« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月16日 (土)

謎解きのドキドキ 明治村 2

 「大逆転裁判」の一大イベントは 成歩堂弁護士「異議あり!」と言う名場面で終わります。
ということで このリアル謎解きゲームも 法廷に戻って 「異議あり!」と叫んで 夏目漱石の無実を勝ち取って 終了するんです。

 三重県庁舎は 宮津裁判所法廷とは村内の真逆の位置にあり 台風の雨が本格的になって来た事もあって レトロな村営バスに揺られて戻ることにしました。

  と ここで 「異議あり!」
 もちろん夏目漱石は無罪ですよ。 
犯人は真ゴーストライターのT氏でしたね。


 で、無事 謎解きゲームは終りました。


 それにしても 朝からよ~く歩きましたよ。
ゲームには登場しないので 外から眺めただけでも 明治村には ステキな建物がいっぱいです。 


Img_0897
                     聖ヨハネ教会堂(重文)

Img_0837
                      金沢監獄正門
Img_0879
              
                                     東山梨郡役所(重文)ゲームにも登場
                     


  
 午前11時ごろにゲームを始めて 午後4時過ぎの犬山行のバスで明治村を後にしましたから そのほとんどは 歩いていたことになるんですね。 


 お昼には 浪漫亭でコラボメニュー。 

Img_0832_2

Img_0833_edited1jpg_2
 
 「あ、食べちゃったrestaurant」 美味しいメンチカツ付きのオムライスです。



   明治村 本当に 面白い時間を過ごせました。 ありがとう。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

謎解きのドキドキ 明治村

  10月に娘に誘われて 犬山に行ったという話を 先日 数行だけ書きました。
あの時
 「明治村で謎解きゲーム? うん、いいよ。 でもそのゲーム1回もやったことないお母さんが参加しても 大丈夫なのかなぁ?」
 「絶対大丈夫! お母さん、推理小説や謎解きクイズ好きだもん。 いけると思うよ。」との返事。


Img_2083
 

 ゲーム好きの方には 「知ってるsign03」「行ったsign03」と思った人もいるはずですね。

 9月から12月10日まで 明治村で開催されていた 「大逆転裁判2」
のリアル版の謎解きゲームの話です。 
先日開催期間が終了しましたから 謎解きゲームの建物の写真とかを 載せてしまってもこれから挑戦する人に 不要なヒントを与えてしまう心配もなくなりましたよね。
 推理小説や映画など 読んだり見たりする前から 結末の話を聞かされるなんてのは最低です。 謎解きでもなんでもなくなってしまいますからねぇ。



Img_0812
Img_0814

 スタートは 村内5丁目にある「宮津裁判所法廷」です。
受付をすませて 「成歩堂コース」か「ホームズコース」かの選択をしなければならないんです。

Img_1605

 娘は2回目だから 難問の「ホームズ」編に挑戦出来たかも…。 でもまったく初心者の私に合わせて「成歩堂」コースを選んでくれました。
 受付で渡された冊子の資料を参考にして 謎を解くと 次に進む建物にヒントが見つかるんです。 ナルホドが探すんですよ。 ついでにスタンプラリーも申し込みました。

 今回の「容疑者」夏目漱石最後の事件 ゴーストライダーの明暗という長いタイトルのついた謎解きゲームの わくわくさせられる

 ---- S T O R Y ------

あの文豪夏目漱石が、自身のゴーストライターを殺害した罪で起訴された。
ゴーストライターがいたという疑惑だけでなく、その人物を殺したという罪まで着せられ、名実ともに絶体絶命の漱石。
裁判が明日に迫る中、成歩堂龍ノ介は彼の無実を証明すべく立ち上がる。
同じ頃、ホームズはとある依頼状を手に明治村を訪れていた。
その依頼状には「私を殺したのが夏目漱石であるという証拠品を見つけ出して欲しい」と書かれていた。
そう、差出人は死んだはずの人物。ホームズは、漱石の有罪を決定づける証拠品を探すよう依頼を受けていたのだ。
すれ違う成歩堂ホーム
果たして成歩堂が漱石の無罪を証明することはできるのか。
そして、二人の道の先にある一つの真実とは?


 ここまでが 前日までに読めるキャッチフレーズです。 
さあ、成歩堂(なるほど)くんになりきって いざ出発です。


Img_0825

               前橋監獄雑居房up down聖ザビエル天主堂           
    
Img_0839
Img_0846

 重要文化財に指定されている 宇治山田郵便局舎には こんな場所も…。
 Img_0854


 こんなリアルな事件現場を再現されてましたよ。 
もちろん謎解きゲームに使われているこんな場所は 修学旅行生などの一般人は立ち入り禁止となっていますが。

Img_0855
Img_0882

 各所に残されている リアルな証拠と さり気ないヒント。 明治時代の西洋館のすばらしさ。 どの建物も素敵です。
謎解きはどんどん核心に迫ってますよ。 


Img_0888
 ここは 本物の夏目漱石の生家です。updown ここにも ヒントがありましたよ。

Img_0889

 広い明治村。 台風が通過すると天気予報で生中継中の10月20日平日のことです。
でも なぜか 明治村は曇り空。 傘は使わなくても 歩き回るのにピッタリな気温です。
高校生の修学旅行かな?と思われる 制服姿の賑やかな学生さんの団体や 小学生のオリエンテーリングをしている元気な子供達とは たくさん出会いましたが 同じ謎解きゲームをやっているだろうと思われる人たちとは滅多に出会えませんでした。
が ここ夏目漱石の生家には 仲間達がたくさん集っていて 謎をといていましたよ。
流行ってるんだよね。


Img_0906  

 けっこう順調に謎を解けていたんですが 一番苦労して探したのはここup 
三重県庁舎。 ここも重要文化財の建物なんですよ。東山梨郡役所(重要文化財)
ヒントの203号室を探せという すごく単純な思い込みで 広い館内を右往左往して無駄な時間を浪費してしまいました。
この頃から 台風の影響か雨が降りだしてきていましたから。 気持ちもちょっと焦りますよね。 何のことはない2階ではなく 1階の正面にある小部屋でした。 
203は2階、303は3階という常識の罠に しっかりと引っかかてるよね。 coldsweats01 coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

虹の向こう側

 11月の末、
 「今日は30分位の修理の仕事だから 一緒に行くか?」と ダンナ。

 片道1時間かかる白馬での仕事は たった30分でも 往復すれば半日かかってしまいます。 雪の積もった白馬の山々が ここ数日 安曇野からも白く光って見えるようになりましたからねぇ。 天気予報を信じて 車に乗り込みました。

       rvcar     rvcar     rvcar     rvcar


 家を出発して ほんの数分。 フロントガラスに何やら水滴がパラパラ。
 「うそぉ~? 雨じゃん coldsweats02
 「だな~ smile
 「雨だけどめちゃ明るい雨だよね。 この雲の下だけ降ってるみたいだよhappy01。 変~happy01。」
Img_1910

 穂高から松川村に差しかかった頃 雨雲を追い越しました。 

 「あ、虹だ!」
 「本当だ! 綺麗~」


進行方向にまあるい虹が。 写真は ちひろ美術館「トットちゃん広場」駐車場からです。 よく見ると 右手の木立ちの下から左側の三角の形の西山に うっすらと虹がかかっているのが見えますよ。


 車は 白馬に向かって進んでいるのですが 道がカーブするたびに 左右に見え隠れしながら 大町市に入りました。


Img_1927_burogu
   
  大町市街地では またパラパラと雨が降っていたので いつの間にか虹は見えなくなっていました。 

Img_1933   

 雨上がりの太陽を背に受けた方向に 虹はかかると言います。 
青木湖に差しかかった頃に 湖にかかる虹が見えました。 
さっきと同じ虹が ずっと何十Kmも先の場所に 同時に見えているいうことなんですよね。
私たち以外の誰かが 見上げているんだろうな。
なんだか不思議な気がします。
この虹は どこまで続いているのかな? 
Img_1940

 虹を追いかけながら 約40Km。 
白馬の山にも 大きな虹がかかっていました。
素敵な眺めでしょ。 白馬は予想通り、雪景色。 冬の始まり。

 雨雲が霧雨を降らしながら 北へ北へと移動したので ずっと七色の光が消えずに見られたんですが、もし 私が一時間前の安曇野で 虹を見つけて どこにも行かずに ずっと北の方向を眺め続けていたとしたら 何分くらい見ることが出来たんでしょうね? 

 白馬に到着してしまった私たちは 虹の向こう側にはたどり着けなかったけれど あの虹は山の向こう、糸魚川の 日本海にまで虹の雲が 上手に移動して 海の虹を見ることが出来たとしたら…と想像すると なんだかとっても 楽しい気分ですよね。
 

Img_1951
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »