日記・コラム・つぶやき

2017年3月25日 (土)

いつのまにか

 「きゃっ、きゃheart02  」

 朝から明るい笑い声が聞こえてきます。 元気満タン(笑)
そうかぁ。 うん、もう春休みなんだよね。 
近所の小さい姉妹が コロコロと可愛く笑っています。
ここ数日間 寝込んでいたから…。
お彼岸も連休も いつの間にか終わってしまっているんだもの。
いい天気。 もうすっかり窓越しの日差しさえ なんだか とっても春っぽいね。


2017_03_19_2


 先週の日曜日、人ごみの松本へ出かけた後 私は風邪でダウンしてしまいました。
松本の友人が 家を出る30分前くらいに 電話をかけてきて その声が別人みたいにガラガラで

 「どうしたの? 風邪?」
 「うん、風邪だと思うけど花粉かもしれない…。」

と どうやら松本では 咳の風邪が流行っているらしい情報はその時 ちゃんと耳にしていたので ずっとマスクをしていたんですが…。 まさか、ね。
 
 水曜日の朝 目覚めると 喉と鼻が一気にやられていました。
息苦しい! 喉が! 痰がぁ! 咳が…ぁ!

「まずい!」と思った時は すでに手遅れで 諸症状が全身に…です。
もちろん 完全ダウンしてしまいました。
弱ってるなぁ。 わたし。  それとも今年の風邪が強すぎるのかsign02




Img_3965



2017_03_22_1645341513


  久しぶりに メグタとちょっと遠くまで お散歩。
吹いている風はまだ冷たいけれど 日差しは春の暖かさです。


 ふきのとうが
土の中からグイグイ顔を出していましたよ。 
 メグタの足元の黄色い物が一面全部だよ。 すごいでしょ。
ここは去年は雑木林の土手だったのに 木を全部切り倒してしまったので 田んぼの一角みたいになってしまっています。 蕗が一面に広がると農作業には邪魔だろうから
来年はこの場所は掘り返されてしまっているかもね。 最期かな~?



2017_03_22                

2017_03_22_2


 こちらは 福寿草のお花畑。 
歩いて行ける場所に こんなにいっぱいの福寿草の咲いている場所を見つけた時は 超感激して 毎年こっそりお花見に出かけています。
黄色い花は 一面雪だったり枯れ葉色だったりして まだ芽吹きにはちょっと早い雪国の春に元気をくれるんです。
 庭の水仙も葉っぱが伸びてきました。  
本当に 春ですね。 
風邪なんかひいてはいられないね。 庭造りを始めなくっちゃね。



Img_3966              
                  馬酔木(あせび)




 東京はもう桜が…とニュースで騒いでいるから
 「お花見ムードで 綺麗だろうね。 いいなcherryblossom」と 目黒通りの美しい桜並木を通勤に 自宅まで毎日歩いているだろう 妹にメールを送ったら
 「まだ、蕾しかないよ。 どこが開花してるのかな?」との返事。
そうなの? まだなんだねぇ。 前に行った時は 春休みに満開だったから ちょっと遅いねぇ。 入学式がちょうど満開で いいかもね。

 国会は「100万円寄付騒動」で大騒ぎだから 日本人の大好きな桜の花が東京で一番に開花したなんて 嬉しいニュースでちょっと誤魔化した~り したいもんね(笑)

 長野だったら4月中~下旬あたりだろうから 東京は早いなと 信じちゃったんだけど(笑)

 でも来週辺りには 都会はうっすら桜色かな?  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

1週間

 三寒四温。 
古い格言は「う~ん、なるほど。」と 思わず呟いてしまうほど 日々暖かくなったり雪が降ったりと コロコロと顔を替えながらも 日一日と春に向かって行きます。



Img_0001



 先週の火曜日の午前中のことです。

 「薪をくれるっていうから ちょっと貰ってくるよ。」とダンナ。

 で、大きなユニックがやって来て ゴロゴロと駐車場に転がしていったのは 直径30~40cmもある太い丸太や間伐材がどっさりでした。
薪ストーブを燃やすので 確かに薪は必需品ですが…sign03

