我が家のアイドル

2015年6月 6日 (土)

逃亡犬

 いつものお散歩道を歩いていると 遠くに何かが走り去って行くのが ちらりと見えた気がしました。
 「~? なんかいたよね?」
 「ふん、ふん?」(メグタの鼻息)

 メグタもしきりにあちこちの においを嗅ぎまわっています。

 家から500mくらいも下った別荘地のはずれで

 「やっぱり~!!」 いた、いた。


 「いぶき~!」
 「わん!」
 そうなの。 ご近所のワンコのいぶきくん。 
思いがけず 私に大きな声で名前を呼ばれて 思わず「わん」と 返事しちゃったっていう感じ…かな。


 これから私とメグタは 森から出て水田コースを歩こうと考えていたんですが ここで逃亡中のいぶきを放置して出掛けるわけにはいきませんよね。
なぜって いぶきは たぶん お散歩中に逃げ出したんじゃなくて 庭につないであった状態を上手に首輪抜けして 逃げ出したんだと思われるんです。
だってすっぽりと首輪がついていないんだもん。
首輪は首の太いワンコには危険です。 メグタには絶対不向き。

 森を出ると山麓線を渡るので  そこそこの交通量の車が走っているし ご近所のワンコたちはほとんど森の中や原っぱで出会うんですが いぶきメグタと同じ水田コースでも出会っているので ついて来る可能性が高いと 思ったのです。
そこで迷子は
 やばいもんね。



 メグタいぶき。 
 どちらかというと戦友的仲間。
今日は紐でつながれていないいぶきの方が 有利です。
私たちの周りをグルグル回って なんか笑っている~よね。
 しばらく ワンワンやりあって 落ち着いたので お家まで連れて行く事にしました。

並んで歩くのではないんですね。 つかず離れず…。
 

 

Img_4625



 見てみて。 このnote~的な自由を満喫してる歩き方でしょ(笑)
 
 家の近くまで来ると いぶきは またまた逃走モードを発信中ψ(`∇´)ψ



 お留守
かな~と思ったら 来客中で 

 「いぶきが逃亡中だよぉ~!」と声をかけると 合図みたいに庭を走り出すいぶき
わかってて 走ってる気がするなぁ。 確信犯だ(笑)
 で、ふつうに大騒ぎになりました。 dashdash



Img_2787


 普段は こんなに可愛いんですがね~。



 その数日前 メグタも逃亡したんですよ。 こちらはもっとたちが悪くて お散歩中のことです。



Img_4605


 これは大きくズームしてあるので 実際はこんな感じ。



Img_4606


 メグタは鼻がとても効くので 私には感じない野生動物のにおいが 脳を刺激する瞬間があるようで その時も突発的に飛び跳ねたんです。
ほとんどの場合は ウエストポーチにつないで その紐を手に持って歩いているので暴走は防げるのですが  飛び跳ねた拍子にポーチの金具が外れて ポーチを引きずって猛ダッシュされてしまいました。 
その 早いこと。 dash dash dash
ラッキー~ってか?
ポーチは側に落ちていましたが こうなった時のメグタは手におえる訳がありませんよね ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 幸い 原っぱでは 牧草を刈る作業をしていて機械の音の嫌いなメグタは 森方向へ走ってくれました。
ここからは根競べだよ。 追いかければ追いかけるだけ 逃げるのは動物の本能なんでしょうかね。
私も土手に腰を下ろして 知らんぷりすることにしました。 
ワンコってなぜか無視されるのが大嫌いですよね。 
頃合いを見計らって 森に入ると何事もなかったように メグタが近づいてきて無事確保。
なんだよ~? ごめんっていいなさいよぉ。

 まぁ、今回は どこからも ワンワン鳴き声がしなかったから 他の誰かには迷惑をかけなかった様子で ちょっと一安心ですけど…。
逃亡者には 困ったもんだ~です。



Img_4635



 前記のいぶきは 連れて行ってあげたものの 庭を走り回ったあげく 近くの建築現場の車を追いかけて再度 姿をくらませて逃亡してしまったんですが 夕方ちゃんと自分からご帰宅したようです。
やっぱりワンコだって 我が家が一番…なのかも(笑)


