« 日帰りバスツアーに当たった | トップページ | バザーはスゴイ »

2016年10月 2日 (日)

季節が過ぎていく

 暦が変わって 10月になりました。


Img_1192_2
                 クリックすると大きくなります。↑

 来る日も来る日も 灰色の空と重たい雲に 重なる憂鬱な気分の日が多かった9月が
台風のニュースと共に 駆け抜けていきました。 日照時間の短さは 秋の野菜の収穫を脅かしますよね。 我が家の小さな菜園も 水浸しの日が多くて 春に植えたハーブたちが 黒ずんで根枯れしてしまいました。

Img_1260

 

 楽しい時間は 短く感じてしまいますね。 娘も帰ってしまい 忙しく時間に追われているみたい。



Img_1076


Img_1085
                ちひろ美術館
       


Img_1155

Img_1167


Img_1154
                 開智学校



Img_1201

 

 季節を味わう余裕もないので 「彼岸花」が咲いても「草競馬」のゆるりとした時間も 置き去りにしたまま 時が重なって行ってしまいます。

Img_1243

Img_1245  


 空気が秋の冷たさを 感じます。 上着を1枚 着込んで出かけます。


10月になったのだから もう お義母さんのことは終わりにしたいのに 群馬のお寺と話がつかない状態です。 義母が自分で建てたお墓です。 そこに眠りたいと思ったから 選んだんだと思ったから 最後はそこに納めてあげようと 安易に考えていました。 
が、どうも巧くいきません。 一度もかかわったことのないこの寺で お金の話を切り出されました。 実家が信徒だった私には お寺の内情はこの歳になっても 身近に経験がなかったので まったくわかりません。 
それは 常識なのかもしれませんが、お寺のお布施って べらぼうです。 
土地や家なら 購入後には 権利は購入者のものになるはずなのに お寺には権利を貸しただけと言われ 頭を抱えています。
こちらには どういう話でこの墓が建ったのかを 調べるすべがまったくないんです。
お墓がなければ 永代供養ということで 簡単に話がつくんですが すでにお墓が建ってしまっていますし…。 

  困っています~。 本気でお金のない老人だったんだもの、義母は。 
 お金のことは分割でいいという お寺なんか正直 信じられない。


Img_1259

|

« 日帰りバスツアーに当たった | トップページ | バザーはスゴイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

内容が詳しく分かりませんから、アドバイスができません。
お墓は 買うのではなく、お借りしているだけです。
すでに建っているのならご先祖様がお母様以外に
いらっしゃるって事でしょうか?。
我が家の実家の墓に父が入っていましたが、
母が私たちの傍に移したいと言うので移しました。
移動手続きにお寺に100余万円、新たなお寺に
永代供養料、墓石、魂入れ・・・色々出費しました。
そんなにお寺にかかるのなら・・・、
今は散骨や樹木葬が流行るわけです。

投稿: マーチャン | 2016年10月 2日 (日) 07時32分

マーチャン 様。
ありがとうございます。どちらにしても100万単位でかかるわけですね。厳しいですね。
嫁さんの私には詳しいいきさつは分からないのですが
ダンナが言うには以前はこの寺ではなく、お墓も義祖母が亡くなった後に 義母が自分で建てて分骨したということらしいです。
義祖父はもっと以前 義父も55年も前に亡くなっていますがどうやら分骨してあるらしいです。
近くに市営墓地霊園があるらしいのですがそちらに建てれば
こんなに高額な請求はこなかったんじゃと アドバイスされましたか 今さら…です。
お墓終りも この分骨の人数がけっこう高額でどうしたもんかと 頭が痛いんです。


投稿: うっちゃん | 2016年10月 2日 (日) 20時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節が過ぎていく:

« 日帰りバスツアーに当たった | トップページ | バザーはスゴイ »