 「わわ! こんなに~?」

建築現場みたいshock。 これじゃあ 車が止められません、よねぇ。


 とりあえず 車が止められるように ダンナがチェーンソーで場所を確保できるくらいまで切って 私が一輪車で 運べるだけの小枝を庭の片隅にはこんで…と かなりな重労働になってしまいました。
写真は これでも車が1台駐車出来るようになったスペースが出来た後で撮ったものですが 見る限りちっとも片付いてないよねcrying
薪小屋も作らなくては これだけの木材は片付けられそうにありませんが、過去の経験から言って それもいつのことやら…(p´□`q)゜o。。


庭を見るだけで ますます気が重いし 「ああ、肩も腰も痛い…。」


 

. 。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


 木曜日は ステキな日。 
諏訪の長崎さんご夫妻が訪ねて来て下さって お蕎麦を食べに 大町市の美麻・新行(みあさ・しんぎょう)に出かけました。

Nagasaki_2 長崎夫妻が 我が家に来たのは もう数十年ぶりのことです。 
 木々が切られ 新しいお家の増えたこの森の中を ナビもなく 過去の記憶だけで 玄関先に 「お~い!」と ひょっこりニコニコやって来られるのは さすがですねぇ。(笑)
 


  安曇野はすっかり雪がとけて 我が家の周辺でもちょっと 春陽気になって来たんですが さすがに 大町の山の中、道路の除雪はしっかりされていますが 一面真っ白な雪景色です。 蕎麦の花が白く咲いていた広い畑が 雪で覆われています。


 美味しいお蕎麦と 横田屋さんのおばちゃんの優しいおもてなしで とっても楽しい時間を過ごしました。
ありがとうございました。 ご馳走様でした。

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


 土曜日は6年目の3.11の大震災の日。 
あの東日本を襲った大地震と大津波。 福島の原発事故。
今週は新聞でもテレビでも おりにつれ震災の復興のニュースやドキュメンタリーが 次々と放送されていますが 開催中の国会中継では 今や疑問だらけの森友学園の動向に お偉いさん方は心を奪われているようでしたね。
自分の保身が大事そうです。
まだ現状維持の原発事故も避難民も もうすべて過去のことのような 補助金の打ち切りや仮設住宅立ち退きも 取り残された人には 本当に酷な線引きだと思います。


 3月12日(日曜日)13:00~ 松本駅前広場


今年も 3・11サラバ原発長野県大行進に 出かけてみました。
Img_0018


 いつもは一匹狼で行動の私ですが 今回は駅前で ご近所のグループの方々と合流したので 一緒に歩かせていただくことにしました。


Img_0013

Img_0011
                  ミニ・ステージは ‟ぽこ・あ・ぽこ”


 福島第一原発の事故以後6年目の サラバ原発 つながろうフクシマ 大行進の参加者は2012年の第1回目の1800人から年々減って 今年は約350人くらいだったそうです。
その後 日本各地で台風被害や大雪被害 熊本大地震や火山の噴火など 天変地異が続々と起こっているので それどころじゃない人々も多い事と思います。
が、原発事故も 東電の責任も 理不尽な安保法案の改正も 時間の経過とともに 政治家の思うつぼに風化されてきているのでは…?と 思えてくるんです。
 「これじゃあ、いかん!」と 思って ささやかな抵抗で 行進に参加しています。



 Img_0033

Img_0031


Img_0035

 いろんな参加者が 平和を願っています。 戦争のない平和な世界を…というささやかな幸せが こんな子供たちにつながりますように。



Img_0009  

 集会場の前を通り過ぎる高校生たち。
 「原発反対に参加しませんか?」と パンフレットを渡すスタッフの声に
 「きゃぁ、怖い怖い。」って。 
6年前はきっと小学生だった松本の彼女たちには きっと遠い世界の遠い話に違いないのだけれど (これはあなたたちの未来にもつながっているんだよ。)
言いたいけど言えない こんな言葉。
自分で経験した時には 怖い!では終わらない。 ちょっと残念な 思いです。 


Img_0045


Img_0043

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

弥生 3月

 2月の後半に飾ったお雛様を 名残おしく思いながら そっと片付けました。
 「今年もご苦労様。」
 桃の一枝350円! 「高~い。」と思いつつも 産直店で見つけて ひな祭りが近づいてきたら 「やっぱり買おうかな~?」と 3月初日に覗いて見ると もうお店には1本の桃も並んではいませんでした。 売り切れng
あ~あ、残念~cherryblossom。 
思い立ったら即 買っておかなきゃね。 やっぱり 思う事はみんな一緒で 早い者勝ちでなくなるよね。 桃の季節までのお楽しみに するね。

