ペット 我が家のアイドル?

2016年11月20日 (日)

ふぁ~

 

Img_2764

                ポカポカ sun   ねむ~い。

Img_2767

               ふぁ~あ dog sun sun   


Img_2774
                もう… あぁ~。 sun  sun  sun



 ちょっと前の 10月初旬のある晴れた平日。 今頃~?って そう(笑) 
松本市の志賀地区にある化石館に行って来ました。


と言っても 化石館の方は実はおまけで 本当はその真ん前にある 「ペレファ・カフェ」へ出かけたんですけどね。


Img_1399_2


 ここは パリ・ダカールラリーなどで一世を風靡した元国際レーサーの三好礼子さんが ダンナ様と営業している カフェです。
 いつも自主トレ大好きなダンナが 走りに出かける光城山や長峰山で 山トレをやっている礼子さんと偶然出会ったそうで
 「一度お店にも行ってみたいけど 行く?」
というので 走るのは全然ダメな私もオマケでくっ付いて行きました。


Img_1405

 山羊のミルクで作ったチーズケーキ。 しっかりとした自然の味のするプリン。
そして 珈琲がこれまた美味しい~heart04



   三好礼子さん。 すっごく元気ですっごく明るくて素敵な人です。

誰でも彼女の不思議なオーラに 引きずり込まれて 楽しくなるんですよ。
うん、パワフルだなぁ~。


 で、「割引券をあげるので 是非化石館のジオラマを見てきて~」と 薦められて見て来ちゃいました。


Img_1409


 小学校の社会見学の日だったんですね。 
子供たちは化石を掘らせてもらって 家に持って帰れるんですよ。 
うちの子供たちも小学校の時 お土産に化石を持ってきました。
木の葉のが多かったですが 貝殻のもあって「やった!」とか喜んで帰ってきた記憶がありますが… 今は何処に あるんだろう~? 
 


Img_1413

 写真の下の方 茶色い化石が 「シガマッコウクジラ」。 
地元の小学5年生が釣りをしている時に見つけた歯の化石がきっかけで 発掘が始まったそうです。 1300万年前 山国信州は海だったということの証ですよね。

 で、ここで嬉しいもの発見sign03



Img_1420



 これこれup シロクマの顔。 似てる!なんか似てる~。



Img_1432

 ぐるっと違う方向から見ても 似てる!と思い込んじゃった私の頭には どうやってもメグタに似てる気がして…るんですよ。 目が似てるとか、足の短さとか…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

久々 登場!

 暖かい日々が続くと思っていたら やっぱり 情報が 流れてますね。
今年の気象庁発表の開花予想は 松本市4月7日だそうですよ。
大雪の去年に比べると なんて早いんでしょうね。
「入学式に桜の花が咲いている」って 日本の原風景みたいなイメージですが 長野県の中部・北部では 滅多にないラッキーなことなんです。
うちの3人の子供たちの時も 雪がちらつく4月は経験したことがありますが 桜と一緒に記念写真は撮った経験はなかったですね。cherryblossom cherryblossom

 桜が咲きそうだというだけで なんだかワクワクしてしまうのは なぜでしょうね。


Img_2688
 
  クロッカスが咲いています。 クロッカスは 黄色が一番最初に咲いてから 紫色が咲くんですってよ。 色にも順番があるんですね。


Img_2683  


 雪で真っ白に覆われていた冬道が いつものあぜ道に戻って ぐんと歩きやすくなりました。 その分時間的にも ちょっぴり遠出が出来るようになったので メグタもなんだかご機嫌です。 

 
Img_2681_2

 
 何をしているかというと これは「おやつちょうだい!」のポーズです。

犬嫌い、人間嫌いのメグタですが それでも遠くから「メグタ~heart04」と 声を掛けてくれる知り合いが増えました。 何回会ってもなかなか心を許さないシャイなメグタにも 「おやつ」という決め手があったんですよ(笑)
それで ちょうだいを覚えました。
この人はおやつをくれる人=いい人と 理解しているようですよ。

