« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月23日 (火)

捕まった!

 朝7時過ぎ 電話が鳴りました。

 「はい、え? 捕まった! はい、行きます。」

いつもなら 朝一番の電話には 不機嫌なことが多いダンナなんですが 今回はなんだか嬉しそうですよ。


 「罠にかかってるってさ。 8時半に現地集合だって ちょっと後で行ってくるよ。」
 「猪?」
 「うん、おれの仕掛けた初罠だから 緊張するなぁ。」



1


  勢い勇んで 出かけたダンナが 送ってきた写真が この一枚です。
うん、うん。 確かに イノシシだな。 思ったよりも目が綺麗。

 体重が50kgくらいの若い雌で なんと2個の罠にかかっていたそうです。
足に一つの罠だって きっと痛いだろうのに 口にも罠がかかっていて 先輩オジサン猟師たちも 「こんなのは初めてだよ」と言っていたそうです。
周辺の畑の荒らされ方はとても酷くて 他にもっと大きな足跡もあって まだ数匹はいるようです。
週末に猪が出ているという情報で メグタも時々お散歩する山沿いの畑の奥に 罠を仕掛けると出掛けたのが 先週の金曜日のこと。
数日間大雨が続いたので 人間の気配と匂いが消えただろうと話をしてた頃 捕まったんです。

  

猪突猛進と言われていますが 猪はとても賢い動物なんだそうですよ。
山では取るか取られるか…知恵比べをしないと逃げられてしまうそうです。
罠も銃も 可哀想だとは思いますが 農家の方々には死活問題なので云々とキレイごとの能書きを並べていても 動物は待っていてくれません。
森からは 猿、クマ、猪、キツネ、鹿、てん…
山の獣が下りてきてしまいます。



Photo


 今年ハンター試験を無事通過出来たのと平行して 猟友会の諸先輩たちから 銃を譲っていただいたり 保管用のロッカーを頂いたりしました。 
ハンターになる為には 銃器を取り扱うので メンタルが正常でなくてはいけません。
医師の診断も必要ですし 警察の家庭訪問、近所の聞き込みもありました。
それくらい慎重に確認を繰り返して ハンターの誕生なんですね。
手取り足取り 猟友会の方々が射撃のコツを練習場で指導してくれるそうですが 70代や80代のベテランには 全然かなわないそうです。


 萩原さんは80歳になるそうですが お爺さんと呼ぶのも失礼なほどの勇姿ですよね。(笑)
一の沢の重鎮といわれる大ベテランの猟師さんです。
手に持っている白い物は イノシシの胆(きも)ですって。
熊の胆にも負けないくらいの効能があるそうで これをこれから半年以上も干すんだそうですが…実物を見た事のない私は漠然とした想像でしか説明できませんので悪しからず。



 そうして 畑を荒らしまわって 大きくなってきた山芋をそっくり食べてしまったいのしし
我が家へも おすそ分けされてやってきました。



 命の大切さに感謝して きちんと最後まで食べようと思います。



Photo_2


 今年の春は早かったので すぐ裏道にまで下りてきてしまったのはニホンカモシカです。


 小さくて分かりにくいけれど この写真をズームしてみると…ψ(`∇´)ψ



_edited1


 ぼんやり素敵な絵画のようなニホンカモシカが ちゃんとこっちを見ているでしょう?
大きな体でも とっても穏やかな動物なので 目があってしまっても大丈夫です。
こっちが見ている間は じいっと静かに見ていてくれますが こちらが視線を外すと すっと風のように姿を隠してしまいます。 めったに出会えることなんてないので 出会えたらラッキーな動物です。




 ハンターさんの中には イノシシの赤ちゃんのウリ坊を飼っている人も いるんですよ。
クリっとした目が なんだか愛嬌満点。 可愛いんですがね~。

 イノシシとも猿とも 人間は共存は無理な気がしますね。




21  


Burogu

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

最近は 心配なことが 多すぎる

 

 浅間山が小規模な噴火をしましたね。 

今年になってから 箱根、口永良部、白根山と 次々に各地で噴火が起こっています。

 元々 浅間山は活火山ですから 鹿児島の桜島同様に いつでも噴火の起こりうる山なのですが なぜ今なのか…噴火も地震も集中して発生していますね。
浅間山の地元のお年寄りは 昭和の大きな噴火を何回も経験されている方も たくさんおられると思われます。
 以前このブログでも書きましたが 膝の手術で佐久市に入院していた事が ありました。
その病院の窓から見える浅間山は 穏やかで優しい姿だったのですが その時でさえ火口では規制が張られていたと思います。

