« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

紫陽花色の不安

 梅雨入りという言葉が 似合わない今年の6月。
水不足の心配もされる都心の 水源地には雨は降らず 九州・西日本ばかりに「記録的な大雨」が集中しています。

 といっても 6月は 紫陽花の季節。
安曇野でも ひっそりと咲き始めましたよ。 
不思議なもので この花を眺めていると なぜか心が落ち着きます。



Img_0016


Img_0020


 質素でつつましやかだけれど 凛としている、そんな姿が日本人の生き方の根底にあるものに似ているのかもしれません。
いろんな色に変わるのも 移り気とか言われますが 夢見ているようで可愛いんですよね。






Img_3479


 先日 思いがけず 「貞享義民記念館(ていきょうぎみんかん)」という安曇野市の博物館に立ち寄ってみました。
ここは 日本全国山ほどある博物館や郷土資料館の中でも かなり珍しい百姓一揆の記念館です。
 義民って…?


 1686年(貞享) 今から420年前の江戸時代のこと。 
 当時の松本藩主は 水野忠直公。
 松本藩の年貢の取り立ては厳しく 近領で米
二斗五升挽のところ 三斗挽を取りたてら
れていたが この年は不作の上に さらに困窮極み無い三斗四・五升挽を厳命された。
 過酷な年貢に苦しむ農民を救おうと 庄屋の多賀加助他の同志が 訴状をしたため奉行へ訴え出た。 
 これを伝え聞いた村々の農民たちが 鍬鋤を手に一気に城下に集まり 万余に及んだという。
  
  *これが世にいう百姓一揆です。*


 困惑した藩は 一揆を収めるために願いを聞き届ける旨の覚え書を出し農民の大半は村に引き上げた。
が、加助ら同志と百数十名の農民は二斗五升挽と証文を求めて留まっていた
  家老らは騒動が長引くことと江戸表への直訴を恐れて 聞き届ける旨の家老連判覚書を出して騒動まらせ

 喜び勇んで帰宅した加助らを待ち受けていたのは…
shock



 藩は 渡した覚書を返上させ 騒動の首謀者として加助らを投獄し 安曇と筑摩の2ヵ所の刑場で磔(はりつけ)8人、獄門(ごくもん)20人という極刑に処された。



Img_3484

Img_3487



 そんな 物語を上映してくれます。 

 今のように安定した水源を自由に利用できる時代ではなかった山国の信州の農民たちは
米が十分に作られるような土地ではなかったと思われますし、貧しい土地でも育つ蕎麦が今でも名物になっているのですから 日照り・干ばつなどで 日々苦しんでいた事が想像できます。
今も 美しく現存されている松本城の姿は 農民のちと涙で出来ていたなんて…crying 
420年前の役人たちの二枚舌は 今の政治家にも似ていて 苦しくて不安になります。



Img_3499
                       多田加助座像


Img_3472
                       貞享義民社

    Img_3539_2                 
                        多田加助宅跡   




 直訴をすれば自分の命も家族の命も危険。
 
こんなにも国民のことを考えてくれている政治家は 現代にはいないのかもしれません。

 選挙の時期になると 不安になります。




Img_3574



 多数決の怖さが 毎回感じられます。

イギリスの国民投票が その一例です。
この安曇野市の合併も 僅差で合意されてしまいました。 
僅差では 約半分の人々の不満が 当然のことながら心に残りますよね。


 紫陽花の花のように 心を和ませながら変わって行けるのならいいのにと 思います。

 何が何でもゴリ押しの 今のやり方は危険な気がして 不安が増します。
当然選挙には行こうと思いますが 事後報告のオブラートに包まった言葉が 怖くてたまりません。 
権力を持とうとする人は、持った人は 上からの声は行き届いていても 下々の声を聞いていますか?


       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

ブッシュマンに思う

 

6月15日。(水曜日)

 穂高公民館主催の 講演会に出かけてきました。
このテーマに 最初に興味をそそられたのは ダンナの方でした。
広報のお知らせを けっこう細目にチェックしているんですよ。

 「あ、ブッシュマンの講演会いつだったっけ?」

 なんて話している時に 本当にまったく偶然に お散歩中の田中さんに出会いました。
ダンナは急いで窓を開けて

「おはようございます! もう講演会終わっちゃいましたか~?」
「おはようございます。 今日なんですよ。」
「今日でしたか? 頑張ってください。」
「はい。」

 そうなんです。 
今日の講演会の講師は ご近所のメグタのお散歩仲間の田中さんなのです。
こちらにお引っ越しされていらしてから 犬同士がワンワンいいあうので 声を掛け合う程度のお知り合いになっていました。


 以前 ダンナが大学の先生だったらしい情報を 話していましたが ここは穂高町時代に山麓沿いの森の中を 別荘地にして売り出す時に ○○学者村という名称をつけているほどなので 別荘地の中には実際にたくさんの学者と言われる先生方が 保養に来られています。
 すぐ近くにも 静岡大学の先生などが 毎年避暑に来られていて ご挨拶程度の知り合いになったりもしていたので ごく普通、お気楽に 「おはようございます!」やら 「こんにちは!!」やら…ですよ(笑)

 ダンナはサッカーの練習日なので夕方のこういう講習会と重なってしまうので 残念ながら参加することができません。
なので 森の中で犬とお散歩中に バッタリ出会って 愛犬の可愛いチワワが メグタに吠えられても にっこりと笑って下さるステキな お父さんの田中さんが 京都大学の名誉教授の超有名人とは露知らず…(いつもメグタ共々失礼しています。)
「ほほ~い!」 能天気の私が こっそり参加することに決めました。



Img_3446
                 「アフリカのブッシュマンに 学ぶ」 
             講師 人類学者 京大名誉教授 田中二郎さん




 ブッシュマンと言えば もうずっと前に 面白い映画を見た事がありました。 
空からガラス瓶が落ちてきたんです。
広い平原のブッシュマンの住む場所にです。 
その瓶を口に当てて ボォ~って吹くのがとっても可笑しかったのを 覚えています。



 Img_3438
 

 このスライドのブッシュマンの写真は 1966年に北大の研究グループに便乗されて 初めてブッシュマンの住むボツワナに出かけた時のものだそうです。
 カラハリ砂漠は 夏は40度 冬はマイナス10度にもなる高度1100mの半サバンナ気候だそうです。


 この時のスライドが ちょうど私の記憶にある映画の中のブッシュマンの暮らしぶりと重なる いわゆる 狩猟をしながら移動する原始のブッシュマンです。
 力強く、明るい顔をしたブッシュマンの家族たち。
日々の暮らしは厳しいけれど 今の日本では失われてしまった物やお金では買えない人間本来の笑顔が こぼれています。




Img_3444



Img_3439


 この頃のお話をされる田中先生は とても嬉しそうで楽しそうでした。
キリンやトビウサギの狩猟に同行した20代の先生は きっと瞳をキラキラさせて カメラを構えていたんだろうと思ってしまいました。



 ところが1980年代になると アフリカでは 大飢饉が起こりましたよね。
ブッシュマンの暮らしにも 例外ではなく 救助物資のトウモロコシの粉が配給されるようになりました。
1997年には 国立公園内にある居住区は 強制撤去になったそうです。


 配給、牛の支給 井戸の周囲にはたくさんの家、畑で作物作り、病院らしき施設。
移動民族のブッシュマンの暮らしが いきなり便利な文明という大きなものに包まれてしまったのです。
年300日 雨の降らない地域の水、水がいつでも手に入るというのは 夢のような幸せだと思います。 

狩りの生活が放牧に これもまた 人類が長い時間をかけて手に入れたものです。
田中先生が 訪れた60年代からたった30年で激変です。


 2010年に訪れた時には お年寄りには国から年金が支給されるようになっていました。
お金の価値がわかったら 人々の暮らしは急変することでしょう。
年金を支給したくない日本の政治家とは 真逆ですねぇ。
 学校ではボツアナ語と英語が公用語で ブッシュマン語は禁止なのだそうです。
自分たちの言葉がなくなるのは いつの時代にもあることだけれど 厳しいですよね。
方言として残すのは出来なかったのかな?
便利さを求めていくと 大切な何かが失われていくのでしょうか?
イヌイットのお話も近い物がありましたよね。
大きな病院も出来ました。 平均寿命が35~40歳といわれていたのも きっと改善されることでしょう。