下心ありありです。
だったら もうちょっと 笑った顔してくれると いいんだけどなぁ~。 

Img_2679

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

ゆく年に

 ああ、後1時間ちょっとで 今年も終わりです。

たった1日のことだけど 「ロード・オブ・ザ・リング」を見ながら 過ぎゆく時間を味わっています。


Img_1282

 2014年12月31日の 朝日を浴びるメグタです。
今日は夜になって 冷えてきたなぁ~?と思ったら 雪が積もってきています。
2015年の初日の出は 望めそうにないかもしれません。
それならば 今朝の どうしようもないメグタでも 最後の時間に載せようかなぁ~(笑)


Img_1284

Img_1283

 ゴロン、ゴロン。 

 「コラ~。 やめなさい!」

 このポーズ、何をやっているのかというと 人間にはわからない メグタのお気に入りの臭いがここにプンプンと匂っているということです。
秋口と違って 今は雪の上だから ちょっとはましなんですが 体がなんとなく黒くなってるwwww じゃん?
春や秋は 私にもわかる牛の○○○に ゴロンとする時もあるので 要注意shockなんです。



Img_1287


 大晦日なのに シャンプーしなくっちゃ…と 朝は思っていたんですが 何しろ今日は大晦日。
お年越、お蕎麦だ、おせちだと用意することが多くて メグタの事なんかすっかり忘れていて 新年に 持ち越しの真っ黒のメグタ。 
一年の計は元旦にありっていうでしょ。 先が思いやられるわぁ。


Img_1290
                クリックすると大きくなります。↑


 2014年の最後の日の雪景色。 
天気予報の雪マークは 午前中は青空が出て「はずれ」だったんですが 今は「大当たり」です。 宝くじなら 当たれば本気で嬉しいんだけれど 雪ははずれの方が嬉しいですよね。

そんなこんなで 一年間 ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

自由に走りたいメグタ

 油断していたのよね。 昨日は。 
逃亡するってことを すっかり忘れてたcoldsweats01

 「今のうちに 雪かきしておこう。」と思ったのは 午後から雨が降るという予報が出ていたからです。 
積もった雪に雨が降ると 最悪。shock
晴れの日が続いて積もった雪が溶けるのとは 同じぬかるんだ状態に思えても実際は全然違います。 
玄関先で つるりsign05なんて事に なったら大変なので 長靴を履いてドアを開けたら 
白い物が 体の横をすり抜けるように サァ~っと外に飛び出していきました。

 「やばい。 まずい。 忘れてたぁ。」

 そうなんです。 確かに さっきまでメグタは グーグー ストーブの所で寝ていたんですよ。 ちゃんと部屋を出る時に横目で確かめたんですから。
メグタは内側のドアを自分で開けられませんから そぅ~とくっ付いてきたのでしょう。

 「わぁ、めぐた~。」

もちろん、そんなこと 言ったって メグタの姿は影も形もありません。
どこ、行ったぁsign02


Img_0840

Img_0842

Img_0844

Img_0848

Img_0852


 土曜日なので 森の保育園はお休みだから 小さなお子さんがお散歩に歩いてくることはなくて ホッ 一安心です。

 それにしても 今日は朝からかなり寒いので 近所のワンコたちもお家に入っているらしく 普段ならばメグタが走り回っていれば 必ずどこかで「ワンワン」「ワンワン」と 鳴き声が聞こえてくるのですが…earpaper
むむ? なぁ~んにも 聞こえませんねぇ。


 「お~い!」「めぐたぁ~。」


 あ、 いた、いた。 あんな所を 走っている。 
dashdash  dashdash   dashdashdash

 自由に走り回っていますよ。 note 犬は喜び 庭 駆け回り~ぃ
なんだか 嬉しそう~。dashdash  dash


Img_0857

 ボク まだ 帰らないよ~って 顔してるでしょ。
いいけどさあ、小雨がポツポツ降ってきたよ。

 「もう、お母さん帰るからねぇ~。」



 後をついてきている気配はしなかったんだけど こんな寒空の中で 森を歩いている人も車の音も聞こえないので しばらく放っておくことにしました。





 と、寂しがり屋さんのメグタは ちゃっかり玄関に先回りしていましたよ。

 「くぅ~ん。」
 「お家はいるの?」

 玄関のドアを開けると 何事もなかったかのように ストーブの前に寝ころびました。
自由時間 約30分。 楽しかっただろうね~。
 雪が降ると やっぱり走り回ってみたいのかな。 そんな気分は 私だって分かるけどね。 いつもビックリさせられます。
 疲れたぁ。