 リハビリに集まって来るお年寄りの患者さんたちの「浅間山の噴火話」は一種の逸話の自慢話に聞こえてきそうなほど 明るく楽しげで 地元ならではの共通の大事件だから 当時 入院患者さんのいろんな方から 大正、昭和と渡る子彼女たちの供時代から現代に至るまでの大変な経験話を 何度もうかがいました。
あの時は 過去の話としてちょっと遠いイメージで聞いていたのですが 今ならすぐ隣の火山ですから 心配ですね。

 元気なお年寄りの皆さま方は どうなされているでしょうか?


Img_4714
              浅間山ではありませんよ。

 


 感染症も怖いですね。 昨年の夏に突然 騒がれ始めたデング熱。
今年は もっと死亡率の高いコロナウイルスが韓国で 広がっています。 
隔離の必要のあった日本人の親子が すでに韓国から帰国していたという話も流れています。 壁際防止策はアウトかセーフか この先が心配です。
エボラウイルスのように 有効な治療薬が一日も早く見つかってほしいですね。



Img_4711


 大自然の驚異も 大いなる不安ですが もっと日々不安を感じるのは 今期中に決めてしまおうとしている違憲の安保法案の行方です。
国民の大半が疑問に思っている原発の再稼働や沖縄の基地問題も 有無を言わさず推し進めて行かれそうです。 
憲法改正にしても原発問題にしても 全国民に公表するだけじゃなく 国民投票で審議した上で決める必要性がある重大問題が山積み国会なのに 選択肢の中にNO!(改正しない)という基本的な部分が いつの間にかなくなっていることが 怖いです。


 その上 年金情報の流出問題。 
膨大な数の情報が悪意ある誰かが送り込んだウイルスによって 別の第三者を通して 何処かに流出するって…  
アナログ頭の私の知識では 国の責任で提出させられた全成人の情報が 完璧なセキュリティーで守られていなくてはならないと 思っています。
以前にも年金の不祥事があやふやのまま 現在の年金制度が始まったのに また~ぁ?という不信感がぬぐえません。
当時の消えてしまった年金が支給時期の延長や金額の減少に 影響していると思うと今回だって いつの間にか「なかったことに、なかったことに~」と 少国民が泣き寝入りの構図が 見え隠れするのは 私ばかりでしょうか




Img_4692


 お天気もすぐれず 楽しい話題も少ない6月は なんだか気分も体調も 曇りがち。
2015年は 「バック トゥー ザ フューチャー 2」の未来版の 年なんですって。
リモコンで操作できる大きなTVや 自動ドアなど 映画中の未来都市と重なる部分も 実際の2015年にもありますが 当時 ごく普通に誰でも思い描いた明るい未来の想像とは違う時代の流れも見えてきて 毎日の数分のこま切れのニュースで もやもやする重い気分にさせられます。


 ん? 私だけ? ならいいけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

逃亡犬

 いつものお散歩道を歩いていると 遠くに何かが走り去って行くのが ちらりと見えた気がしました。
 「~? なんかいたよね?」
 「ふん、ふん?」(メグタの鼻息)

 メグタもしきりにあちこちの においを嗅ぎまわっています。

 家から500mくらいも下った別荘地のはずれで

 「やっぱり~!!」 いた、いた。


 「いぶき~!」
 「わん!」
 そうなの。 ご近所のワンコのいぶきくん。 
思いがけず 私に大きな声で名前を呼ばれて 思わず「わん」と 返事しちゃったっていう感じ…かな。


 これから私とメグタは 森から出て水田コースを歩こうと考えていたんですが ここで逃亡中のいぶきを放置して出掛けるわけにはいきませんよね。
なぜって いぶきは たぶん お散歩中に逃げ出したんじゃなくて 庭につないであった状態を上手に首輪抜けして 逃げ出したんだと思われるんです。
だってすっぽりと首輪がついていないんだもん。
首輪は首の太いワンコには危険です。 メグタには絶対不向き。

 森を出ると山麓線を渡るので  そこそこの交通量の車が走っているし ご近所のワンコたちはほとんど森の中や原っぱで出会うんですが いぶきメグタと同じ水田コースでも出会っているので ついて来る可能性が高いと 思ったのです。
そこで迷子は
 やばいもんね。