 

Img_3952


 ここ数日 春っぽい 3月ですね。 
この時期は冬から春へ 卒業の時期と重なって なにかと気忙しいんです。 
人間ばかりか 小鳥たちまで 騒ぎ始めましたよ。 

 「ツクツク、ピー。 ツクツク、ピー。」と大きく鳴く声は とっても嬉しそうです。
 

 さえずる声は あちこちから聞こえてくるけれど 姿はなかなか見つけることが出来ません。 だけど そんな優しい空間が漂って来て 本当に春が一歩ずつ 近づいて来ている気がします。


Img_3948



Img_3959


Kimg1212

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

やっぱり 泣ける!

 前にも書いたけれど デジタルTVの時代になってから もうっずいぶんと久しいのに 我が家にはBS放送が届かない。

 当時のデジタル放送の宣伝文句に負けて テレビを購入した時に 一緒に買い込んだBS用のパラボラアンテナだって一応 電波の方向に向けてちゃんと取り付けてあるんですけどねぇ。

 木々が芽吹く4月頃から 木々の紅葉が終わって葉っぱがすっかり落ち葉になる11月後半までの約8か月間は 完璧にBSの電波が入らないということが わかったのは 取り付けた初めの時でした。

 「あ~あsweat02  すごいショック weep  」

 でも、見られないのは それだけじゃなかったのね。
雨の日、強風が吹いている日、雪の降っている日などなど 気まぐれな電波は微妙で 一日のうちでも 時間によっては映ったり映らなかったり 予測不能。
ってことは 365日のうち 冬限定の晴れて風のない日って 何日あるんだろう…? 


 番組表とにらめっこして見たい番組をチェックしても 見れる保証はないわけなんですね。
ホント つまらない。

Img_3855



 韓国ドラマなどは 妹がDVDに録画して 半年にいっぺんぐらい宅急便でまとめてドカンと貸してくれたりもするんですが…。
 でも やっぱり映ったら是非見てみたい番組って あるんですよね(笑)


 その一つが懐かしい倉本聰さんのドラマ「北の国から」シリーズ。
先日 講演会を見に行ったグレートトラバースの田中陽希さんのご両親は このドラマに影響されて 北海道の富良野市麓郷(ろくごう)に移り住んでしまったとのこと。
m(. ̄  ̄.)mうん、うん。 ワカル!
それくらいに たくさんの人々の心を動かした作品ですから ビデオにも撮ったし 再放送も何回も見ているんですが…。 
やっぱり見たいeye


 BSフジは めったにしか映らないんです。
でも 先週日曜日 どういうわけか flair 綺麗に電波が届いている paperpaper パチパチ
おお、ラッキーじゃん。 毎週 録画予約だけはセットしていたんですぅ。
でもなぜか 日曜日の夜のお天気が 今一歩の日が多くて crying  あきらめ続けていたんです。


19975_en_1


 ちょうど 子供たちが大人になって 恋とか失恋とかを経験する時代の「北の国から ’95秘密」編です。
登場人物の純くんや蛍ちゃんは ずっと同じ役者さんが子供時代から大人になるまで演じているので 吉岡秀隆さんは 私にとってずっと純ちゃんで 中嶋朋子さんは可愛い蛍ちゃんで…。
(自分の実際の子供よりは年齢がずっと上なんだけれど)大きな息子や娘をみるような目で 彼らの現実にあり得そうであり得ない人生を 応援してきた気がします。



Img_3876



 初回をリアルタイムで見た時と 再放送で見た時ではもちろん年齢が自分も同じだけスライドされているのだから 感想は違うのは当然だけれど 何回見ても苦しくて悲しい。
 「分かっているけれど 今はどうにもならないの…」 cryingドヒャ~sweat02 苦しいね。


 
 人生、鏡を見るのが怖いほどオバサンになってしまった 私から見れば 青春って本当に切なくて 苦しい事ばかりだけれど…キラキラしてるって思えるんだけれど そのど真ん中にいる若者には 辛いよね。 90年代の若者はもうすっかり オジサン世代に足を突っ込んでいるから 今現在のキラキラ世代は バブルからゆとりを越えて もっともっとドライなんだろうけど。


Img_3866


 雪が降ったり 強風も吹いたり 雨が降ったり 毎日コロコロとお天気が変わります。
積もった雪が昨夜から今朝にかけて降った雨で すっかり溶けました。

 今度の日曜日の夜は 次作「’98 時代」が放送されますが 絶対晴れて無風で 映って欲しいです。
蛍ちゃんに正吉くんが結婚を申し込む あの素敵なシーンがみたいなぁ! ❁🌸❁🌸❁🌸


 
  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

田中陽希さん講演会

 山好きのダンナは 見れる限りの山番組をHDDに 「録画ておいてくれ~」と 注文します。
その大好きなTV番組の一つに 「 日本百名山ひと筆書き~ グレートトラバース 」「日本2百名山ひと筆書き~グレートトラバース2 」 が あります。
某NHKBSで 私たち同様 毎日ご覧になっていた方も多いと思います。
 放送当時は 「今 常念あたりにいるらしいぞ。」とか 「燕岳に行ってこようか。」とか 「有明山に来たらしい」などと 地元の山仲間の情報から 田中陽希さんの北アルプスを挑戦している姿にワクワクしていました。
スペシャルの総集編などの録画は 何度見たことでしょうね。(笑)



 その田中陽希さんが 「松川村で講演会をしてくれるんだってさ。」と 一枚のチラシを持って帰ってきました。 そこにはまぎれもない田中陽希さんの笑顔の写真が…。


 「往復はがきで申し込むんだってさ。 一人一枚って書いてある。」
 「へぇ。 よかったね。 松川村すごいね。」
 「だよな。」


 って訳で 返ってきた往復はがきの入場券を持って 行って来ましたよ。




  2月4日土曜日 14:00   松川村多目的交流センター すずの音ホール

 

Img_3769

Img_3768  


 松川村といったら あの日本一長寿で有名になった とっても小さな村です。
グレートトラバースが放送されていると言っても お年寄りが見に来るかしら?

 「すずの音ホールがいっぱいになるほどの人が集まらなかったら 残念だねぇ。」

という心配なんか吹っ飛ぶほどの 200人のホールに300人以上の人が集まったそうで

 「人数が多いため 階段イスから急きょパイプ椅子に変更しました。 申し訳ございません。」との アナウンスが流れました。



Img_3770


 やっぱりご年配の方が多いみたい(笑) 子供たちから見たら 私も含められちゃうかな~。(怖)


Img_3776


 お話はプロアドベンチャーレースのチームのことから始まり 百名山のグレートトラバースの話に移りました。 
 スライドと動画の上映を交えて 説明してくれるので とっても分かりやすくて 話に会場が引き込まれて 笑い声や歓声が上がる時もありました。


Img_3779



 「人間力は 対自然 対人間 対自分」 
 「
やらない言い訳じゃなくて やりたい理由を探そう。」
 「人生は 挑戦!」



ステキな名言がたくさん語られましたが 一番 これからの時代を生きる若者たちに 語り続けて欲しいと思ったのは 「はじめの一歩」(私の大好きな言葉だ。スタートしなくっちゃ何にも始まらないよね)
「有限実行→達成」
と いう言葉の後に 話された事柄です。

 「達成すると世界が変わるんです。 次のステップに進むことが出来るんです。
  周囲からも前とは違う自分を見てくれます。」



 なるほど。think 
これは田中陽希さんだから 苦しい日々をやり遂げた経験があるから 言える言葉です。

が、実はこの言葉は本当はあらゆるスポーツや物事に通じる魔法の言葉です よね。


 当日はダンナ 教えている中学生たちにも 「講演会」を見るように指示していました。
ちゃんと来ていたようですよ。 いい子たちだね(笑)
山登りサッカーの極めるところ・精神面は共通だってことに 中学生はちゃんと気付いてくれたかな? 
それとも まだまだ いろんな事がブツブツこま切れに見えちゃう年齢なのかな?
いつかわかるよね。




 講演会の後 サイン会をしてくださいました。 
見てよ! この嬉しそうな笑顔。

Img_3792
 

Img_3796

 ダンナがして貰ったのは 「北海道 二ペソツ山」の写真。up
*ごめんなさい。 先日までトムラウシ山と記載していましたが 正しくは二ペソツだそうです。

 私がサインを頂いたのは 「常念岳」の写真。down 


Img_3797


 どちらもダンナが登った山で撮ってきたものです。 

 講演会 ありがとうございます。 とっても いい記念になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

命拾いした?

