« 7月になりましたが…。 | トップページ | ドラマなのに… »

2014年7月 4日 (金)

ランチ

 ダンナが入院していた時 すっかりお世話になっていた Aちゃん。

 「今度 お礼と言ってはささやかなんだけど ランチでもご馳走するからね。」

と約束していたんだけれど 雪の季節からいつの間にか 季節は夏に…。


 彼女には 今年中学3年生になる娘がいて 中学校の役員もやることになって 春先は忙しかったのです。
 「時間が出来たらいつでも連絡してね。」という事で
やっと ランチに出掛けることが出来ました。


 「わぁ、久しぶりだね~。」 「ほんと 久しぶり~!」



 ちょっと脱線なんですが 最近の私 ファンケルのCMにはまってます~(笑)
 同窓会で 「昔は 乙女。 今は 太め~。」というやつですよ。 
このCM きっとどこかで 見たことがあるはず。
なんだか 自分を見ているようで辛いんだけど…。 CMの彼女がなんだか 太めなんだけどとっても可愛いんだな。
 あ~あ。 また太っちゃった。 私も そんな気分で 再会です。 




Img_4583_2

 パスタの美味しいお店でした。 珈琲も美味しいし



Img_4579
              クリックすると大きくなります。↑


 久しぶりのランチは 楽しいです 
たまには こんなに リラックスして息抜きでもしなくっちゃ。
 「そうそう!」「あれこれ!」 
いろんな話が 核心に入っていきますよ。

 

 受験生を持つ子育てお母さんの時代は もうすっかり過去の物になっている私ですが
Aちゃんは 今真っただ中です。
子供達が小さい時は 仲良しだった近所のママ友が いざ受験本番の中学3年生になると
なんだか殺気立ってきます。
 きっと日本中のお受験ママは 経験済みのはずですね。 さて これをどう乗り越えるのか…。 とりあえず時間が解決してくれますよ。


 我が家などは ご近所に同学年の子供がいなかったり 県外から移住してきたので地元の様子が見えなかったりしたので  授業参観日などに学校の先生から話される受験の説明会や三者面談での他のお母さん方の反応を見て初めて 「ぎょ、ぎょ!」と焦ったものですが…。 まぁ、おっとりしていると思われていたみたいです(笑)


 Aちゃんのお家の周りは 松本市内ですから 庭を挟んでお隣が並んでいるような住宅街です。 同級生の子供がお隣にすんでいれば 自分の子供の成績も気になりますが お隣のお子さんがどこを受けるのか 試験に何点を取ったのか 自分の子供より出来るのかなどと どうやら気になるのが 中3の親の正直な心境なんですね。

 
Img_4578 
               クリックすると大きくなります。↑


 それもそのはず。 親からして見れば 高校の選択で微妙に子供の人生が変わる気がします。 出来ることならば少しでもレベルの高い所へ…と思うのも 我が子だからだと思います。
だけど 子供はテスト前なのに勉強してる気配がない(困) そんな思い悩んでいる所へ
よりにもよって 昨年までお隣だった同級生のお母さんが訪ねて来て
 「○○ちゃん、××高校受験しないわよね?」と チェックに来たんですって。
 「怖いわねぇ。」
 「でしょう? 今は引っ越しして 松本の違う中学校に通っているから ホッとしていたんだけど もしかしたら高校で一緒のクラスになる可能性もあるんだよね。」
 「5教科塾に通わせているんだって。」
 「あのお家は医者だから 何が何でも医学部に入ってもらわなくちゃいけないから 高校なんかで挫折したら 困るのよと ライバルは少しでも減らしたいらしいの。」

 「でも だからと言って ○○ちゃんが目標を変える必要なんてないじゃん。 受験するつもりで頑張ってるのなら 行かせるつもりでいればいいのよ。」
 「だって ○○はそんなに頑張っていないし…。 450点取り続けなくては なんて無理じゃん。」
 「脅してくるね~。」
 「だね。」
 

Img_4521
              クリックすると大きくなります。↑
 

 う~ん。 お受験は 親も子供も狂わせるよね。 
何処の家族も経験するんだし過ぎてしまえば あっという間の受験戦争なんだけど 当事者は親も子も 辛い時期ですね。
 ただ 実感としていえる事 後悔先に立たずです。
受験が成功しても 選択が正しかったのか、高校生になった時点でまた次の選択が待っています。 その先でも…。
 どこの時点でも 親が引いたレールが子供がはみ出さないくらいしっかりしていたり 自分が大人になった時の目標のある子供はぶれないんですけれど 中学生では大体は無理ですね。 ほとんどの親も子も初めての経験で 受験が不安なのだけれど 「あなたの成績では…」とか 「やりたい部活が…」とかで 担任の話とそこそこの希望で決まってしまってる気がします。

 そんな 近所のお母さんとは気楽に話せない不満を とりあえず 美味しいランチと一緒にはきだしたAちゃんは とてもいい笑顔で帰っていきました。
期末テストが終わると 三者面談で また苦しくなるけどね。


 日本のお受験。 諸外国みたいに大学受験が目標じゃなくて 日頃の成績の結果で行ける学校を自動的に選択してくれるシステムにしたら もっと楽しい学生らしい勉強もできるし部活も出来るんじゃないのかな?と ずっと思っていますが ますます 悪い方向にいってるのかな?

|

« 7月になりましたが…。 | トップページ | ドラマなのに… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親御さんには、気苦労するけどね~、本人さんはもっと、悩んでるかも~? でも、誰もが、一回は、通るみち~。

投稿: マー坊 | 2014年7月 4日 (金) 16時28分

マー坊 様。
コメントありがとうございます。
確かに 本人が本当は一番苦しいよね~。
中学生になるといきなり自分に順位が付いて
成績や運動能力でランク付けされるんだから複雑だろうと思います。
子育てが終わった年代になると なぜだかそんな受験戦争で追い立てられても 
人生なるようにしかならないという現実が見えてきますが…。
それじゃ気付くのが遅すぎる~って
だね(笑)

投稿: うっちゃん | 2014年7月 4日 (金) 17時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチ:

« 7月になりましたが…。 | トップページ | ドラマなのに… »