               本日の逃亡者の手配書。 
新しい「ホワイト お父さん」のCMを 真似てみました。 もちろん合成。
ガムテープで 眉毛を付けて同じような写真を撮ってみようとしたら ものすごい顔をして怒られました。
 「ガルルゥ~。」 (なにするんだよannoybomb
 迷惑かけたんだから 悪いと思ったら ちょっとくらい協力してくれてもいいのにね。

 Img_0825
                  反省の図  許してだワン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

こんな日だから…

 お昼過ぎから 雨が降ってきました。
先日 早めに取り出したフリースを着込んでいても なんだか肌寒い。
寒いんだよね。



 朝から 近くの畑で ロケット花火がピューンと 何本も打ち上げている音が聞こえていました。 雨が降るから 猿が集団で出ているんでしょう。
花火の音では 一瞬逃げるだけなんですが 猿たちがあちらこちらと移動することは確かです。
そんな気配に メグタは心穏やかじゃあいられないんです。 
庭に出たい!(クウ~ン!) 部屋にはいりたい!(ワンワン!)と 絶妙な合図を送ってきます。



Img_7863

 外は紅葉が始まってきました。 赤や黄色が目立ってきました。



 晴れた日のメグタは ご機嫌です。
最近 今までと違うタイプの新しいおやつを買ってみました。
その「ささみ」が とっても美味しかったようです。 
お散歩の途中で 私が写真を撮るたびに
 「待っていてあげたんだから ご褒美にひとつちょうだい。」
と いい顔して笑うんです。 弱いなぁ~。こんな顔。

 そんな顔すると おやつがもらえる事に気付いてしまったsign02
ズルいぞ! メグタ。
今 一番のお気に入り顔です。heart04

Img_7227
    
  
              「へへへ~、ちょうだい~heart04

Img_7216



 オマケ。(こっちの方が重大かも)

 土砂崩れがあちこちで起こっています。
うちの近所も ちょっと心配な場所があります。 
山を削って家を建てたという広島の土砂災害の被災地とは ちょっと条件が違いますが
この1~2年の集中豪雨型の雨の降り方を思うと 年々山肌が大きくなっている気がして
怖いんです。 山から離れた場所で眺めると 特にそれが感じられます。


Img_7870
               クリックすると大きくなります。↑



 
この手の自然災害は 個人で防ぐのは無理ですから 危険が迫って来たら 避難するしか防ぎようがないですよね。 
散歩の時に 毎日要チェックしなくては…ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

近所の猫ちゃん達

 犬と猫。 
日本では犬を飼っている割合の方が多いそうですね。
なんといっても 犬はお散歩しなくちゃならない動物なので 飼い主は一日に何回かは外に一緒に出掛けなくてはいけませんので 他所のおうちのワンコと出会うチャンスが多いわけなんですが 最近は なぜかふらりと出歩いている猫ちゃんに出会う事が多いんです。

 信州は 寒い冬に雪が続くので 一匹狼で生きていけるようないわゆるノラ猫は ほとんどいないと 聞いたことがあります。
なるほど~と納得です。 
なので その子たちは ノラ猫じゃなくて 飼い猫が自分の縄張りを見回りに出歩いているという状況なのでしょうが どの子もみんな 強いです。



Img_5407__edited1_2

Img_5213

Img_7235_2

Img_5446__edited1


 大きい子から ちょっと小ぶりの子まで みんな同じポーズ(笑)

 こっちには メグタがいるからね。 



Img_7240


 自分よりずっと大きな犬と出会うと 猫はさぁ~っと逃げると 思うでしょ?
でも 実際は違うんですね。

どの子も ちゃんと こっちを見ています。
背中がまあるいのは 怒っている証拠なんでしょうが それでも 逃げる事は負けを意味するんでしょうね。 数分間は絶対ににらみ合いますよ。

 その間に cameraパチリ。 ありがとうね。 いい顔cat もらちゃいました。

 話はちょっと 変わるんですが 先日 近所の友達が お留守になるというので 2日間お世話を頼まれて お家に通いました。
この子は この家の中から外にほとんど出たことがないので メグタの臭いのプンプンする私に 興味津々。
クンクン? ニャ~?
この不思議な臭いの元が こ~んな顔してるなんて 思いもしないだろうな~。 
  ( ´艸`)プププ


Img_6609

なにしろ ワンコの臭いを全然知らないんだって。


Img_6563


Img_6576


 きれいな 猫でしょ? 可愛いの。cat cat cat 

 第一日目。 お腹がぺこぺこだったので さぁ~っと懐いてくれました。 
犬も猫も 食べ物には勝てないんだね。(笑)fish
2日目には 初めて一人ぼっちでお留守番だったので 寂しくて寂しくて ご飯をあげにいった私に飛びついてきました。

 「ニャ~ンheart04

 窓辺でずっとご主人様を待っている姿が なんだか切ないね。 可愛すぎる~。



Img_6573


 本当は猫が飼いたい私。 やっぱり 猫は可愛いなぁ。って 久しぶりに猫ちゃんと遊んで
思ったのであります。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

秋の日の追いかけっこ…

 朝晩 「冷え込んできた~!」と表現するのがピッタリになってきました。

 つい先日までは 上着どころか長袖のシャツを 袖を折って着ていたのに 今は本格的な上着が必要なくらいです。 

ここに住んでいる私たちでも 急な冷え込みは かなり寒く感じるのですから 連休に長野県に足を伸ばした人たちは 体感温度はもっと寒くかんじているんじゃないですかね~。


Img_6433
               クリックすると大きくなります。↑



 メグタが かなりご機嫌よく笑っています。
この写真 よく見てくださいね。 メグタの顔じゃないですよ。
ほらup
紐が… 切れているでしょ。shock

 朝から 猿がやって来ていたんです。
それがどうにも気になって 部屋の中でグルグル回ったり ワンワン吠えたりしていたんです。 だから ベランダで見張り番を…と思って外の紐につなごうとすると 嫌だと言います。 それを何回か繰返した後に 待ちに待ったお散歩時間がやって来ました。

 部屋を確認して メグタと玄関先に出た途端に 目ざといメグタは お隣の屋根の上に陣取っている1匹の猿を見つけてしまったようです。


 「こら、まだ駄目だよ。」

 ちょうど玄関のカギを閉めている瞬間でした。
瞬発力のあるメグタのジャンプ力は 4本足のせいかかなりなものです。

 いつもはウエストポーチに お散歩紐を通して 私もメグタも自由に動き回れるように 両手の空いた状態でお散歩に出かけるんですが その一瞬の力で ウエストポーチの金具が外れてしまいました。 でも 紐はまだつながっていたので メグタを繋ぎ止めることが出来たのです。
 「ラッキー。 メグタの逃亡は免れた wwww happy02

と、思ったその時に 屋根の上にいた猿たちが ザザ~っと 森の中へ逃げ出しました。
メグタも 一緒に飛び出します。


 ブチッ

 「あっsign03
 力を入れていた私の手元に お散歩紐が 約1/3ほど残っていました。

 「まずい! やられた!」

 散歩紐はものの見事に ブチ切れて 猿と一緒にメグタは ものすごい勢いで森の中に消えて行きました。 
白い尻尾の先が遠ざかっていきます。
もうwwwwww、
こうなったらもうどうしようもありません。


 この辺りの猿たちは メグタが追いかける犬だという事を知っています。
数十匹もあちこちの木の上部の枝に 座ってこちらをチラチラ眺めていた猿たちが いっせいに逃げ出したのです。
ざわついていた森が 急に静かになりました。
遠くに逃げたんでしょうね。
 犬は つながれていて追いかけてこない…んです。 普通はね。
だけど メグタはこの猿を追いかけるのが 子犬の時から 大好きなんです。
ここ数年は 我が家の庭には 猿は木の上から降りてきません。
どうしても 通り抜けたい時は 電線を伝ったり 木の高い枝の上を遠回りして 通ります。
なので メグタが外に飛び出して 猿を追いかける回数は 子犬の時期よりのグンと少なくなっていました。
 成犬になったんだから 落ち着いてきたのかも…と まったく勝手な解釈をして 油断していました。
やられた!的気分です。




Img_6424
 狩猟犬見たいでしょup


 
Img_6426
                クリックすると大きくなります。↑


 こんな怖い目をして 見つめられたら 猿だって怖いよね~(@0@)




 どこかへ行っちゃった~dog 
近くには 影も形もありません。 
犬の鳴き声すら 聞こえてきません。


どこまで追っかけて行ったのかなぁ? どこで引き返してくるんだろう?