 メグタいぶき。 
 どちらかというと戦友的仲間。
今日は紐でつながれていないいぶきの方が 有利です。
私たちの周りをグルグル回って なんか笑っている~よね。
 しばらく ワンワンやりあって 落ち着いたので お家まで連れて行く事にしました。

並んで歩くのではないんですね。 つかず離れず…。
 

 

Img_4625



 見てみて。 この~的な自由を満喫してる歩き方でしょ(笑)
 
 家の近くまで来ると いぶきは またまた逃走モードを発信中ψ(`∇´)ψ



 お留守
かな~と思ったら 来客中で 

 「いぶきが逃亡中だよぉ~!」と声をかけると 合図みたいに庭を走り出すいぶき
わかってて 走ってる気がするなぁ。 確信犯だ(笑)
 で、ふつうに大騒ぎになりました。 



Img_2787


 普段は こんなに可愛いんですがね~。



 その数日前 メグタも逃亡したんですよ。 こちらはもっとたちが悪くて お散歩中のことです。



Img_4605


 これは大きくズームしてあるので 実際はこんな感じ。



Img_4606


 メグタは鼻がとても効くので 私には感じない野生動物のにおいが 脳を刺激する瞬間があるようで その時も突発的に飛び跳ねたんです。
ほとんどの場合は ウエストポーチにつないで その紐を手に持って歩いているので暴走は防げるのですが  飛び跳ねた拍子にポーチの金具が外れて ポーチを引きずって猛ダッシュされてしまいました。 
その 早いこと。   
ラッキー~ってか?
ポーチは側に落ちていましたが こうなった時のメグタは手におえる訳がありませんよね ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 幸い 原っぱでは 牧草を刈る作業をしていて機械の音の嫌いなメグタは 森方向へ走ってくれました。
ここからは根競べだよ。 追いかければ追いかけるだけ 逃げるのは動物の本能なんでしょうかね。
私も土手に腰を下ろして 知らんぷりすることにしました。 
ワンコってなぜか無視されるのが大嫌いですよね。 
頃合いを見計らって 森に入ると何事もなかったように メグタが近づいてきて無事確保。
なんだよ~? ごめんっていいなさいよぉ。

 まぁ、今回は どこからも ワンワン鳴き声がしなかったから 他の誰かには迷惑をかけなかった様子で ちょっと一安心ですけど…。
逃亡者には 困ったもんだ~です。



Img_4635



 前記のいぶきは 連れて行ってあげたものの 庭を走り回ったあげく 近くの建築現場の車を追いかけて再度 姿をくらませて逃亡してしまったんですが 夕方ちゃんと自分からご帰宅したようです。
やっぱりワンコだって 我が家が一番…なのかも(笑)


Img_4608

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

6月はバラの香り

 6月になってしまいましたね。 
今日(1日)は 安曇野市の気温が なんと長野県一の暑さだったんだそうですよ。
毎日 真夏のような30度越えの日々が続いていますね。 
インドでは 45度という想像も出来ない暑さの日々が続き 熱中症で沢山の方が亡くなっているそうです。
信じられない話ですが 数年後には 「そうそう、今じゃ普通よね~。」
なんてそれが当たり前の話になっていたら 怖いよね~。

 全国的にバラ園の 美しい 映像がニュースで映し出されています。
私もちょっと足を伸ばして 美しい薔薇を楽しんできました。


 

Img_4495


 ここは 安曇野市の豊科近代美術館のバラ園です。 
今年5月初旬、合併後に新しく完成、オープンした安曇野市役所の本庁舎



Img_4483

 そのすぐお隣に建っているのが 近代美術館です。

Img_4488_2


 5月30日(土曜日)から6月7日(日曜日)まで 第15回バラ祭りが 開催されていますよ。



Img_4498

 今年は 気温が高いので 薔薇の開花が早いみたいです。
この写真はバラ祭りの前日に出掛けて写したものですが 高温で雨がほとんど降っていないので 一番の見ごろのように見えますが 会場を見学されていた薔薇好きのご婦人が申すのには
 「首が垂れている大輪が多いのは 水分が足りないからよ。 
夕立が来れば この薔薇たちが もっといっせいに香るのにね~。」なのだそうです。

 十分 いい香りなんですけどね~。(笑)


Img_4516


 この日は 老人会のお年寄りたちが 「まぁ綺麗。綺麗!」と 口々に歓声が上がって 嬉しそうでしたよ。


Img_4505

Img_4525_2


Img_4528

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »