« 連休…四方山話 | トップページ | お船祭り その2 »

2014年9月30日 (火)

お船祭り

 安曇野には ちょっと不思議なお祭りがあります。

 
 「御(お)船祭り」です。



Img_6668
               クリックすると大きくなります。↑



 「山国の信州に お船のお祭りがあるの?」って思うでしょ。
その由来は 昔、むかし 安曇族が…云々という 長い長いお話が始まってしまいます。

なので とっても短く まとめますと 
北九州の安曇氏の祖神 海神の綿津見命(わたつみのみこと)を祭っているのが穂高神社であります。 上高地の明神池には 穂高神社の奥社があります。


 663年白村江の戦いで戦死された「安曇比羅夫命(あずみひらふのみこと)」
の命日であると伝えられる 9月27日 「御船祭り」が 行われます。


 このお船祭りの紹介文を 安曇野市のHPから引用させていただきました。


 穂高神社の御船祭りには、大小5隻のお船が登場します。
2隻は高さ6メートル長さ12メートルにもなる「大人船」と呼ばれるお船で、もう3隻は大人船より一回り小さな「子供船」と呼ばれるお船です。

 お船はそれぞれ、歴史上の名場面や人物を表現した人形などで飾り付けられていています。
一見すると頑丈な船のイメージと違った華やかな外見です。
ところが船体の中心部分は、がっしりと太い木で組まれています。
ここには笛や太鼓、鐘などのお囃子(はやし)の青年たちが乗ります。

 5隻のお船は、各町内を回って穂高神社に集まります。祭りのクライマックスには、神社の境内で大人船2隻が、その船体を豪快にぶつけ合います。
 船と船が荒々しくぶつかり合っても、山車の内部では揺れに耐えながら、お囃子の青年たちが演奏を続けます。
まるで海の戦いに挑む、武者の血をかきたてるような祭りです。



 
Img_6685_2                  

 クリックすると大きくなります。↑↓


Img_6694_2


 この正面の拝殿の周りで 船とよばれる山車が引き回されるのです。



Img_6701

Img_6705

 「子供船」の一台目が 入っていきました。 船の上でお囃子を演奏しているのは こんなに可愛い少年たちです。


Img_6721

 たくさんの人の協力で 境内に飾られます。



Img_6724

 2台目も「子供船」がやって来ましたよ。 お囃子の音が近づいてきます。


Img_6728

 こちらは 山車の裏側なのですが 大漁旗のような模様が見えます。
お船の前に見える綺麗な布地は 女の子の着物です。 一台目の船には男子の青い着物が同じように飾られていましたよ。


Img_6734

  次は 少し大きな「大人船」が入ってきました。 やっぱり大人船は迫力があります。


Img_6741

Img_6754

 写真の1枚目とこの勇ましい武者の船が「大人船」です。 
どの船にもストーリーがあるのです。 この船は「高松城の水攻め」というタイトルで 秀吉が毛利を攻める時に云々という立て看板が中央に飾ってありました。
この後 この2隻が 戦うのですが その前にお祭りの神事が開かれています。


 神楽殿では 巫女さんが神楽舞いを踊り、穂高清流太鼓が披露されました。



Img_6817

Img_6867

 穂高の若者たち。 頑張ってるよね。 どの子も 格好いい



 そうこうしているうちに 拝殿では式典が始まり その後にはいよいよ 御船祭りのクライマックスですよ。

って、ψ(`∇´)ψ ψ(`∇´)ψ ψ(`∇´)ψ

 続きは また明日だよ。(o^0^o)/

|

« 連休…四方山話 | トップページ | お船祭り その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何時も、興味深く拝見しております。
長野県出身者ですが、この祭事も知りませんでした。
大変参考になりました。

投稿: 脳活マン | 2014年9月30日 (火) 08時36分

能活マン 様。
そうでしょう?
地元では有名ですが 何しろ他のお祭りと違って年に一度の神事なので
観光用ではないので(と言っても観光客はいっぱいですが)
土日・祝日に当たらない年も多く 町中の山車を引き回す地区の人以外では 
私のように見学者になるわけで毎年必ず見に行くかというと… o(_ _)oペコッ です。
でも 真近で見ると やっぱり迫力が…

投稿: うっちゃん | 2014年9月30日 (火) 10時53分

は~い、よしりんこです。私も長野県在住なのにお船祭りの名前は知ってても一度も見たことがありません。車乗れないので電車だと乗り換えが多いのでつい億劫になってしまいます。これから紅葉の時期なので近場で間に合わせようかなと思っています。御嶽山の爆発怖いですね。うっかり山に紅葉見に行けなくなっちゃう。風邪ひかないようにね

投稿: よしりんこ | 2014年9月30日 (火) 13時17分

そっか
今年も、御船祭の時期になっていたんですね・・・
古い友達の、親戚の方が、穂高に住んでいて
「一度観においで」なんて誘われたのに
つい々、行けず仕舞いで、何十年も経ってしまい、
現在、お元気でいらっしゃるかさえ、解らない状態です。

この記事を拝見させて頂いて、そんな事を思い出させて
頂き、機会が有ったら一度は、観て見たいと思ってます。

しかし、勇壮なお祭りで、子供達頑張ってる様子が
心打たれます。

この伝統行事を、孫末代まで伝えていって頂きたいですね


投稿: 中年ライダー | 2014年9月30日 (火) 16時35分

 よしりんこ 様。
そうですよ。
これからの季節 長野県内どこにいても 紅葉がステキです。
色々名所を回るより自分のうちのもみじが一番キレイだってこともあります(笑)
秋が駆け足で過ぎて行きそうです。近場で楽しみましょう(私もです)
御嶽山これからどうなるんでしょうね。せっかくの紅葉が悲しい思い出になってしまって残念ですね。

投稿: うっちゃん | 2014年9月30日 (火) 19時12分

 中年ライダー 様。
穂高に住んでいても同じですよ。
日本中に楽しそうなお祭りがいっぱいありますが 日時的金銭的仲間的…いろんな要素が揃わないと
サァ行こう!とはいかないのね。
私などは国民年金をもらえる年齢になったとしても きっと生活苦になりそうです。 
老後は自由気ままになんて若い頃は思っていましたが 現実は全然違う時代になってきていますね
そんな世知辛い時代でも 子供たちには大いなる夢をみてほしいし
過去の伝統もお祭りなどで楽しんでほしいですね。

投稿: うっちゃん | 2014年9月30日 (火) 19時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お船祭り:

« 連休…四方山話 | トップページ | お船祭り その2 »