 でも、地球がみんな同じようになることが 幸せなのか…?と 思ってしまうのは何故でしょう。
ブッシュマンは歴史を一気にタイムスリップして 文明の中に望んだわけでもなく引き込まれてしまいましたが、本心はどうなんでしょう?
複雑な思いがしました。 
 田中先生も50年で 今の若者は本当のブッシュマンの姿を知らない世代が増えたから もう昔の暮らしに引き返すことはできないだろうとおっしゃっていました。
ゼロを100にするのには抵抗は少ないだろうけれど 100をゼロにするのは まず無理ですもんね。


 地球の生物の99,9%は歴史上で絶滅しているんですって。
どんな危険だと分かっていても引き返す勇気のない人類は きっと絶滅動物になるでしょうと 締めくくっていました。
ブッシュマンの過去と現在を見聞きされているだけに 私の何百倍も複雑な思いでしょうね。
どこへ向かって進んで行くのか?
ここから先は 無知な私には SFXの映画の中の世界を想像するしか…です。



 長老は キリンを追いかける夢を今でも 見るんだろうか?
なんだか大切な宝物は そっとそのままにしておいた方が よかったのでは…。 



Img_3445
                       エランドの壁画

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

野辺山~清里

 天気予報では30度の予報が出ていました。
その上 夕方には雨マークも…。 降るか~? 夕立 sign02

 絵に描いたようなイメージ通りの野辺山の高原風景が広がっています。
キャベツでしょうか? レタスでしょうか?


Img_3333

                  クリックすると大きくなります。↑


 時刻はまだ10時過ぎ。 
標高1000mを越える高原の野辺山に吹く風は 涼しくて気持ちいです。

Img_3339


 
 私には 安曇野の山里の田舎道を歩くのとそんなに大差なく感じるのですが 初めての道を歩く時の犬の感じ方は違うようですよ。
まるでメグタは周囲から感じ取る気配を まるでパラボラアンテナが電波を受信するように体から感じ取っているようです。
それじゃ 疲れるでしょ! 
いつもは 水路で水分補給をしているメグタが 高原には水路がないので 休む度に水を欲しがり、一気に500ccのペットボトルを飲み切ってしまいそうな勢いでした。 
地面に近いから 暑いよね。



Img_3344

Img_3347


 ここが JR鉄道最高地点ですよ~。 標高1375m。
 わぁ~w(゚o゚)w ラッキー! 
小海線の(今は八ヶ岳高原線というんですよね)電車が運よく通り抜けていきました。
大糸線と同じで 30分に1本しか走らないからね。








Img_3352_2
                クリックすると大きくなります。↑




 野辺山から清里へ。 
距離にしてみると 10Km弱くらいでしょうか。 木立が大きいので 歩道には日陰が多いので助かります。
 数十台のバイクが気持ちよさそうに通り抜けていきます。 後は 車とすれ違うのみで…。 


 空は晴れているものの 八ヶ岳には雲がかかっていて 見えません。 残念~。
土曜日というのに 鳥の声だけが響く 時季外れの清里は 静かなリゾート地でした。

 以前はいつでも何処でも賑やかだった ペンションブームも過去の栄光のようです。







Img_3381
                      清里の森

Img_3373
                      清里の森の音楽堂。



 Img_3393                
                 クリックすると大きくなります。↑



 私の記憶の中にあるのは こんな清里の駅風景。(駅の裏側より)



Img_3400

 でも実際のところ 今は 日本中どこの駅も お洒落で綺麗になってますね。think



Img_3418


Img_3411



 駅前には蒸気機関車と なんだか無性に乗りたくなる可愛い電車型のバス



Img_3404

Img_3405_2


 ただいま高原電車通過中。 電車の音が好きなメグタのおかげで 電車と出会う機会が多いぞscissors

電車とはたくさん出会えたのに 歩いている人には駅前ですらほんの数人でした。
これが 夏休みになったら人ヒト、人になるとしたら 凄すぎる。


 とにかく 疲れた~。 
最後はメグタはへたり込んで 森の小道で 動かなくなっちゃうし。
ま、いいか! 森の木陰の涼しいから ダンナが下山して来るまで ひと休みしてました。





