« 岡谷を歩いてみたら | トップページ | 祭り・まつり »

2016年10月30日 (日)

岡谷を歩いてみたら その2

 

Img_1713



 岡谷市には 製糸工場跡だけではなく とっても素敵な建物があります。
 写真↑の 「イルフ童画館」です。


Img_1715



 日本の童画の王様といわれている武井武雄さんは ここ岡谷市出身なのだそうです。
たくさんの作品が常時展示されています。


   「誰?」って思うでしょ。 
若い方は知らないだろうけれど 以前は幼稚園や保育園の雑誌は キンダーブックコドモノクニという出版社が ほとんどでした。 キンダーブックなら見た記憶がありますよ。
 今でいったら 福音館とかでしょうかね?


20160909takei01


350_ehon_11544_2
108_2
 

 ちょっと 独特の雰囲気をもっているんですね。 なんかどこかで見た記憶もあるようなないような…。(笑)



Img_1714_2  


 特別展では こんな可愛い作品展も。


20160909isekai04
                  ヒグチ ユウコ さん


20160909isekai06
                  石黒 亜矢子 さん


 絵本の世界は いろいろな入り口がいっぱいです。 みんな キラキラ夢がいっぱいで 楽しくなりますね。

|

« 岡谷を歩いてみたら | トップページ | 祭り・まつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

見たことがあるようなないような……?
確かに、と~まも幼稚園の月間絵本は楽しみにしていました
出版社名までは記憶にないですが、安野光正さんの不思議絵なんかもそれで見たような気がします。今の大御所クラスの方々が描いておられたんでしょうかね~
若手の方の絵もとってもキュート(^^♪

投稿: と~まの夢 | 2016年11月 1日 (火) 19時36分

と~まの夢 様。
日本中に有名な美術館やらの展示場がいっぱいありますね。
何事も極めた人は 凡人を抜きんでるのですね。
地元出身の芸術家がいるっていうのは地元の誇りですよね。
ステキな作品が描けてホント羨ましいです。 

投稿: うっちゃん | 2016年11月 1日 (火) 22時00分

特別展、ネコの絵を描く人たちじゃあありませぬか!いいなぁ!

投稿: やよさん | 2016年11月 2日 (水) 11時47分

 やよさん 様。
あ、知っているんだ~。
せかいいちの猫って作品や 他の猫のもいっぱいあって 可愛い作品展でした。

投稿: うっちゃん | 2016年11月 2日 (水) 17時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡谷を歩いてみたら その2:

« 岡谷を歩いてみたら | トップページ | 祭り・まつり »