていいのが 海外ツアーだもんね。 これも自腹だけど。




(  ̄^ ̄)(´-д-`)( ゚д゚)ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー



 お昼ご飯を食べながら 半分 いじけていると 
 「展望台に行こうか?」
 
 「……。」

 この無神経なダンナは 私が がっかりしてるのを知ってか知らずか そんなことを言い出しました。 

 「…。」
 「メグタも連れていけるぞ。」
 「ワン、ワン。」(なんでメグタが 喜ぶんだよ?)

 と言うわけで ずいぶん安上がりな奥さんと どこでもついて行きたいワンコ
連れて出掛けたのは 安曇野市のはずれ。
安曇野市に住んでいても ほとんどの人が通ったことがないんじゃないのかな? 
三郷(みさと)スカイラインの終点にある展望台に行こうということに なりました。



Img_3662

              クリックすると大きくなります。

    

Img_3664

 この展望台(1400m くらい(?) から見た安曇野市の町並みです。 展望台しかないんだけど 確かにその見晴らしは 素晴らしく いい~です。 




Img_3868_2

              大きくしてみてね。

 北アルプス、上高地という山の地図をコピーしてみました。 ちょっと見にくいんですが…。 m(._.)m (今日の記事の中に登場する山には チェックが入れてあります。)
 オレンジ色の太い線が 三郷スカイラインです。 かなりの数のヘアピンカーブを登っていきます。 滅多に対向車もありませんが 展望台から 鍋冠山、大滝山への登山道になるので その林道を整備するための工事用のトラックが 通っていました。 無理さえしなければ十分にすれ違いが出来る道幅ですので ご安心を .。

鍋冠山 http://www.naganoken.jp/mount/chushin/azumino/nabekanmuriyama-map.htm



 鍋冠山(なべかんむりやま)というのは うちの方向から見るとこんな形に見えます。 真右から2番目 一番大きく見える前山が 鍋冠山です。  (12.11 撮影)

 

Img_3440

 ちなみに上の矢印左から 角蔵山、古城山、展望台、鍋冠山、大滝山です。



 大滝山(おおたきやま)は 私のブログにちょくちょく登場しますが 名山の多い北アルプスの中では ほとんど聞いたことのないような無名に近い山ですけど 綺麗な山です。 (13.5 撮影)


Img_0200

 この 鍋冠山から 大滝山に登るコースは 蝶ヶ岳から大滝山に登るコースに比べて 歩く距離も長いせいか登山者が かなり少ないそうです。



 下界はまだ夏の陽気の中
 「ここまで来たんだから ちょっと歩いてみよう。」と 鍋冠山へ向かって 歩き出しました。
(地図上の黄色い線です。)


Img_3673

 登山道は 先日の大雨でえぐれてしまったらしく バックフォーが道路を平らに整備していました。 途中にゲートがありますが そこまでたぶん元通りに整地してくれるんだろうと思われます。

Img_3678


Img_3695

 登山道をスタートした時点では 残念ながら1500mくらいの高度では 「紅葉はまだだね。」と 話しながら歩き始めたのですが…。

Img_3696


Img_3720


Img_3722


 鍋冠山へ向かうゲートを 越えると ちゃんと紅葉が始まっていました。
去年の錦絵のような紅葉とは とても比較できませんが 今年は赤色が綺麗です。 黄色は遠目では黄色に見えますが 近づいてみると雨が少なくて水分が足りないのか 茶色に枯れている葉っぱが多いんです。 でも 確かに紅葉が始まってきていますね。 


Img_3774


 地図では 冷沢と呼ばれている登山道の途中 最後の山を回り込む場所まで歩いてきました。 鍋冠林道を歩き始めたのが PM 2:00を過ぎていたので PM 3:00には引き返すと決めていました。
 「あと もう少しで鍋冠制覇だったのにな。」
 「メグタが まだ行くっていってるよ。」