 寒いですね~。 
北海道から西日本まで 大雪で事故続出、大自然の猛威には人間は太刀打ちできない寒さですよね。 
1月なんだから降って当然なんですが 何事もほどほどがいいですよ。

Img_3400


 冬の必需品の長ネギを だいたい週一の割合でメグタのお散歩も兼ねて 産直の販売店に買いに出かけます。 
鍋に味噌汁にうどんや蕎麦に…と 薬味としても主役としても美味しいネギがない!
この冬は キャベツもネギも 大雪の日には店頭に並んでいない日が続いています。

 「ちょっと ネギを買って来るね。」



と、いう訳で 帽子にマフラーにサングラス。 ついでにマスクと手袋を装着。
凍てついた雪道を出発です。
雪が積もっていると 曇り空の日は どうしてもマイナス気温。
除雪された車の轍が ツルツルに滑りやすくなっているので 十字路やT字路を横切る時が 要注意です。



 家を出た時は dog 「♪~」と ご機嫌よく スタートしたのですが…。




Img_3407

 (写真は快晴で気持ちよさげに見えてますが) 当日は 北風ピューピュー 森の道はがちがちに凍っています。

 「冷たいね~。」

 それでも 直売所まで後もう少しの地点 2/3は歩いたでしょうか。
私的にはもうほとんど到着した気分でした。


が、メグタが急に 「行かない」と 雪の上に伏せをしてしまいました。


 「え~? メグタ! 後ちょっとだよ。 歩いてよぉ。」
 「 イヤ happy02 」(と言ってる、絶対言ってるな。)


こうなった時のメグタは スーパーなどで駄々をこねているちびっ子と同じ状態です。
10kgのお米の袋より かなり重い厄介な白い物体を 引きずって産直所まで連れて行ける体力的自信はないですからねぇ。


 「わかった! じゃあ もういいよ。」


 十字路なので 少し遠回りになるけれど下に下れば大きな道路に出るので そっちの道でも行くことは可能です。 せっかくここまで来たんだから という気持ちがあったんです。


 でも、メグタの選択肢は 全然違っていました。
元の道に戻るのも 大きな道に出る道もにも 頑として動こうとはしません。


Img_3387


 その間 数分間のすったもんだ。 結局は私が折れて 山沿いの道で引き返すことにしました。  
 「本当にもう! 頑固なんだから。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…」



で、除雪の終わっている小道に避けて ダンナに電話を1本かけました。
ちょうど用事で出掛けていたので そろそろこっち方向へ帰って来る時間だろうと思って
 「メグタがストやってるから ネギを買ってきて。」と。


と その時 ピンク色の軽自動車が 山側からものすごい音をたてて 降りてきていました。

ガガガwwww ガリガリwwwww
けっこうな急斜面のその道は 路面が一面氷で白く光っているようで スピードが出てしまってもブレーキをかけたら 事故ってしまいそうな状況だったんです。

 「わぁ、危ないなぁ。」



 ザザ~ッ。 ギィ~ッsign03
 

 なんとピンクのその車。 さっきメグタが行かないと愚図った場所でスリップしたんです。shock
あのまま歩いていたらヤバかったかも。 
巻き添えをくっていたかもしれません。
今はリンゴの収穫が終わっていたので 除雪がされていない広い林檎畑の駐車場で ギリギリセーフで止まっていました。



  え~? もしかして メグタが助けてくれたんじゃ?
もしかして 命拾いしたのかも…?
ありがとうね。


メグタは 帰り道 「♪~」と尻尾をふんふん振って ご機嫌さんでした。


Kimg1118

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

冬便り

 北海道から北陸の日本海側では 大寒波が来ていて 大雪が続いています。
寒波の影響か ゾクゾク寒いですね。
でも すぐお隣なのに 雪国で有名な信州には 雪がそれほど降ってはいません。
白馬のスキー場などは 例年の半分の量で 待ち焦がれているようですが 多くても少なくても困る人はいるんですね。

Img_3307
                 クリックすると大きくなります。↑





 雪の降る前の 下諏訪の街です。 穏やかなお天気だった今年のお正月は きっとたくさんの参拝者がお参りに来たことでしょう。
 三が日もとっくに過ぎた秋宮前は 出店も姿を消して 静かな通りに戻っていました。


Img_3265

Img_3267


 諏訪大社
に行きました。 
お年始の時期は過ぎていたけれど お目当ての破魔矢と御柱を削って作られているのお守りはまだあったので ラッキーでした。



Img_3275


Kimg1084


Img_3280



 この日はまだ雪もなく キラキラ輝く湖面から吹き上げる風は 冷たいものの 
 「今年は凍らないねぇ」と 話したばかりだったんですよ。

 今日はもう 全然違った風景、一面の雪景色かもしれないですよね。



Photo

Img_3299
 
 こちらは 諏訪大明神のご神木。  メグタとよく出かけますが ほとんど誰にも出会うことがない穴場です。 ここは行くたびに なんか空気が綺麗な気がします。(気のせいかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

ご挨拶?

 年末に 知人から「ご近所で署名集めてきてくれない?」と 頼まれました。

年末年始で お留守のお家が多いうえに 署名の提出時期がぎりぎりだったのです。

多分私が思うのに 我が家の周辺は他の地域と比べて 奥まっているので 知人が藁おもすがる思いで 一人でも多くの署名が欲しいと頼んできたのだと…。
案の定 保育園に通っている子供たちのいるお家では 「12月に保育園で署名しちゃいましたよ。」と言われ お年寄りの多いお宅では 「いいですよ。」と 応じていただけました。

 で、その保育園児の可愛い黄色い声が。

 「メグタ! 猿を追っ払って~!」


Kimg1072

 
この小屋には 羊さんの為の豆が吊るしてあったんですね。
新年そうそう 猿に目を付けられてしまったようです。
ご挨拶まわりですかね。 お年玉じゃなくってお年豆とか?


 メグタは 猿を全然怖がらない犬です。 
裏山を走る時も 猿を見つけたら毎回しつこいくらいに追っかけて追っ払うので この辺りにやって来る猿たちは メグタがただ庭先で ワンワン吠えるだけの番犬ではないことをよく知っているので 遠巻きに後ずさりしながら木の上に逃げます。



Kimg1074




Kimg1076


 今日の猿は 1匹オオカミなのかな? 
普通は見張りの猿が来て ボスが来て他の猿がやって来るみたいな 団体行動をとっているんです。 でも この猿はたった1匹だけの様子。 
だからなのか メグタが近ずいても なかなか逃げようとはしません。
今年の山には木の実がほとんどなかったし 里も林檎や大根など 台風や早い雪のせいで不作だったので 畑に取り残しの野菜すら落ちていない厳しい年です。
思いがけず見つけたご馳走を目の前にして 逃げる訳には行かないと頑張ったんでしょうね。

 「ワンワンwww。」

かなりの接近戦でしたが やっぱり メグタは強かったぁsign03

 「ワン。」



Img_3248


 今回はたまたまメグタがいて 猿は木の上に逃げたけど 美味しい物があるって覚えてしまったあの猿は きっとまた何回も小屋を訪ねて来るんだろうな。
猿は頭がいいからね。
仲間も連れてきたんなら 羊さんの餌はあっという間に食べ尽されてしまいそう。
人口よりも猿口の方が ずっと多くなってきたら 映画のように猿の惑星になっちゃうね。
怖いなぁ。


Img_3297

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

今年は いいことあるかな?

 今 箱根駅伝見ています。 
箱根は日差しが強くて 晴れていますね。 
昨日までは快晴で 日中などは暑いくらいの陽気だったのに 今朝の安曇野は 小雪がチラチラしていました。 全然違う~snow
午後は晴れてきましたが やっぱり 気温は低く うう、寒いっす!
雪の中を走る辛そうな姿より 青空の元 元気に走る姿を見る方が 見ている方も気分的にお気楽ですよね。 run run   run     run         run



 さて 大晦日に3本立ての「ホビットの冒険」シリーズを見てしまったので 初日の出は 見逃してしまいました。 その代り(いつもは見ていない時間帯なので本当に偶然に) テレビの生中継の「ダイアモンド富士 fujiの初日の出と ついでにおみくじまでゲットしてしまいました。
綺麗! 日本人はホント富士山が好きです。happy01

Kimg1046_2017



 毎年 たなちゅうおみくじ(Eテレ)でおみくじを ひいて楽しんでいたんだけど 面白すぎる映画の一番のクライマックス中は 録画をしているとは言っても 自分的には絶対に番組を一時変更できない性分だからね~。
まぁ今年はいいか!と おみくじはあきらめました。 チャンネルを変えるほど 大した事じゃないもんね(笑)


 で、偶然の思わぬ「大吉」
これでも けっこう得した気分になるのは なんでだろう~? (笑)

 ついでに もう一枚には この写真 ( ´艸`)プププ


Kimg1043_2017

 バードだから酉年にはピッタリで。 
でも羽鳥アナは 大吉なのか? 凶なのか?
今後のご利益は不明だな~。 ψ(`∇´)ψ




 
 「喪中って初詣でに行っちゃあダメなのかな?」
 「う~ん? どうなんだろね。」

という疑問符が 頭をよぎりましたが 神事はいい事なんだからいいんじゃない?
というプラス思考が好きです。


で 近くの神社。 茅の輪くぐりが…。 メグタとぐるぐるやって来ました。
五穀豊穣。 田舎で生きていく上にはこれが一番大切なことですよね。




Img_3230





 こちらは 有明山神社の茅の輪くぐり。
神社によって茅の輪もこんなに違います。
ここは山の神様です。 山中毒のダンナと 遠くに暮らす子供たちの健康をお願いしてきました。
おみくじは 「吉」。 可もなく不可もなく~ですね。(笑)
穏やかな お正月です。


Img_3236

 2日目なので たくさんの(と言っても 都会とは単位が違いますけど)参拝者が ぐるぐる回っていましたよ。 
こういう風にドカンと置いてあれば 受験生とかじゃなくっても 絶対 神社に来た人はぐるぐる回ってしまうはず think confident think


  どうぞ 明るい穏やかな一年で ありますように…。paperpaperpan,pan

 メグタも元気で お友達が出来ますように…paperpaper wan,wan

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

ゆく年 2016年

 一年の一番最後の日。 12月31日、大晦日。

今日と明日で一年が変わる 明日はもう2017年なんですよね。

ご苦労様 2016。
自然災害続きの厳しい一年でした。 

あまりにも各地に次々と起こる天変地異に 月日の時間の感覚が 地震情報の頻繁な事に どんどん神経がマヒしてしまってるんじゃないのかと思ってしまいます。
まだ2016年内のことだった!と 振り返って再度ビックリしている自分がいます。
当たり前と思っていた日常が微妙に歪んできています。
遠い昔から経験を基準として積み上げられたのが現代と言うなのに ずれてきた「今まで」から 少しずつはみ出して見え隠れする たくさんの不思議。
若者なら 疑問に思わない重圧感が 時代の流れとともに「!?」を感じる瞬間に 年を重ねるごとに増してきているしね。



 今年をあらわす一文字は「金」でしたね。
オリンピックがあったから云々と語っていましたが 本当は「きん」と読むのではなく 「かね」と読みたかったのではないかと 勝手に憶測しています。
都知事やオリンピックのエンブレムデザイン、国立競技場。 築地市場。 数え上げたらきりがないほど お金の感覚の麻痺した政治家たちの 醜い戦いに「かね」と言いたかったのでは…。 うん、小市民は 今年一年 小銭で四苦八苦してましたけど。



Img_3208


 我が家は今年は喪中なので 明日 新年のご挨拶は出来ません。
ごめんなさい。
なのでこの場を借りて 一足先にご挨拶をしちゃいます。



Img_3209_burog


         2016年は変動の年でした。 
         義母も無事に 永眠いたしました。
         やっと また前に少し進めそうです。
         公私を含めて たくさんの方に お世話になりました。 
         本当に ありがとうございました。

         良い新年をお迎えください。 
         来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