 こんな時はしょうがないので 「庭掃除でも。」
と竹ぼうきで 落ち葉を掃いていると 息を切らしてメグタが帰ってきました。
自由な今を 満喫したようです。
なんとも 嬉しそうな顔じゃありませんか?(1枚目)


 でも、捕まえられないように ちょっと遠くに陣取っています。
追いかけると 逃げて行くのが 動物的本能なんですね。
だから あくまでも知らんぷり。
カメラでいつものように 写真を撮ったり…。
庭掃除の続きを装って 竹ぼうきで メグタ方向に枯葉を移動させたりしてみます。



Img_6436     
                クリックすると大きくなります。↑



 そうこうしていると せっかく頑張ってきたのに遊んでもらえないから つまんなくなったメグタが 玄関にいた私にくっ付いて 一緒に家に入ってきました。(やれやれ、無事捕まってよかったよ。)


 「おかえり。」

 今日は十分走り込んだので もうお散歩に出なくてもいいんだってさ。
猿も一匹もいなくなってくれたし 思いがけないハンターごっこは楽しかったみたいだね。


 お散歩紐 買わなくっちゃ。 
予定外の出費 dollar だぞsign03

Img_6421  
               クリックすると大きくなります。↑

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

行かないョ!

 5月なのに 真夏のように暑い日が 続きますね~ wobblysweat01


Img_3785 
              「アツイヨ sweat01sweat01」↑

 ゴールデンウィークのあたりから 汗をかいてしまうほどの気温です。
その日は 安曇野市の山里の こんな涼しげな場所でも 25度を越えていました。
夕方のニュースでは「日本中で今年の最高気温」と 報道された日の事です。

 いつものように 自分の行きたいお散歩道を選択して 楽しそうに歩いていたはずのメグタだったのですが…。
後もう少しで 森の道に入りますよ~という場所まで近づいてきた途端 ピタっと歩けなくなってしまいました。 足もなんだか引きずっていますし 舌もデレンとしているように見えます。 

 「え? 歩けないの?」

 道路の真ん中で 伏せ状態で座り込んでしまったメグタ。 
こんなに太陽が照り付けている日陰のない場所で いつ車が通るかもわからない道の真ん中に置いておくわけにもいきません。

 「しゃーないな。 あそこの森まで抱っこしていこう。」

 いつもは抱っこされるのが大嫌いなメグタが 申し訳なさそうに静かに抱っこされています。  本気で調子悪いんだね。
 それにしても メグタは 「重い!重い!」。


 距離にして 200m位なのですが…。 
メグタは15Kgあるんですね~dog
お米よりも重いんです。 
こんな時 人間の子供ならおんぶという手があるのですがね~、メグタはそれは無理なので 両手で抱えて行かなくてはいけませんsign02
これが キツイwwwわぁ。 
こっちが汗だくで 森の中の道まで 休み休み運びました。

 森に入ると 暑さはずいぶんおさまっていて しばらくするとメグタは 何事もなかったように歩き出しましたけどね。 
私は数日肩こり筋肉痛でした。
いろんな方に聞くと どうやら 「熱中症だったんじゃないの?」と言う声が多かったです。

Img_3786


 あの日以来 メグタはお散歩拒否をすることを覚えました。
抱っこは カッコ悪かったのかな?
拒否方が かなり確信犯ですよ。


 この写真は 今日のものです。 
ここは満願寺への道です。 
隣に川が流れているので お散歩道の中では 一番といっていいくらいの涼しい風が吹く道なのです。 
暑い時期にはとっても歩きやすい道なのですが 最近のメグタは この道はなぜだか嫌みたいです。

 今日も2/3登った所で 拒否られました。 
スーパーなどで お菓子を買ってもらえなくて床に転がっている子供みたいにたちが悪いメグタです。 
道の真ん中に座り込んで

 「ボク もう、行かないよ。」なのだそうです。 

 ゴリ押しをつら抜き通した帰り道は ごく普通に軽い足取りで歩きます。
初めっから この間の「熱中症っぽい」時とは 全然違います。 
 「行かない」を成し遂げた気分は 犬なりの満足感や してやったり的 充実感があるんでしょうかねぇ。 
何故かいつもより 尻尾が嬉しそうに揺れていました。



 

Img_3756

              クリックすると大きくなります。↑


 帰り道、れんげ畑の前を通りました。 去年の秋はそばの畑だった所です。
この近所では れんげ畑を見かけたことがなかったので なんだか懐かしくて、うれしい気分です。 
なぜって 私たち年代の浜松市の小学生の春の遠足は 天竜川の河川敷まで だらだら歩いて行ったんですが 遠足=れんげ畑 のイメージが今でも残っているんですね。
(さすがに 現在はこんな風にただ歩くだけの遠足なんて なくなっているでしょうね~?)

 往復の数回の小休憩は 道の両脇に一面に広がるピンク色のれんげ畑で 休みました。
女子は れんげ畑で両手いっぱい花を摘んで 花輪を作ったりしていたものでした。
苦情も出なかったんだから それくらいほとんどの田んぼはれんげ畑だったという事ですよね。
実家の周辺には 田んぼや畑さえなくなってしまいました。 今では どこにでもある住宅地なので 昔の面影が全然残っていなくて 残念です。 


安曇野に来てからは 畑の中に入ることも申し訳ないので 道端や遠くから写しているだけなのですけど カメラの性能が良くなってきましたので かなり望遠でもきれいに写りますし(笑)。
 



Img_3759



Img_3718
 
               クリックすると大きくなります。↑


Img_3727

               クリックすると大きくなります。↑↓ 

 Img_3726

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

おいおい、メグタぁ~

 3月になってしまいましたね。
2月はめちゃくちゃ忙しかった上に 28日しかないでしょ。
本当にあっという間に 過ぎてしまいました。 
オリンピックも いつも録画しか見られなくって 開会式も閉会式も ほんの一部分しか見ていない~。 リアルタイムで見たかったのに残念でした。 さすがに フィギアスケートの羽生君と真央ちゃんは (録画ですが)ちゃんと見ましたよ。
二人の頑張る姿は 本当にオリンピックならではの清々しい感動をもらいました。



 考えてみたら 冬はほとんど家にいないダンナが なぜかオリンピックの年には 家にいる事が多いという事に気が付きました。

 「長野オリンピックの時も 確か怪我してたよね?」
 「ええ? そうだっけ?」
 「そうだよ。 ジャンプを見に行こうって言ってたのに いけなかったじゃん?」
 「ああ、そうだったなぁ。」
 「そうだよ。 私が子供たちをオリンピック広場に連れて行ったんだから~。」
 「ジャンプもスケートもちゃんと見た記憶があるしな。 前に腕、折れた時はオリンピックの年だったかもなぁ。」

 こんな事に 思い当たるとは、ね。 「4年ごとのオリンピックの2月、気を付けよう!」って どこかに忘れないように 大きく書いておかなくっちゃね。


Img_7956

 

 さて、今日は メグタのお話です。

最近のメグタは 雪が降る前に比べたら 「お散歩の距離が短い」と思っていると思います。 
この数日間 晴れの日が続いた後に小雨が降ったので 腰あたりまであった雪が ずいぶん解けて半分以下の30センチくらいに減ってはいますが まだ誰も踏みこんでいない雪の上を歩けるかというと ラッセルしながらでは お散歩には不向きです。 
車道には雪がほとんど姿を消して あの悪夢のような大雪が 徐々に記憶から雪と一緒に消えてしまいそうなのでありますが…。 
だからといって まだまだ 我が家の周りには雪がちゃんと豪雪の残骸を残しています。



Img_7964


 今まではメグタの意思で 山でも森でも畑でもどんどん歩いて行けたのですが 今は除雪をされている舗道しか歩けません。 という事は 必然的に 野原や山道なんてのはもちろんですが 畑のあぜ道さえ長靴を履いていても歩くことは出来ません。