 だけど なんたって空身、登山の格好もしていない無謀登山者の私です。 かろうじてウォーキングシューズを履いて出てきましたが 「今日は展望台」の心づもりだったんですから 持って出たのは500ccのペットボトルだけなんだもの。 うちの裏山よりずっと歩きやすい道ですが 大滝山登山は ちゃんと準備をしてから 登りたいです。 
大滝山は ブナ林が綺麗な山なのだそうですよ。 


Img_3830_3


      
       
               クリックすると大きくなります。



 この緑色に連なっている山が 先ほどの山の裏側です。 光が当たって綺麗です。
 
左側のピークから 古城山、山(名前は不明)、山(不明)、山(不明)、角蔵山が連なっていたんですねぇ。
裏から見ると こんな形だったとは 大発見でした。 後ろに見えるのは 安曇野の町です。


うちから見えるこの山達は 一つに重なってこんな風に見えるんです。 不思議ですね。
あ~あ、知っていたけど 山歩きは ストレス発散になるなぁ~。 


Img_9200




 

|

« ひさびさ 登場。 | トップページ | 安曇野フェスタへ行ってみた~v(^^)v »

楽しい山歩き ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~^^

「ぅぉぉぉーぅぉぉぉーぅぉぉぉー」
が通じたんですかね^^
日帰りですけど、発散できたみたいで良かったです
山の連なりも発見できたことだし^^

今回も奇麗な写真で
見てるだけで心が癒されました
地図まで見せてくれて、わかりやすかったですね~^^

それにしても
沢山ヘアピンカーブがある三郷スカイライン
一度走ってみたいですね~(^-^)

投稿: エボラ | 2013年10月 9日 (水) 22時56分

あははは・・男ってそんな動物ですヨ!!!。って爺が言ってどうなるぅ~~~~。旦那はえらい!!!。
ごめんなさいっ。  m(_._)m

投稿: ふぃふぃ | 2013年10月 9日 (水) 23時32分

エボラ 様。
峠道が好きなんですかぁ?
だったら三郷スカイラインは たぶん楽しいですよ。
誰かがヘアピンカーブで走ったタイヤの痕がいっぱいついていますよ。
頭文字 D さながらですよ 
きっと夜は真っ暗。もちろん近くに人家などがないから土・日などは
登りか下りか「キキキッ-」とやってると思います。
上田市から松本へ向かう裏道の四十七峠の道も
真っ黒いタイヤの痕が道路にビッシリです~。
本物の走り屋っているんですねΣ(・ω・ノ)ノ!

投稿: うっちゃん | 2013年10月10日 (木) 00時01分

ふぃふぃ 様。
ふぅ~ん
男は通じるんだな~。ダンナの心境。
ダンナは謝らなくて なんやかや誤魔化すんですけど
代わりに ふぃふぃさんが謝ってくれました

投稿: うっちゃん | 2013年10月10日 (木) 00時07分

ケンカも、
やっかみも、
仲直りだって
二人だからできること、
思い出だって、二人で語れるもの。
晴れた空も、
雨の道も、
深い雪も、
厳しい寒さも、
二人で話せばどれも楽しい。

寒い、暗い夜に、
話すことが無い
聞いてくれる人もいない
誰に怒ればいいんでしょうか
なんて文句をいえばいいんでしょうか
電池切れのスマホより、
つながった糸電話なら
心くらいは暖めてくれるでしょう。

さ、こんど歩くときは、
手をつないでみてね。
もっと、きっと、
暖かいよ。


投稿: メシダどぇ〜す | 2013年10月10日 (木) 13時47分

メシダくん。
素敵な詩 ありがとう。
メシダくんは きっと優しくて素敵なダンナ様なんだろうね。
うちなんか振り返ってみてもホント普通じゃない人生だったな~と思います。
だからって何が幸せかは自分の人生が終わる時に本当は分かるのかもしれませんが~
ダンナはその後、まだ真夜中にこっそりと「餓鬼岳」に登ってきました。
こっそり行動の時に限って失敗するんだよね。
今回は滑って沢にはまって「スマホ」を濡らしちゃったんだよ。
もう~祟られてんじゃないのぉ?

