« 紫陽花色の不安 | トップページ | 蓮池が涼しそう »

2016年7月 4日 (月)

7月の声

 雨が上がると 大きな声が聞こえます。
選挙カー? それも連日 大きな声を張り上げていますが そっちの話ではないですよ(笑)


 それは 美しいウグイスのさえずりです。
常識的には 春先に鳴くのですが 今年の5月は真夏並みの暑さが一気に来たので ウグイスの鳴き声を通り越して 蝉や山鳩、カッコウなどの夏の鳥がいっせいに鳴きだして…。
鳥たちの住み家が 移動してしまったのかと思っていました。
 雨が降り始めた6月末頃から 雨の合間に聞こえてきます。

 「ホ~ホケキョ。」

       「ホ~ホケキョ」



Photo



 野鳥の会のHPを見ていると 春先にこの「ホ~ホケキョ」、夏場は「ケキョケキョ」と鳴くのだそうですが 7月の声を聞いた今頃 この森のウグイスたちは やっと大きな声で 楽しそうにさえずり始めました。
 「ホ~ホケキョ、ホ~ホケキョ!」


 この歌声はなんだかとっても癒されます。

 梅雨前線は 日本列島を弓形にかかるので しとしと穏やかな長雨が続くのだと教えられた20世紀とは前線の形は 全然異なるようになって 雨の降り方も集中豪雨型になっていますね。 昨夜もかなりな量の雨量でした。
でも、ウグイスは 晴れてくると 他の鳥のさえずりと一緒に歌い始めます。





Img_0008




 そうそう、以前 このブログに書いたポストの中の卵たち。
どうやら 無事に巣立っていったようです。

 6月には ダンナがポストを忙しく出入りする親鳥を目撃してますし、メグタの散歩に出かける時には 雛たちの鳴く声も聞こえていましたから 今年は無事に孵化して大きく育っている確信がありましたから。


 そのポストから 気配がすっかりしなくなりました。
野鳥の会のHPでは 野鳥は普通 約2~3週間で巣立つと書かれていましたので 卵を見つけてから計算すると 巣立ちが終わったと考えてもいいですよね。


 我慢して7月になるまで待って ポストを覗いてみました。 

 中は 思った通り 空っぽ。 
殻も何事もなかったように綺麗に片付いていました。
巣立ちも潔い、大自然の摂理です。




 これは まったくの私の想像ですが あのウグイスたちが ポストから巣立ったヒナたちで
お礼に歌をうたってくれているんじゃないのかな~?と 秘かに考えています。





Img_3282
 
 

|

« 紫陽花色の不安 | トップページ | 蓮池が涼しそう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月の声:

« 紫陽花色の不安 | トップページ | 蓮池が涼しそう »