« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月24日 (火)

酷暑だ。;(x o x);

 うだる~。
猛暑、猛暑と 雨が降らなくなって半月。

町も田んぼも森も 干からびて来ています。 暑すぎるsweat01sweat01



Img_4313


 暑中お見舞い申し上げます。 
夏バテや熱中症にならないように 気をつけてくださいね。



 今年の最高気温!という言葉が連日続いて 40度越えを通り越して 昨日はついに埼玉熊谷市で41.1度というとてつもない記録がでています。
西日本豪雨の被害に遭われた皆さま。 
本当に遅ればせながら お見舞い申し上げます。
土砂災害に酷暑と 厳しい毎日ですが どうぞ 踏ん張って下さいね。



Img_4323

Img_4339


 羊たちも 暑くて伸びてます。 暑いよね~。


Img_4341
 


 熱中症で搬送された人数が この1週間で全国で2万人越え
うっえ~。 まさにこういうのを「命にかかわる危険」というやつなんでしょう。
夜中になっても 一向に気温が下がって来ない。
それも夜中でも30度なんて日々が延々と続いているわけで。
以前は暑い日の午後には 夕立が必ずと言っていいくらい降ったものです。
気温が一気に下がって クーラーなんてない時代でも 今よりはずっと寝苦しくはなかったです。 
今年は 連日35度以上の高温なのに ちょっぴりの夕立すらやってこないんだものね。
ホント 参るよね。
庭も屋根も畑も森も…。 カラカラ。じりじり。干からび始めている。
朝晩に水まきをしても 一瞬で吸い込まれていく感じ。

 先日の大雨の1/3の水量を 今あちこちに降らせてくれたなら…一気に酷暑は解決しそうなのにね。

川にはたっぷり水が流れているんだけどな。

 
Img_4355

 汗が出る、冷たいものが欲しい。 暑すぎる。
自分の掌が一日中 ぽかぽかしてて じわ~と暖かいなんて はじめて。
いつもの年は 私は水太りの冷え性体質だから 冷房のきつい場所に行くと手足が冷えてるのが日常だったんだけど 今年はちょっと違う。 
自分の手のひらのぬくもりが なんか気持ち悪い。

 長野県の子供たちは夏休み直前。 まだ 7月の後半ですからね。

別荘地には 避暑なのか車がいっぱいです。 だけど 「こっちも暑いね。」だそうですよ。
ここも例外なく 連日30度は軽く越えてますからね。 いずこも同じだと思いますよ。
雨が降らないと 森の中と言えども暑いんです。 

夕立こないかなぁ~。rain こーい!来い!rain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

梅雨明け後の大雨

 スマホの防災速報が 昨日から 数時間ごとになりっぱなしです。mobilephonesign04
今回は地震情報じゃなくって 大雨警報です。
台風7号の通過後から続く大雨は 北海道から東北地方に停滞している梅雨前線と重なって 日本中を大洪水の恐怖で 苦しめています。
ついさっきは「避難所を早めに確認しましょう。」というメールが届きました。

TVのニュースでは 川幅いっぱいの濁流の映像が…。 九州、兵庫、京都、岐阜、長野…北海道。 映像の中の雨の音と リアルタイムの我が家の窓の外の雨音が同時中継のように重なり合って 4チャンネルスピーカーのように 大きくてすごいです。
 避難所へ と言われても 地区の公民館へ行くのには 激流の川にかかる小さな橋を越えて行かなくてはなりません。 これがコワイんだよね。 
お隣の地区の公民館は 川の側ではないけれども 築何十年?という老朽化した建物なんです。 土砂災害の時は有効でも地震だったら 一緒につぶれてしまいそうな心もとない気分で避難しなくてはいけないのも なんだかなぁ~と思ってしまいます。

いらない心配だといいけどな。

あ~。 どれだけ降るのかな~。


Img_4304

 ダンナはそんな中 白馬へ行かなくっちゃ~と言っているので 「警告出ているから 気をつけて」。
けれど この豪雨、とても出かけられる状態ではなくてね。 車から玄関先へ移動するだけでびしょ濡れなんだもん。
仕事場へ行く為の林道が雨規制で通行閉鎖されたという情報も入って 行くのをやめました。
安曇野にも注意報はずっと出てますが  白馬・小谷はずっと山との距離が近いので大雨が心配されます。
ついでに 昨日は雷で、今日は豪雨で メグタのトイレお散歩も 庭の片隅で…sweat01sweat01
メグタも辛いね。



Img_4254

あと どれだけ降れば 止むんだろうね? 早くお散歩行きたいね。


Img_4293



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »