« なんだかなぁ… | トップページ | 吹奏楽 定期演奏会 »

2014年6月25日 (水)

今度こそ あやめ祭り だよ。

 今朝 山から例のごとく たくさんの猿たちが降りてきました。
まだ遠くから見ても子猿だなぁと 分かるくらいのちょっと小ぶりな猿が多かったせいか 普通ならメグタが ワンワン鳴きながら走り回ると サァ~と逃げ出すのですが 今回はなかなかしつこいです。

 それもそのはず。
子猿たちがしがみついている木は の木です。
今 まさに 紫色に熟した桑の実が 枝にいっぱいついているのです。
うちの庭にある桑の木も 元々 生えていた小さな木だったのですが ここ数年で大木になってしまいました。
毎年 桑の実がなったのか、ならなかったのか 分からないうちに ほとんどが落ちてしまうのですが 今年は豊作で 熟れて落ちた桑の実が 地面にどっさり落ちています。
その 桑の実の甘いこと。 
見た目はちょっと…だけど 自然の味がして 完熟したものは かなり美味しいよ。
バニラアイスに混ぜて食べると ブルーベリーに負けません

 子猿たち メグタの鳴き声が ちょっとばかり怖くても 食べたいよね(笑)


Img_4420


 そんな猿のやって来た日は お天気が崩れます。
まぁ、先週も 一日として完璧な快晴の日はなかったですけど。
夕方や夜中に 大雨が降ったり雷が鳴ったり 予想不能の悪天候ですね。



 また、脱線してる~(笑)
本当は 先日のリベンジのお話だったんです。

 今日は午後には雨予報だったので 雨が降らないうちに片づけてしまいたい雑用を片づけるついでに 先週からあやめ祭りが始まっている 明科・龍門渕あやめ公園に 足を伸ばしてみました。

 「今度こそ 咲いているかな?」



Img_4474
               クリックすると大きくなります。↑


 
Img_4504
              クリックすると大きくなります。↑
      


Img_4439
               クリックすると大きくなります。↑


 先日 蕾だった公園内の花しょうぶが ちゃんと咲いていましたよ。


 ハナショウブの前には こんな看板が立てられていました。


Img_4483
               クリックすると大きくなります。↑

 
 「アヤメ」「カキツバタ」「ハナショウブ」の見分け方が書かれていました。
水辺に、湿地に、乾いた土地にと生息地で区分されているほか 葉や花の形、花びらの模様などで区別できると書かれています。
 あやめ公園内に植えられているのは 親がハナショウブなのだそうですから 前川に沿って6月の始めの頃に咲き終わってしまったのが「カキツバタ」で 今咲いているのは「ハナショウブ」ということに なるんでしょうね。



Img_4478             
               クリックすると大きくなります。↑  




 「花びらの基のところに、花菖蒲は黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様が、それぞれあることで区別できます。」と 某花名人のHPに書かれていました。


Img_4482

Img_4495

Img_4499

 そう思ってみると どの花にも黄色い筋が見られます。 
ふ~ん、この花たちは確かに ハナショウブですよね。 

 山の小道で見られるのがアヤメで 川辺などに咲くカキツバタ。 
じゃあ、水田の脇に植えられているのは カラフルで大きな花弁だけど ハナショウブなのかカキツバタなのか どっちだったのかなぁ? 
きっと来年は 写真を撮りながら 「どっちかな?」と確認できそうですよ。



Img_4494



 あやめ祭りというだけあって 植えられているハナショウブは 1株1000円で販売されていましたよ。 おばさんがスコップで大きな株ごと掘り返してくれるんです。
こうやって お話上手なおばさんと花の会話をして 自分の好きなハナショウブの苗を何株も買って行く人達の姿が 見られました。 

 うちには水路がないので ハナショウブは無理。 
お散歩の時の素敵に手入れされているお庭で一枚撮らせていただいた 写真で楽しむことにしています。




Img_4468


Img_4469

 公園内のあちこちにテントが張られていて タケノコのお味噌汁や 黒大豆の味噌のきゅうりなどをご馳走してくれました。 柔らかくて美味しかったですよ。
野菜を販売している売店には 残念ながら タケノコは売店で売っていなかったのですが…。 


Img_4519

  帰り道に 義母の施設に寄ったので 途中の「道の駅 松川」で 買って帰りました。
淡竹(はちく)と呼ばれる 若竹。 タケノコです。
これが 味噌汁の中にいっぱい入っていたんですね~。
筍ご飯と タケノコのお味噌汁 作りました。 ( ^ω^)おっおっおっ 美味しいv


|

« なんだかなぁ… | トップページ | 吹奏楽 定期演奏会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桑の実 子供の頃を思い出しますよ 学校の帰りなど途中にある桑の木に登ってはよくとって食べていましたね 遠い昔の話ですが。

投稿: ハッピーのパパ | 2014年6月25日 (水) 16時56分

ハッピーのパパ 様。
おひさしぶりです。^^
桑の実なんて 遠い日の童謡の中の物みたいですが
うちの周辺の森の中には 桑の実が豊作です。
あっという間に熟してポタポタと落ちてしまうので
雨が続くとすぐ終わってしまいます。
私はここに住んで初めて食べましたよ。