Img_4608

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

2勝 + 1

 雨が続きます。
雨が降ると 例年並み…か。 お盆を過ぎたので 気温も急に涼しくなって 上に一枚何かを着なくっちゃ という雰囲気になってきました。

 雨が続くと 毎日やってくるもの…それは 猿の群れです。
柴犬は 本能的に猿には強い犬らしいです。 
メグタの猿好きは このご近所では当たり前のように知れ渡っているので ワンワン鳴いていても 誰も驚かなくなってきました。
ご近所に越してきたお家の 柴犬も 今日の朝 猿たちにワンワン吠えながら お散歩していたので 「いずこも同じdog 気が強い」と 笑ってしまいました。 

 今朝も はよから やってきましたよ。 5時代は 止めて欲しいよね~。

どうしたものでしょう? 猿って人間と同じ心理なのか、習性なのかは 分からないけれど 必ず「いるかな?」と 留守かどうかの確認作業をします。
それで メグタに吠えられて 飛び上がって逃げていきます。

Photo

 木から木へ。
吠えられたら 即 逃げる。
逃げ足の早い猿たちは こうして移動していきます。

 「今日も (^-^)V」
充分なストレス発散方法なのか 満足気な メグタなのであります。


    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 案の定 今日は雨が降ったり止んだりの 空模様。
午後のお散歩で いつもはお留守の別荘に 珍しく4躯の大きな車が止まっていました。
 「都会は まだ夏休みなのよね~。」
などと思って 歩いていると 中から大きな ビーグル犬が飛び出してきました。
ビーグルにしては BIGサイズです。 ちょうど メグタと同じくらいかな?
可愛い顔をしています。
なのに、突然 「ワン、ワン!」と 結構ドスの効いた声で 鳴き出しました。

 「おっ、ビーグルでも 鳴くやつがいるんだ。」と思っていたら
メグタも 負けずと 例の大声で一声。
 「ワン!」

 すると なんと、なんとsign03
さっきまで 牙をむき出して 威張っていたビーグルのしっぽが ヒュンと負け犬のしっぽに…。
そして 一目散に別荘の中に逃げ込んで行きました。

 「おお、これこそ 勝った(^-^)V ということなんだよね。」
と 犬の勝負の世界を垣間見てしまいました。
メグタは そのまま知らんぷりで グングン歩き続けました。
 その別荘の角を曲がった所で 負け犬ビーグル君の
 「ワォ~ン、ワォ~ン。」という なんとも悲しそうな雄叫びが聞こえてきました。
都会では あのビーグル君は ボス的存在だったのかもネ。
こんな 訳の分からない柴犬に してやられて きっと悔しい思いをしたのかな?

Photo_2

 「雨が来る前に 帰らなくっちゃ~。」 と思うのは わたしばっかりです。
今日は なんだか メグタの好きなものばかりが 道路にいるのよね。


Img_6758_2

Img_6757

 ▽・w・▽「これなんだ~?」
メグタくん、それはバッタだよ。 
あんまり熱心にのぞき込むものだから バッタ君、メグタの顔に跳んできたの(笑)。
 ▽・w・▽「コイツ~! ガルル~!」

バッタ君にも 全力投球なので 哀れなバッタ君は 天国へ~(^o^)/
また 殺生をしでかしおりました。
見ていて 写真を撮っている 私も同罪だよね。 m(_ _)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

突然…

 木曜日の夜中。
突然 メグタが 鳴き始めました。
 「うるさ~いwobbly。 何時だと 思ってるのよ~。」
枕元の目ざまし時計を見ると AM3:00。
真夜中の2:00から5:00位に 起こされるのは 一番辛い。 苦手。
しばらく 知らんぷり~を決め込んで 無視していると 
ガサガサ 動き回っている気配。

 そして また 「クゥ~ン、クゥ~ン。」と今度は切なそうに鳴き始めました。

Img_3981

 仕方ないので 起き上がって下に降りていきました。
 「しょうがないな、オシッコ我慢できないんだ。」

それで 真っ暗な家の周りを 懐中電灯の明かりを頼りに ぐるんと回ってみました。
でもでも、この子 オシッコじゃなかったんですね。 ただ、歩き回っただけ。

 「なんなのよ~。」

 それで 仕方ない、また寝ました。

すると 何分くらい経ったのかな。 
また 「クンクン、クンクン。」言い始めたのです。

 「今日はいったい何なのよ~?」

 メグタは 夜中に鳴いて 人を起こすなんてことをこの1年間したことがありませんので
こっちも なんか嫌~な気分がしてきました。

 「もしや? まさかね~?」 動物の直感sign02 だったら どうしよう~。

 で、2日間留守の ダンナの携帯に電話をかけてみました。

 「なんだよ~?」そりゃ こんな時間不機嫌にもなるよね。
 「メグタがあんまり 騒ぐから 何かあったんじゃないかと思って~。」
 「大丈夫だよ。」
 「そっか~。なら いいや。 ごめんね。」

