« 塩田平を歩いてみました。 その1 | トップページ | 塩田平を歩いてみました。 その3 »

2014年10月31日 (金)

塩田平を歩いてみました。 その2

 塩野平は 山に囲まれています。 
歩いている途中にずっと見えていた 綺麗な円錐形の山。

Img_8248
                クリックすると大きくなります。↑

 名前は何ていうんだろう?と MAPをよく眺めてみたら 「女神岳(927m)」を見つけました。 名前からしてピッタリです。 方向的にも、他に高い山がないというのもこの山に違いない確信が…。

 でも これから向かうのは 独鈷山(どくこさん)の方向です。

Img_8285
                クリックすると大きくなります。↑

 後ろに見えるギザギザのとんがり山が 独鈷山(1266m)です。

Img_8297

 
 シャトルバスがこの沿線を走っていると 地図には書かれていますし バス停もあちこちに見かけるんですが まだ バスには出会っていません。 本数が少ないからね(笑)


Img_8305

 とか思っていると 独鈷山登山口まで 着いてしまいました。 

 我が家の周りの森の上り坂の方が キツイかも(笑) 綺麗な風景で楽しんで歩けます。
登山者はここから 山に登るんですけれど 私はお隣の 中禅寺へ行きますよ。



Img_8310
               クリックすると大きくなります。↑

 わぁお、中禅寺の入り口の真正面に独鈷山のてっぺんが見えますね。


Img_8328
               クリックすると大きくなります。↑


 この中禅寺の薬師堂は 中部日本最古の木造建築物と言われ 本尊の薬師如来像、神将像とも国の重要文化財に指定されているそうです。



Img_8343
               クリックすると大きくなります。↑

 とても美しい庭園があります。 他のお寺とはちょっと 違う風情があるんです。


Img_8349


 枯山水のお庭を信州のこんな山の中で 見られるとは思いませんでした。
ゆっくりしたいなぁ~と思える静けさです。
そんな時 受付を兼ねている入り口隣の茶店のオバサンたちが 
 「お茶をどうぞ~。」と 誘ってくれました。
もちろん 無料のお茶のサービスです。(嬉しい

 暖かいほうじ茶が いっぱい歩いた後の体に 美味しかったです。
 「お土産用のお漬物の試食もどうぞ!」と ピリ辛のキュウリや辛子味噌も出してくださいました。 ありがとうございました。

 いいなぁ~。 塩野平。 安曇野に住まなかったら 私上田か塩田平に住みたいわぁ。


 一休みした後は すぐ近くの 塩野神社に寄ってみます。
予備知識もなく 神社というだけで 足が向いてしまう私なんですが この塩野神社に感動しました。


Img_8352

 杉並木を誘われるように 入っていくと その神社は 私の知っている神社とは全く違う面持ちでした。


Img_8358
               クリックすると大きくなります。↑

 手前に見えているのは 一之鳥居だそうです。 
弐之鳥居は先ほど歩いてきた 独鈷山の入り口にある鳥居なのだそうです。
この神社では 流鏑馬があって 一之鳥居から弐之鳥居までの参道で行われるそうです。
すごいね。
 
 あ、さっき  神社大好きの私は そんな深い意味は知らずに 「あれ、こんな所に鳥居がある。」と 何気に その鳥居を写していたのでした。 

Img_8306

 Img_8360
               クリックすると大きくなります。↑

 これは「神橋」。 塩野川をこの神橋を渡って 奥に見える本殿に参拝が出来ます。


Img_8361
 
              クリックすると大きくなります。↑ 

            
 安曇野の満願寺には この神橋とよく似た発想の 橋を渡ることによって人間界から天界へ行けるという微妙橋がかかっています。 橋を渡ってみて なんだか不思議な気分です。

 神社では 初めてだったので かなり興奮、感激しました。 
静かで誰もいない神社は なぜかホッとして 清められたような気がします。

また長くなってしまったので 続きは明日。 明日こそ、きっと前山寺だよ。ヽ(´▽`)/

|

« 塩田平を歩いてみました。 その1 | トップページ | 塩田平を歩いてみました。 その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おもしろいな~
女神岳と独鈷山全然山の形が違うんだね。

中禅寺の薬師堂の屋根、重厚な茅葺で
歴史を感じさせてくれますな~

塩野神社の、杉並木が何か誘われますね。
仏様で無く、神様を祭ってあるから
何と無く、お寺とは雰囲気が違いますよね。

前山寺は、今年9月に行って来ました。

続き楽しみにしてます。

投稿: 中年ライダー | 2014年10月31日 (金) 20時52分

こんばんは。塩田平って信州の鎌倉って言われてるんですね。日本は広い!いいとこいっぱいだけど知らないとこが多いですね。(* ̄0 ̄)ノシラナカッタ!
微妙橋Σ(゚д゚lll)コワッ!
やましい心がありますので渡れませーん
( ´艸`)プププ

投稿: mitakeya | 2014年10月31日 (金) 20時57分

中年ライダー 様。
いい間隔にお寺と神社が存在しているんですね。
色々見て回ると日本にはあらゆる国の食べ物が日本風に
アレンジされて当たり前にみんなに食されているように
神仏キリスト、イスラムなんとか宗教まで いろんなタイプの
神社仏閣や教会がごく普通にどんな田舎にでも存在していますね。
違和感がないのが不思議ですけど。
日本人は何でも上手に受け入れてしまうことが出来るんですかね~?

投稿: うっちゃん | 2014年10月31日 (金) 22時37分

 mitakeya 様。
名は体を表すって言いますよね。
確かに舌喰池も微妙橋もなんだか不気味です。
どうせならもう少し夢のある名前にしたらいいのにと思ってしまいますけど
人々に対する戒めも含んでいるのかな?とも思えますね。
先人の考えていることは奥が深いのです。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

投稿: うっちゃん | 2014年10月31日 (金) 22時52分

塩野神社・・・1人ではいけそうもありません。
三重県のパールロードの中ほどにある神社に
行った時にチョット怖い経験をしたので・・・。
車族の私は長野に良く行きましたが、ここは
知りませんでした。今度チャンスがあったら
探してみます。

投稿: マーチャン | 2014年11月 1日 (土) 09時08分

マーチャン 様。

歩いて約6時間。
車ならお寺や神社は500m位しか離れていないので簡単に見て回れますよ。
神社やお寺は人間の最終的思想の極みだと思うので 
行くか行かないかは自分の選択でいいんじゃないかなと思います。
何かを感じる方は何処にいても感じると言いますしね。私の知り合いにもいます。
私はどこでも素敵に感じてしまうんですが(鈍いですから)

車をどこかに駐車して、いざ歩こうと思うと出発した場所に
必ず元の場所に帰らなくてはならないので 私の場合は 
大体同じ道ではなくて一周できるコースを選ぶようにしています。
今回のように自力で歩くしかない6時間。 
ついつい自分を甘やかしてしまう日々にいい刺激でした。
一方方向だけ見ればよかったので歩きやすかったですし…。 

投稿: うっちゃん | 2014年11月 1日 (土) 11時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩田平を歩いてみました。 その2:

« 塩田平を歩いてみました。 その1 | トップページ | 塩田平を歩いてみました。 その3 »