投稿: うっちゃん | 2014年6月25日 (水) 18時43分

こんばんは
桑の実、懐かしいですね。子供のころ口の周りを真っ青にして食べたのを思い出します。よく熟れたのは甘くておいしかったです。桑の木は意外と大きくなりますね。お蚕さんようはあまり大きくしませんが。

投稿: 旅の駱駝 | 2014年6月25日 (水) 22時00分

こんばんは~
明科のあやめも綺麗だけど…
懐かしいなぁ~ 桑の実
田舎育ちの私も子供の頃、山や池で 桑の実、あけび、ナツメ、グミ、
野いちご、ざくろ、無花果、菱の実(生で大丈夫だったのかな…(^^ゞ
色々な野の物をよく食べてました(^^)
淡竹も昔は取りに行きましたが、最近は見かけず
懐かしいです(*^_^*)


投稿: ゆん父 | 2014年6月25日 (水) 23時15分

桑の実、子供の頃が懐かしいですね~ (^ ^♪
甘くて美味しいんだけど、口の回りが紫色になって、
「食べたネ」って、バレバレでした (*^ω^*)ノ彡

あやめ公園、とっても広いんですね。
いろいろ咲いて、目の保養になりました。

アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、違いが解りました。
有難うございました。 (*^-^)ノ

投稿: hana | 2014年6月25日 (水) 23時22分

旅の駱駝 様。
コメントありがとうございます。
そうです、そうです。
桑の実は甘くて美味しいのはよく熟れているから
柔らかくて掴んだだけで
手が紫色になってしまうんですよね(笑)
子供なら口の周りが紫にならずに食べるのは難しいよね~。 

投稿: うっちゃん | 2014年6月26日 (木) 10時05分

ゆん父 様。
そうですよね
今みたいに昔の親は子供をしっかりと管理していなかったから ダメだよ~とか言われていても
学校帰りに通り道の神社や田んぼや友達の家や寄り道していましたね(笑)
いろんな事に手を出してみる環境がそこにはあった気がします。
スマホやゲーム、PCなど一方通行な楽しさじゃない大いなる刺激があって
だからこそ 今でも「あ!」と見つけた時の喜びは大きいですよね。
アケビ 以前は近くに生えていたのに家が建って消えました。 野生のアケビまた食べたいなぁ。

投稿: うっちゃん | 2014年6月26日 (木) 10時23分

hana 様。
( ´艸`)プププ 
口の周りが紫になっているおてんば娘が「ただいまぁ」って
ニコニコ帰って来た時の顔を見たお母さんの笑顔が見えるようですね。
いい思い出ですね。
そんな風景が今も残っている田舎なのですが
今は桑の実はほとんどが鳥か蟻かメグタのお腹の中に入るだけかな~(笑)
たくさん採っても結局は食べきれずに冷蔵庫で残ってしまうので食べる分だけ取ります。

投稿: うっちゃん | 2014年6月26日 (木) 10時46分

桑の実、久し振りに見ました。小学生の頃はあちこちに桑の木があって学校帰りによく食べたものでした。
今はもう桑の木自体が無くなってしまって、ホントに久し振りの桑の実。
まだ残ってるんですね。

投稿: hidarimaki | 2014年6月26日 (木) 16時21分

hidarimaki 様。
桑って明治時代天蚕が主流だった頃から戦後まで
日本中に植えられていたんですよね。
うちの庭の桑の木もその名残みたいです。
穂高の天蚕は緑色の絹織物が今でも残っています。
作られなくなった桑はみんな消えたはずなのに 桑の根っこは強くて
取り残された小さな株が数十年して大木に育ったんです。
うちの庭だけじゃなくあっちこっちの森の中に復活しています。すごい生命力でしょう?

投稿: うっちゃん | 2014年6月27日 (金) 15時25分

桑の実・・・初めてみました。
木苺の実に似てますね。
猿が山から降りて来るんですね。
農家の被害が出て来なければ良いですね。

投稿: マーチャン | 2014年6月27日 (金) 17時04分

マーチャン 様。
そうなんです。
猿がやって来る回数が多くなってきました。
雨が多いから猿たちの食べる物が山にないのかしら?
今日は安曇野でも松本でもクマ情報が出ました。
気を付けてくださいって言われても困るよね。
こんな時期にクマって…!クマの食べ物もないのかしら?
冷夏になるのか…心配です。

投稿: うっちゃん | 2014年6月27日 (金) 18時40分

花菖蒲、いろいろな色合いがステキですね、
その場で掘り起こして販売なんて
でも、我が家も植えることは無理
写真で楽しませてもらいました

桑の実、近所に1本植わっていて、今年は豊作?なのか
たくさんの実がなっていています。
何時でも食べていいよとの申し出に、ブルの散歩時に
勝手に取って食べて、紫色になって帰ってきます
猿たちも美味しいものがわかるんですね


投稿: genburu | 2014年6月28日 (土) 03時26分

genburu 様。
桑の実はちょっと摘まんだだけで食べたぁ~という気分になるのが不思議ですね(笑)
紫色になるからでしょうか
これが真っ赤な苺だったら絶対食べ尽してしまいます。
色って食欲にすごく影響しているのかもしれないですよね(笑)

投稿: うっちゃん | 2014年6月28日 (土) 10時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度こそ あやめ祭り だよ。:

« なんだかなぁ… | トップページ | 吹奏楽 定期演奏会 »