投稿: うっちゃん | 2013年10月10日 (木) 17時14分

展望台じゃないですね、登山ですね。いい景色ですね。だんな様、自分の気持ちを少しだけでもうっちゃんと分かち合いたい気持ち、わかりますね。少しシャイな方かな。( ´艸`)プププ
でも甘やかしてはだめですよ(# ̄З ̄)今からの男は一人で生きていけるように(*`ε´*)ノノビシビシ躾けないと。

投稿: mitakeya | 2013年10月10日 (木) 21時10分

mitakeya 様。
コメントありがとう。
そうですね、うん。うん。
ビシビシだよね~(笑)
都合のいい時ばかりじゃなくいつでも一人で生きていってもらわねばね~
(  ̄^ ̄)ゞラジャ

投稿: うっちゃん | 2013年10月10日 (木) 21時18分

黄色いお花が彩りを鮮やかにしている大滝山の1枚、イイですね。写真をいっぱい見ながら深呼吸しちゃいました!

投稿: キハ58 | 2013年10月10日 (木) 23時24分

キハ58 様。
コメントありがとうございます。
大滝山は まだ登ったことはないんですが
これから安曇野市が力を入れたい山みたいですよ。
やっぱり雪が残っている春先が一番きれいです。

投稿: うっちゃん | 2013年10月11日 (金) 09時40分

最初の記事でうっちゃんさんの気持ち、私も経験あるな~、って。奥さん、ストレスたまる~。
でもご主人様、うっちゃんの気持ちに気が付いてるんじゃ~ないですか?口に出さないだけで。
山に行って、気持ち晴れ晴れ・・・、解消していくのが、伝わりました。男の人・・・、一言感謝やねぎらいの言葉を行ってくれたら、女の人は、許しちゃうのにね
それにしても、ご主人様、偉い・・・。妻の不満を解消したんですから。

投稿: マーチャン | 2013年10月12日 (土) 08時33分

マーチャン 様。
コメントありがとう。
とりあえず 小さな爆発はおさまったけどね(笑)

長野版のCM で 
奥さん「車欲しいな。」
旦那 「じゃあ、俺も車買おう。」
奥さん「私の車が欲しいの!」
旦那 「だから俺も車を買うんだよ。」
と新車を中古車2台に買い替えるという中古車センターの宣伝がありますが 
今の気分って なんかそんな感じ?
これって車は手に入ったけれど得したのか損したのかよくわからない はぐらされた気分。
だって奥さんはいつも中古っていうか新車には乗れない。
我が家の家計簿はいつもなんかこのCMに似ていて 小さなご褒美で我慢するのが私です。
サラリーマンじゃないから予算があるからね。 
スマホや新車や名山に登ってくるのがダンナだよ。
事後報告だから「請求書」が後から届くわけ。
なんかね~。子育て時代から介護時代へ突入してずっと小さな不満が何層にもたまってる。
いつかドカンと爆発するのが早いか 本当に心から私が喜ぶものを
プレゼントしてくれる日が来るのか(それもミニチュアだったりして)覚悟してろ~(´-д-`)

投稿: うっちゃん | 2013年10月12日 (土) 09時18分

前半の流れが想像に容易いね!

しかし安曇野は、綺麗だねぇ。しみじみ

投稿: やよいさま | 2013年10月12日 (土) 16時30分

やよいさま 様。
これからの季節は 夕暮れ時が綺麗だよ~。
なかなか涼しくなってこないけど
前は10月といったら もうトレーナーとか着てたけど
今年はまだ半袖で日中は過ごせてます。
信じられない温暖化~
は暑さがゆるくなってきて 嬉しそうだよ

投稿: うっちゃん | 2013年10月12日 (土) 17時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展望台に行こうか?:

« ひさびさ 登場。 | トップページ | 安曇野フェスタへ行ってみた~v(^^)v »