 そんなだから 隙あらばと 思っていたんでしょうかね。
やられてしまいましたよ。 いつもの逃亡



 雨の降る前日 道はまだ雪解け雪でワダチが車高すれすれの状態でした。
日が落ちて 辺りは真っ暗なのですが 雪があると玄関の外灯だけでもかなり明るいんです。 メグタはそんな日暮れ時が大好きで (ほかのお家のワンコたちのお散歩が終わって帰る時間なんですね) ベランダと家を何回も出てり入ったりします。

そのたびに 外のワイヤーロープにつなぎ替えるんです。


その金具をまさにハメようとした瞬間 下のお家の軽トラックが帰ってきました。

 「ワン、ワンwwww!」

しまった! まずい!
 と思った瞬間には メグタは私の手を振り切って ものすごい勢いで 軽トラックを追いかけて走り出してしまいました。
雪道がぬかるんでいるので 車はゆっくり動いています。


 「ごめんね。 止まって捕まえてあげたいけど 止まっちゃうと動かなくなっちゃうかも~。」
 「こっちこそ ごめんね。 気にしないで家まで走り抜けてください。」
 「メグタ いいの?」
 「うん、家まで付いて行っちゃうかも しれないけど 知らん顔しててください。」
 「は~い。了解。」


 予想通り  「ワンワン」大声で鳴きながら メグタの声も遠ざかって行きました。

 「もう、あのバカ!」

 しかたないので 暗い夜道をお迎えにそろそろ歩いて行きましたが メグタの気配がありません。 もうwwww。 あいつ! どこ行っちゃったんだよ??

 「メ、グ、タ wwwww ぁ!」


 
白い犬だから暗闇でも見えそうなんだけど 実際には メグタの姿は全然見えないんだ。
しばらく待っていましたが こっちはそんなに暇じゃないんだよ。 帰ろう。


 「もう、野良犬になっちまえ! 帰って来なくていいよ。」





 家の玄関先で ダンナが笑いながら
 「メグタもう帰ってるぞ。 ほら、あそこ。」

 除雪した雪の山の間からメグタの顔が チラチラ見えます。
ベランダから庭に~あっちこっち 嬉しそうに走って ちらっとこちらの気配をうかがいます。


 「もう、家に入らなくってもいいよ!」

と、わざと玄関先に来ては 私の顔を見ると逃げていくメグタに 締め出し作戦をとりました。 うちの玄関先の外灯は 人や動物を感知してライトが付くようになっていますから 明かりが付いたという事は メグタが玄関で座っているということです。 付いたり消えたりしています。

長期戦になりますよ。 これは。 メグタはしつこいんです。

Img_8001


 メグタが玄関先で「ワン(入れて)!」と鳴くのに 結局 我慢できないのは ダンナです。
メグタが本気で「入れて」と 懲らしめることもせずに玄関のドアを開けてしまいました。
もう、男ってこういう時に甘すぎる。 犬も子供も 叱る時には叱らなくっちゃ図にのるんだよ~(怒)。

ドロドロメグタは 当然のように帰って来て ストーブの前に 何事もなかったかのように寝ころびました。  なんだよ? これって?



Img_7957





 私にはやたら アイコンタクトを送ってきます。 無視、無視。

こんな時には目を合わせてあげない。 こっちを見ても知らんぷり。 
さっ~と無視するとメグタは ちょっといじけてきます。 そしてこんな顔。

 「ズルいよな~。 その目つき。」

こっちが悪者みたいじゃん。 ワンワン鳴きながらトラックを追いかけていく犬は いい子じゃないんだよ…わかってるの? 危ないし、みんなが困るんだけどね。 
ちゃんと わかってるの?
心から 反省しているの?

そんな顔しても 本当は「楽しかったなぁ~(ワホ、ワホ~ン)」なんて思ってるんじゃないのかと 私は思っているんだけどね。 メグタくん。 どうよ?




 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

今日は メグタ 登場!

 「寒い、寒い!」と お散歩が苦痛になってきた私に反比例して 寒ければ寒いほど元気いっぱいな 我が家のワンコ メグタ

 夏は ぐったりしていて (とは言っても うちの周辺のよそのお宅のワンコたちと比べると 普通に元気に見えたらしいんですが…) お散歩もそそくさとしていた メグタが ‟自分から散歩に行こう~♪” と ワンワン催促してくるようになりました。

Img_6136_2



 北風が強くなったり、日陰が寒かったりと 雪が降る前のこの時期が 体力的にも精神的にも 私には一番 体がまだ寒さになじんでいないので 寒さがこたえるんですが いつでも毛皮のメグタは 急いで帰ろうとする私に いろんな場所で 踏ん張って ‟まだ帰りたくないよ!”と アイコンタクトとポーズで 反抗します。




Img_6102




 あいかわらず メグタが出会うと吠えてしまうものは バイク便や郵便屋さんのオートバイ。 お散歩中のよそのワンコたち。 



ついに先日の土曜日に 大きな黒ワンコを連れたおじさんに怒られちゃった~ぁ(泣)
その日は いつもと違う道を いつもと違う時間帯で歩いていました。


 「こらぁ、この道はたくさんの犬の散歩道なんだよ。 ワンワン吠えられちゃ迷惑なんだよ。 この時間は他の道を散歩させてくれないか?」って。

 「すいません…。」


 自分が吠えるから怒られたのがわかってるのかな?
なのに 私が怒られたら メグタが ますます大きな声で そのおじさんと大きな黒ワンコに吠えかかってしまいました。

 「ダメ、ダメ。 すいません~。」
 「ほんとにもう~(怒)」

と、メグタを引っ張って 脇道に入って道を譲りました。



Img_5927



 その黒ワンコのお家は ほとんど毎日 お散歩で通ります。
怒ったおじさんは知らないだろうけれど 私から見れば 吠えあっている2匹は
 「お、こんなところで会うなんてなぁ。」
 「今日は お前も散歩でよかったなぁ。」
なんて会話している 吠えあうお友達犬なんじゃないかと思ってるくらいです。
いつもは鎖につながれていて メグタが通る時に黒ワンコは 「ワンワン」と呼んでいるし メグタも「ワンワン」と返事して しばらく鳴きあってから 通り過ぎます。
家の中から犬の声だけを聞いていたら 吠えあって喧嘩しているみたいに聞こえてしまいそうですが いつも2匹の顔を見ている私には 毎日の吠えあう仲間がいて嬉しそうで わざわざその道に連れていかれているような気がします。 

 以前 近くの警察犬訓練所でワンコトレーナーの磯本さんに こんなことをボヤいてみたことがあったんですが
 「メグタは吠えるからいいんだよ。」と とっても嬉しいことを言っては下さいました。
でも 世の中の今どきのワンコたちは 大きな声で吠えてはいけないという事が 常識になってきてしまっていますもんね。 そのおじさんから見たら 吠える=ダメ犬なのかもしれないですねぇ。 確かにメグタは 大きな声で吠えるんですから…。




Img_5778




 犬だって生きにくい世知辛さだなぁ~。 
だって日本に住んでる犬は 基本的には「ワンワン。」としかいえないじゃない。 
ガウガウやキャンキャンとか グルルゥ~とか クンクンとかいろんなお話もするけれど 聞く方が理解してあげないから 犬語は英語やハングル語みたいに誰かが正確に通訳してくれるわけじゃなくって 心と心でコンタクトする会話だもんね。

でも、うちはいいんだ。
 「ワンワン、ワンワン。」 
でっかい声で鳴いてもいいんだぁ~。 鳴くことで メグタは 役に立っているんだもの。
大きな声が 家族や森を守ってるんだよ。 そんな気がするの。



PS。 先日の光城山のメグタバージョンが出来ました。 ただメグタが走っているだけなんですが 下りは早送りではありません。 メグタとダンナが走りながら撮った実写版です。
そのころ私は トコトコ後ろの方を歩いていましたけど…。 こんな速さで駆け下りていたのかと思うと 笑ってしまいました。 よかったらどうぞ~  (^0^)/


登る犬 下る犬 メグタ

http://www.youtube.com/watch?v=48OQJcPJFqk&feature=share&list=UUa2wzucKTZX5daxDSklSWjg


Img_6159

               

クリックすると大きくなります。 ↑



Img_6157

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