« 久しぶり。 | トップページ | 風邪には勝てません~ »

2014年3月11日 (火)

3.11 に寄せて

 今日は 2011.3.11 東日本大震災から 3年目。
あの衝撃の大津波や福島第一原発事故の記憶もまだ 誰の心からも消えてはいません。  


14時46分。 
一緒に黙とうをしました。
被害者の方々のご冥福を お祈りいたします。


宮城・岩手・青森などは まだまだいろんな意味で遅れてはいるとは言っても 地元住民の明るい前向きな笑顔と絆で 復興という意味では少しずつでも前進していると思います。



 本当に心配なのは 原子力発電所が廃炉の方向ではなく 再稼働へと動き出しそうなところです。  
浜岡原発は 福島と同じ機種なのに 再稼働の申請をしたそうです。
3年たった今でも 福島の避難した人々は 未だに自宅へは帰れません。
放射能という目に見えない怪物が 今日のニュースで報道されていた福島第一原発の全然処理が進んでいない現場から 高い濃度を放っている映像が流されました。

自宅に帰ってもいいという地域範囲内の除染作業が始まっています。
帰るのは「本人の意思で」と言う方向に流れてしまえば 地元の自宅がいいに決まっているお年寄りや 原子力関係の仕事で生きてきた人たちは まだ安全と確約できない地域でも帰ってしまうでしょうね。  
自己責任でという言葉が使われたら 健康被害が出てくる近い将来には 国はちゃんと放射能被害者の医療費を保証してくれるのでしょうか?
福島の人々の声が流されています。

 「仮設住宅から出たいけれど見よりがいない。」
 「自分が帰って待っていなければ息子は帰って来られない。」
 「家が朽ちてしまって 帰れない。」
 「近所の人が帰るなら自分も帰りたい。」

などなど 放射能の危険よりも実質的な生活が まず心配のようですね。


Img_0071


 3月9日(日曜日)

松本の脱原発大行進に参加してきました。 
ずっと今年もあるだろうな?と 検索していたんですが 前日まで この大行進が行われることが HPから見つけだすことが出来ませんでした。 8日は東京で大行進が行われたそうなので そのページから 佐久市の大行進を見つけて そこから松本城公園から出発する「フクシマ脱原発大行進」に行き当たりました。


 「これは 行かなくっちゃ!」と 出かける事にしました。



Img_0068


Img_0078


 2時からのミニコンサートの後に 集会が始まり 福島から避難していて 今は信大生の少女の経験談に涙しました。

 「生まれた時から原発はそこにありました。 
学校の社会見学は原発を何回も見学に出掛けましたし、修学旅行も新潟の柏崎原発を見学しました。 
3.11 の原発事故が起こるまで 地元の人たちは安全神話を頭から信じていました。

家が原発から15Kmの距離にありました。 私と母は何にも知らずに12日に近くのコンビニの前でアイスクリームを食べていたんです。 2回目の大きな地震がありました。 
その時コンビニの人が 「第二原発も爆発したらしいよ。 そんな所にいては危険だから家に帰れ!」と叫びながらシャッターを下ろしました。

その時 「危険!」という事を始めて意識しました。 うちは父が原発で働いています。 母と私、祖母が別々に相馬市に避難しました。 その後も 避難勧告が出て 家族4人バラバラに避難することになりました。 高校2年生の時です。 朝目が覚めると「私はどうしてここに一人でいるの?」って 涙しました。 それから3年 私の家族はまだばらばらに暮らしています。 遠く離れてみて原発の真実が見えてきたら 私は福島に帰れない状況がわかりましたが 地元の友人はまだ大丈夫だと信じています。」 


Img_0082


Img_0092


Img_0090



Img_0117



Img_0125



 今年の参加者は松本で1000人、午前中は長野市でも大行進が行われたそうで長野は500人の参加者だったそうです。
 去年に比べて人数は かなり少なくなっていました。 私みたいに自由参加の人が 確認できずに減ってしまったのかもしれませんね。


 今年は 親子連れやお年寄りの参加者が多かったです。 
本当は中学生や高校生のこれからの未来を担っていく若者の参加者の数がもっと増えると 未来には原発は再稼働しないかもしれません。
今の子供たちが大人になる頃に 順調に進んでやっと 福島第一原発は廃炉になるんですから。 
この時代 なんだか暗い未来の気がして怖いです。

 だからせめて「原発-廃炉!」「再稼働ー反対!」って 叫ぶ大人の小市民の大きな声が必要だと思います。

頑張ろう! 再稼働は人間としてやってはいけません。
他の国に原発を輸出するなんて行為はもっとやってはいけないと思います。


 原発を安全になかったことに出来る魔法のような何か 誰か頭脳の優れた誰か~早く発明してください。 
それが見つかった本当に安全な未来になった時点で 堂々と輸出したらいいんじゃないですか?




Img_0131  

|

« 久しぶり。 | トップページ | 風邪には勝てません~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
お気持ちよく分かります。
ただ、この世の中、少なくとも人が動物が生きている中で、絶対に安心、安全なんて事は、それこそ無いと思います。
原発も、できれば無い方が良いよね。
しかし、事故が起きて、安全神話が無くなって、原発0、反対を唱えるのは、正直、原発に依存し生活を肯定してきた事を考えると、矛盾は禁じえません。

投稿: 山の風 | 2014年3月11日 (火) 23時36分

山の風 様。
矛盾はいろいろあると思います。
原発によるたくさんの補助が出ていたんだから 長い間それで安全を地域が売っていたとも考えられます。
でも仕方ないでは済まされない危険がいっぱいあります。
今は壊れていない原発だって10年後20年後には自然摩耗します。
その頃には化学が進んでなんとかなると見切り発車してしまった原発の処理能力は40年たった現在でも今の福島原発をみても解決策は見えていない気がします。
被害を受けるのはもっとずっと後の時代の人たちです。
その頃はきっと私は生きてはいませんが 美しい日本が続いていてほしいと思う気持ちはあります。
起こるかもしれないと思って暮らすよりは起こらないと思って暮らす方がきっと楽ですけど 起こりうるのと起こらないのとでは天と地ほどの差があるのではとも思います。

投稿: うっちゃん | 2014年3月12日 (水) 12時09分

お久でございます。
雪中ビバークもそろそろ終わりでしょうか?
こちらは梅も終わり、
レンギョウや木蓮が開いて、さて、
桜はどうか、というところ。
春を迎える嬉しさは、
そちらにくらべたら、
小さなものかも知れないし、
冬が好きな自分は少しさみしい気もしますが、
また、春を迎えられることは、きっと
素敵なことに違いありませんね。
3.11から早、三年が経ちましたが、
気持ちの上では、何かが終った実感はありません。
昨日のニュースでは、
千葉・神奈川沖で起きたタンカーの事故で重油が漏れ、
海洋汚染の心配を伝えてました。
重油も厄介ですが、目に見え、臭いもあります。
でも、これが放射能汚染だったらどうでしょうか。
目には見えませんが、確実にすべての命を蝕み、
さらに、信じられない長い期間、
後世にも牙を向けて、漂い続けます。
まだ原発の汚染は進行中、便利さに頼り、
核の恐ろしさを忘れてしまったら、人間の負け、
廃炉に40年かかる核の勝ちなんです。
核の恐ろしさを世界で一番知っている日本が先ず
涙を越えて行かなくて、何が平和国家なのでしょうか。
オリンピックを招致するプロパガンダだけでなく、
本当にクリーンな国造りをお願いしたいし、
自分たちも負けないで力を合わせなくてはならないんです。
あの、救援物資の仕分けを手伝った時、
世界中からの応援を肌で感じました。
苦しむのは、何時も罪の無い一般の優しい人々です。
この支援をしてくれた人たちも、
きっと、世界中のそんな方々でしょう。
このお返しの為にも、日本は核廃絶を先頭に立って
宣言しなくてはならないのに・・・
できる、できない
より、やる、やらないの問題です。
平和を押す、うっちゃんに頭がさがりました。
自分にも、がんばれ!、と喝入れしました。

涙を越えて
http://m.youtube.com/watch?v=zqJlmYIEa0w

翼を広げて旅立つ君に
http://m.youtube.com/watch?v=HWwTmCmCeuE


投稿: メシダどぇ〜す | 2014年3月25日 (火) 09時36分

メシダ君
いつの間にか春ですねぇ。お久しぶりです

うん、3.11は日本中の人々にまさかの現実を与えたのにもかかわらず 日々の忙しさにかまけてどんどん忘れてしまいますよね。あの大津波の映像も原発の恐怖も…。記憶には残っているんだけれど。
人間は嫌な事や辛い事は忘れながら生きていくんだと思うのね。忘れないっていうのは逆に大変な苦痛には違いないんだもの。
直接の家族を亡くした被害者の方々や避難されたままの方々は 今もあの時点で時間は止まっているのに 当たり前なんだけれど周囲の時間だけは確実に過ぎているというジレンマに 焦りや不安にどんどん陥っていると思うのです。
心の声や痛みは個々違うし気持ち的には共感できても実際にはその何十倍もの声に出来ない苦しみを感じていると思うのです。
でもあの3.11以後にも大洪水や豪雪や大きなニュースにはならなくても全国各地で自然災害は続いていてみんな当事者はそちらに必死で自分の事に精一杯気分です。
戦争だってそうだし ましてや 体で感じた恐怖を体験した人がいなくなった頃の遠い未来に自然災害ではない本当の地獄が始まるなんてのはいけないと思うのです。
子供の頃 本気で21世紀は明るい未来だと私たちは思っていましたよね。早く大人になりたかった。
でもね、そんな21世紀になったのに 仕事とか結婚とか出産とかそんな当たり前だったこともかなわない若者が増えています。夢も見られない。
その上 空気や水まで安全に口にできない時代が来るなんて…。今だからギリギリ間に合うかもしれないのに「何とかしてください!」って言いたいのです。

投稿: うっちゃん | 2014年3月25日 (火) 10時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.11 に寄せて:

« 久しぶり。 | トップページ | 風邪には勝てません~ »