そんなこんなで 昨日は寝不足。

 でもでも 昨日は「なんなのよぉ~」だけでは すまなかった のです。


 水曜日から この地方でも 30度を越える暑い日が 始まっていました。
それ以前は 雨降りがずっと続いていたので 気温<雨 というのが 勝っていた為か
埼玉県や関東の猛暑のニュースを 聞いていながら 熱中症(?)に思い至らなかったのですね。 

 ところが この日のメグタは ちょっと おかしい。
何回も お散歩に行きたがるのに オシッコが出ない。 必要以上に ワンワン鳴くし。

 大好きなドッグフードを 横目で見て 全然 食べない。

 その上 すぐゴロンと転がってる。 いたずらをしない。

 やっぱりいつもとは 何か違うよね。
鼻を触ってみると 乾いてる~。

 暑いんか?? 
 それ、扇風機、扇風機~typhoon


Photo

  「我々は 宇宙人だ~!」なんて 言ってる場合じゃあないぞ~。

 そして はっと気がついたのです。
去年の同じ時期、お婆ちゃんが脱水症状になって 奇々怪々な行動をしたことを…flair
 あの時も 夜中じゅう 動き回って 壊して おしっこが臭くて…。
似てる気がしてきた。 脱水かも~?


 そこで まず なんか水分を…。
こういう時って 水あんまり飲んでくれないのです。
 「よう~し! 出血大サービス!」
 夕べの食べかけのアイスクリームなら きっと食べるだろうと 冷凍庫から取り出してあげました。 
冷たくて美味しいのでぺろりと平らげて たっぷりの氷水をガブガブ飲みました。
 体も熱いから 霧吹きで全身に霧を吹きかけ 冬毛が抜けるように 全身ブラッシングをしました。
 凄いよ。 小さなハムスターがいるのかなぁ~と思ってしまうほど 沢山の毛がもっこりと 取れました。
 真夏に 毛皮のコートを着ているようなものだものね。
こんなじゃあ 暑いよね~。

Img_4953  
  
 ほら、こんなに up

家の中で ブラッシングすると とんでもない状態になってしまうので この時期は外でと心がけているのですが この綿毛 そのまま外に放置すると とっても危険なのです。
スズメバチとかが運んでいって 大きな巣を作るのに利用されてしまうことも shock sweat02
なので ゴミはくるくる丸めて ゴミ袋へ。

 体から本日の余分な毛がなくなったせいか 氷水と霧吹きで体が冷えたせいか
その後の メグタは 風の通る玄関先で ぐっすりです。

 どう考えても これは犬の熱中症っぽいのです。
体が気温になれない時期に なりやすいって そう言えば 去年 穂高病院の先生が言っていました。
 犬にも当てはまるんですよね~?



 夕方になって 空気が涼しくなってきたら
 dog「おさんぽ! おさんぽ!」と 騒ぎだしたので もう大丈夫だよね。
ご飯も 食べだしたし。 なんか ホッup


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 夜 松本地方に震度3の 地震が全部で5回。
大きな揺れじゃあないけれど 今度は こっちなの?と思っていた矢先の今朝のこと。


 松本震源地 M5.5。 震度5強
安曇野も 震度3でした。

 山が揺れる感じの地鳴りの音。 
グワッと突き上げてくる感覚。
それは十数年前の 長野県地滑り山の地震の時に感じた時と同じ 地鳴りの音でした。
震源地が近いと 感じました。
でも、その時間は短かかったので 東日本の時みたいな 大規模な被害はなかっただろうと思います。
松本城の 瓦が割れたとの 一報がありましたが。

 犬って 感じるんでしょうか。 メグタは 庭をグルグル回って 大騒ぎしました。
でも、今はグーグー寝ています。
ちょっと 今は安心の時間帯かもね。

 天災は突然 やってくる。 人災もだな。


Img_4865   
    

| | コメント (2) | トラックバック (0)