Img_3377_2


 「上はガスで何にも見えんかった。」
本日の八ヶ岳は雲の中でしたもんね。 ご苦労様。happy01


 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

野辺山から宇宙へ

 「今週の土曜日、八ヶ岳に歩荷のボランティアに行くけど 一緒に行くなら清里とかで降ろしてもいいよ。」

 「う~ん。 清里かぁ。 ちょっと考えてみる。」




Img_3421


 私にとって 清里のイメージは 若かりし頃の清里ユースホステルです。up(写真は昨日)
真冬のこたつ布団の寒さと 清泉寮の美味しかったソフトクリーム。
ああ、今思うと 楽しかったなぁ(笑)
あれから 30年以上も時間は流れました。

 「ユースってまだやってるのかな?」
 「どうだろうな?」



 うん、心はちょっぴり 「やっぱり行こうかな~」の方向へ 傾いて行きました。







Img_3301
                クリックすると大きくなります。↑


 でもどうせなら 今回は メグタも連れて歩ける所がいいなと考えて 「野辺山にしよう!」と決めました。



Img_3318
                 クリックすると大きくなります。↑


 野辺山と言ったら 絶対に行きたい場所がありました。
 それは 野辺山にある国立天文台です。
調べてみると いつでも自由見学が出来ると書かれていました。
これは またとないチャンスです。 v(≧∇≦)v
行かなくっちゃ~。



 ダンナに 国立天文台野辺山の受付の前で 降ろしてもらいました。
きっと 犬は立ち入り禁止と言われるだろうと思い 外に繋いでおこうと思ったら 受付であっさり「犬も一緒でいいですよ。」と 許可してくれました。
駄目なのは 犬じゃなくってスマホの電波なのだそうです。



Img_3309
                 クリックすると大きくなります。↑



 たくさんのパラボラアンテナが並んでいました。
ここには ミリ波観測と 太陽全体からくる電波の強度と偏波を観測する望遠鏡があるそうです。


 以前 「コンタクト」と言う映画の中で ジュディ・フォスター演じる天文学者が はるか宇宙からの交信が来る日を 毎日待ち続けていたのが 思い出されます。
こんな風に空を眺めていたら そう思う気がします。 それくらい宇宙が近いですよね、この場所は。confident



Img_3324
                 クリックすると大きくなります。↑



 こんなに青空の日でも この真上には星が輝いているわけで 24時間望遠鏡は宇宙を観測しているんですって。


Img_3336               
                  クリックすると大きくなります。↑


 この大きな望遠鏡は 45mの大きなパラボラアンテナで ミリ波観測では世界最大級なのだそうです。
野辺山の自然気候と山に囲まれて都会からの電波が遮断される地形が観測に適しているんですって。
すごいね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

6月の風は さわやか

 一年の半分だね~。 あっという間の 6月が始まってしまいました。



Img_3219
                 クリックすると大きくなります。↑




 今朝は 6月にしては珍しい霜注意報がでるくらい かなり肌寒い朝でした。
前日の30度近い気温との較差で 半袖から厚手のトレーナーを羽織らなくてはいけないくらいの違いです。


Img_3227



Img_3224



 GWが田植えの第1シーズンだとすると 第2シーズンの田植え用に水が張られています。 
ここ数日、空気も吹いている風も爽やかです。 
強い日差しは照りつけるものの 心地よい風の方が 勝っている感じです。



Img_3231
                      「まぶしいョshine  」



Img_0326
                         常念道祖神




 
そうそう、今年も 小鳥に郵便POST が…ψ(`∇´)ψ



Img_0049_egg


  親鳥がいない間にこっそりと 覗いてみると 今年はこんなにたくさんの卵が入っていましたよ。
このPOSTに 卵を産むようになって 今年で4年目です。 
1年目は全然気がつかなくて 小さな卵が郵便物でつぶされていました。
2年目からは 巣作りが始まった頃に 郵便物で潰されてしまわないように ダンボールで仮のPOSTを代用してみたんですが 雛が孵る所までには至らず 置き去りの卵が数個残されていたのです。

 今年は 私が「ほら!ほら!」と 写真を見せたりして あんまりブウブウ言うので 新しい郵便POSTを 作ってくれました。
郵便のお兄さんはダンボール箱のPOSTにちゃんと郵便物を入れてくれているのですが たまにくる宅急便のオジサンは段ボールに入れてとメッセージを貼ってあるのに 読みもしないでポイっと 入れていってしまうのです。
親鳥もびっくり、逃げるよね。


 でも、もう安心 だといいね。


 今年こそ…chickchickchickchickchick  pi
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »