« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月14日 (土)

さくら便り ⑤ 

 

Img_3270_burogu

Img_3267_burogu

 花の命は短くて…ということで お散歩道の桜たち そろそろ花びらが舞い始めました。

Img_3287


 代わって まだ背の伸び切らない小さなチューリップたち。 
きれいに並んでいる姿は 雛たちが親鳥から餌をねだっている風にも見えてきます。 いつからか 蝶々も飛び始めていますよ。 

Img_3292


 週末にまたやって来るらしい春の嵐の気配を 感じ取ったらしい猿が 様子見にやってきました。 
毎年 雨の降る日の前に なぜか姿を見せる日本猿たち。 
野生の能力は 生命力ですもんね。 
爆風に豪雨の予報が出ています。 庭の小物 飛ばされないように片付けをしなくっちゃね。 降るよね、きっと。

Img_3294_burogu
               「考える人」じゃなくて「考える猿」だよね。

Img_3295burogu_urogu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

さくら便り ④ 

 今朝は とっても気持ちいい。
春~noteを感じる 小鳥たちのさえずり。 森の中が急に賑やかで 明るいです。

 ここ数日は 目まぐるしい気候の日々でした。

Img_3146

Img_3128

Img_3136

 まさかの雪の朝。 4月8日のことです。
辺り一面、真っ白に… 季節が雪と共に逆もどり。
でも 前日まで桜が咲くほどの暖かい 4月の雪の朝。 
予報は雪マークから徐々に晴れマークに変わります。
 庭のさくらんぼの花に雪が積もる。 
桜の花と雪の花。 どちらも美しいんだけれど。
見分けがつかなくなるほど 積もらないで…。
 
 曇り空が青空に変わって 雪が止んで お日様が光を差したら 魔法が解けるように 一瞬で消えてしまったんですけどね。


Img_3141


Img_3155


 安曇野に住んで 30数年ですが こんな美しい雪景色は初めてでした。



Img_3149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

さくら便り ③

 4月6日は 春の嵐。
長野県内各所で 爆風警報が出ました。 木々が轟々と音を立て 怖いくらいです。
ここの森も 住宅が増えるごとに伐採されている事と 松くい虫の被害でやむなく切り倒された赤松林が丸裸になっている場所が 増えているので 風の通り道が以前とは きっと違ってきているんだと思います。 ドミノのように近くの木が関連して倒れてしまう 倒木が あちこちで起こっています。 
 これが怖いんですよ。 ミシミシwwww. ミシミシwwww。
木々が先日の大雪で弱っている上に この強風で大きく軋んで 唸っているんです。
森は 年々荒れるばかりです。 
庭にもたくさん枝が バシン、バシンと落ちてきて 風の強さに外にも出られず 困っています。

Img_3042


 こんな日は メグタも嵐が去るのを待つのみです。
もう少し お散歩も おあずけだね~。
 桜は どうなっているのかな? 散りませんように…。




Img_3068

 翌 7日は薄っすらと 日の射す時間もありましたが 気温は低めです。 午後からは雨、夜には雪が降る予報も出ています。 
あの爆風でも 散らなかった 頑張り屋さんの桜たち。
真夏の蝉たちと同じで 開花したらたったの7日で 散ってしまうんですからね。
 そうよ、風なんかに負けないでよね。 


Img_3059

Img_3064

Img_3061

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

さくら便り ②

 4月5日。 
長野県内のほとんどの 小中学校が 入学式でした。

 「入学おめでとうございます!」

 学校の校庭には 大きなソメイヨシノの桜の木が 満開で笑顔の子供たちを出迎えたことでしょう。 cherryblossom cherryblossomcherryblossom
温暖化と騒がれ始めた2008年以前までは 安曇野の春は4月後半、満開の桜を楽しめるのはGWの頃だったのにねぇ。confident think
駆け足で 春から初夏になりそうで 桜が浮足立っている?
 桜の季節はゆっくり、ゆっくりの方が 嬉しいのにね。


Img_2952
 
Img_2947


Img_2994


Img_2985


 公民館やお墓、田んぼや畑の際に 植えられている桜たち。
優しいさくら色には 今も昔も たくさんの人々が見上げて癒されたことでしょう。
なんか 桜情報が流れると 毎年のことながら 出遅れないようにと そわそわワクワクしますよね。
 
 

Img_3034

 

Img_3014

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

さくら便り ①

 安曇野が一気に 桜色に染まりだしたのは 日本各地で「真夏日」と騒いでいた 4月4日のことでした。 
半袖シャツとはいかないまでも 里の花たちがいっせいに狂い咲きしてしまうくらいの陽気だったことは確かです。
 庭のレンギョウや水仙も 同時に黄色い花を咲かせて カラフルな春らしさです。

Img_2904_burogu

 桜といったら まずここへ。

Img_2866

Img_2897_burogu
 田んぼの開拓碑に植えられた桜たちです。 
普段は ひっそりと佇んでいるのですが、桜の時期だけは どうしても 気になってしまいます。


Img_2873_burogu

 雪の北アルプスが見える場所は 年々人気で 地元の人たちしか知らないだろうと思われるこんな場所でも GPS携帯のおかげでしょうかね? いたるところで カメラマンに出会いますよ。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

5日後のわさび畑

4月になりました。 花粉もまざって 春霞の季節です。 辛いcrying


 先週 大王わさび農場へ わさびの花を見に出かけた時は 3月なのにもうすっかり 4月のように暖かい日と表記しました。 
 それ以後 今週はずっと 「暑いねぇ。」という言葉が普通に口から飛び出すくらいの日が続いていたんです。

 3月30日 友達と 今年2回目の大王わさび農場に 出かけることにしました。
前回は 梅園が3分咲きくらいだったので 満開かもcherryblossomと思い立ってのことです。

 連日の二寒五温のポカポカ陽気に 油断していたんです。
 「前日より10℃も気温が低い」というお天気お姉さんの予報もちゃんと聞いていても 平年の3月の気温が 思っているよりもずっと寒いんだという事を 慣れで感覚的に忘れてしまっていたんですね。


 寒の戻りってこういう日のことをいうんですね。 寒かったぁ~sweat02


 大王わさび農場
は 雪解け水が湧き水となって流れ出している 伏流水の川を利用して山葵を作っています。 美味しい山葵が育つのに適しているんです。
だから水辺から吹いて来る風は ひんやりとしています。
それに 出掛けたのが 夕方に近い時間帯だから 気温もぐんぐん下がってきていました。

 「ひぇ~coldsweats02  寒い、寒い!」

 「今日、薄着で来ちゃって 寒いよ~。」

Img_2852

 「着いたら ソフトクリーム食べよう!」と 張り切っていた我らだったのですが ちょっと 寒すぎる~。shock

Img_2844

Img_2837

Img_2851


 梅園は 全部の梅が満開!というにはまだ至らず だったのですが  先週よりはずっと綺麗でした。 癒される。


Img_2856

Img_2848

 夕暮れ時のわさび田は 寂しそうで 日中の涼しげな爽やかな風景のいつもとは 違った風景をみせてくれます。
わさびソフトは やっぱりちょっと寒すぎて 次回ということにして 帰りに暖かいお茶をして 返りました。 

Img_2831

 安曇野の一番最初の桜は ここ大王わさび農場の彼岸桜。 もう咲いてましたよ。
これから しばらくすると 信州の至る所で 桜の花が見られますよ。
今年は 早くて一気に咲きそうですね。

  cherryblossom       cherryblossom      cherryblossom      cherryblossom
信州では 以前には 入学式に雪が降った年もありました。
入学式の時期に 桜が咲くなんて 今年の一年生はラッキーですねぇ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »